2007/11/27

True

どっちか要らない子なんじゃ・・・違いがわからないよー

これだけではなんなのでミクシィから適当にコピペ

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
[powershell]new-service何のために
2007年11月26日19:04

あるのかよくわからんー
新しくサービスを登録するっていうんだけど、そういうのってインストーラーの仕事じゃ・・・
おまけにRemove-Serviceコマンドレットがないから作っても削除できないw
sc.exe delete hoge
としないといけない。
sc delete hogeだとSet-Contentのエイリアスが動いちゃうw
なんかすげー危ないコマンドレットな気がするよ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

VistaにはWin32_LogicalMemoryConfigurationないんだ

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa394181.aspx
Windows XP and Windows Server 2003: This class is no longer supported. Use the Win32_OperatingSystem class instead.

ほう

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

http://www.anchorsystems.co.jp/anchor/ashp/netmon/faq.html
ファイヤウォールが WMI 呼び出しをブロックしてしまうためです。 Windows 2003 SP1 と Windows XP では、デフォルトでファイヤウォールが ON になっています。ファイヤウォールに WMI 呼び出しを通過させるようにするには、以下のスクリプトを実行してください。
Set objFirewall = CreateObject("HNetCfg.FwMgr")
Set objPolicy = objFirewall.LocalPolicy.CurrentProfile
Set objAdminSettings = objPolicy.RemoteAdminSettings
objAdminSettings.Enabled = TRUE
これで WMI 呼び出しが許可されます。

ファイアウォール嫌いー

リモートでGet-WMIObjectするときにひつよう

----------------------------------------------------------------------------------------------------

[PowerShell]Get-Serviceしょぼすぎ
2007年11月26日00:55

Get-Serviceの戻り値が.NETのSystem.ServiceProcess.ServiceControllerなんすけど、Descriptionプロパティとかないねんな。
でもSet-ServiceでDescriptionを設定できたりする。どうやってちゃんと設定できたかを確認するかはget-wmiobject win32_serviceで調べるらしいwなんだこの中途半端な実装は。
ServiceControllerオブジェクトに対しps1xmlファイルでDescriptionやStartModeをScriptPropertyにして実装しとけよーと思った。せっかく拡張できるんだからさ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
Select-String使えん・・・
2007年11月25日00:10

PS C:\script> select-string "aa" *.ps1
attrib.ps1:7: # Get-Item?R?}???h???b?g??p???AAttributes?v???p?e?B??B
文字化けしとるがな
Shift-JISのファイルも検索・表示できないとはかなり終わってますね
せめて文字コードを指定できるようにしてくれー

UTF8はいけます
 
.NET Frameworkには文字コード判別のクラスとかないのかな・・・
前探してなかった気もする
文字コードを判別する: .NET Tips: C#, VB.NET, Visual Studio
http://dobon.net/vb/dotnet/string/detectcode.html
こういうごり押しが必要なのねー

----------------------------------------------------------------------------------------------------

あと&{スクリプトブロック} は、C#の{}空ブロックと同じことができるらしいー

要するに変数がその中でのみ使われてスコープ抜けたら破棄されるという

これを応用すればtrap文でtry catchみたいなこともできるらしいー

詳しくはPowerShellインアクションを買おう!w

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/27/110583.aspx

2006/11/07

cmd.exeでdir /bとすると、カレントにあるファイル名・ディレクトリ名だけを出力します。以下、例。

C:\WINDOWS\system32\windowspowershell\v1.0>dir /b
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
examples
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
ja
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

同じことをPowerShellにやらせるにはどうすればいいか、考えてみました。

【案1】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|format-wide -c 1

    ディレクトリ: Microsoft.PowerShell.Core\FileSystem::C:\WINDOWS\system32\Win
    dowsPowerShell\v1.0

[examples]
[ja]
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Format-Wideコマンドレットを使った例。うーんちょっと違う。でもディレクトリに[]が付くのでわかりやすいかも。これはこれで。

【案2】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|select name
Name
----
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Select-Objectコマンドレットを使ってNameプロパティだけをもったPSCustomObjectのArrayを作っているのでこんな感じに出力されます。
Name
----
が邪魔ですね。

【案3】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|%{$_.name}
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

これでdir /bと同じ結果になりました。Foreach-ObjectでNameプロパティだけを取り出して出力しているわけです。

【案4】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|split-path -leaf
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Split-Pathコマンドレットを-leafオプション付きで使っても同様の出力が得られました。これ実は何故こうなるのかよくわからないんですけど、たぶんパイプを渡るときに、System.IO.DirectoryInfoオブジェクトやSystem.IO.FileInfoオブジェクトのNameプロパティが渡されてるか、ToString()メソッドが実行されているのでしょうね。ps1xmlファイルの何らかの記述でこうなっているのかもしれません。でもまあ仕組みが分からなくてもこの動作は非常に合理的であります。

【案5】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls -name
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

ていうかこんなことをしなくても、Get-ChildItemコマンドレットには-nameオプションがあり、dir /bと同じ効果が得られるのでした。ヘルプの見落としでこんな回りくどいことを考えていたのです。すみません、こんなオチで。でもまあ同じことをやるのに色んな手段があるということが分かったので良しとしましょう。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/11/07/43902.aspx

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter