[PSTweet]TwitterクライアントPowerShellモジュールを作ろう!(1) - PowerShell Scripting Weblog

2009/10/28

というわけで、PowerShell 2.0が出ましたのでモジュールをなんか作ってみたいと思います。手ごろで最近熱いといえばやっぱりTwitterクライアントじゃないかなあと。というわけで題材はこれ。

設計的なもの

・PSプロバイダを実装することで実現

・よって、独自コマンドレットは必要最低限実装

・Get-ChildItemでタイムラインを表示

・タイムラインはTimeLineオブジェクトで表現

・発言はTweetオブジェクトとして表現

・TimeLineオブジェクトの中にTweetオブジェクトの配列が含まれる

・PSpathとしてはタイムラインの場合Twitter::Friendになり、発言の場合はTwitter::username\0000000とかになる

・Set-Locationでタイムライン移動(フレンドTL,リプライTL,DirectMessage,任意のユーザー)

・Get-Contentでタイムラインや発言を文字列として取得

・Invoke-Itemでブラウザを開く

・Remove-Itemで自分の発言削除

・New-Itemでポスト

・Set-ItemPropertyで発言をお気に入りに追加

・認証が必要な操作に関しては-credentialパラメータを使用。ただしデフォルト値はどこかに保持しておく

・ぱっと思いつく必要な独自コマンドレットはGet-FollowerとGet/New/Remove-Followingかな。返す値はTweetする人ということでTweeterクラスを作る

というわけで、非常にシンプルというか硬派なクライアントです。シェルでパイプラインを駆使してフィルターかけたりスクリプトを組んだり、ラッパーGUIを組んだり(!)すると色々楽しいと思います。

とりあえずモジュールのHello Worldまでメモ。

基本はPSスナップインを作るのと同じです。なので、詳細は

C#と諸々 コマンドレットの作成方法
http://csharper.blog57.fc2.com/blog-entry-55.html

をご覧ください。ここでスナップインクラスを作る、インストール、スナップイン登録という部分をまるっきり省けばOKです。

配置ですが、$pshome\Modulesに今回作るクライアント名であるPSTweetフォルダを作ります。そこにPSTweet.dllとPSTweet.psd1を配置します。psd1ファイルはこんな感じで良いようです。

@{
GUID="{847D070F-3247-46AB-BAE9-166038EFEA4B}"
Author="Daisuke Mutaguchi"
CompanyName="Winscript"
Copyright="© Daisuke Mutaguchi. All rights reserved."
ModuleVersion="1.0.0.0"
PowerShellVersion="2.0"
CLRVersion="2.0"
NestedModules="PSTweet"
RequiredAssemblies=Join-Path $psScriptRoot "PSTweet.dll"
}

あとはImport-Module PSTweetでシェルから読み込めます。

というわけでこれから作っていこうと思いますよ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/10/28/182510.aspx

トラックバック

トラックバックはまだありません

トラックバックPing:


コメント

1 :No Name:2013/12/21 8:42:59
ありがとよ!!

冗談抜きでありがとうww


コメントをどうぞ

名前 (省略可) :
E-mail or URL (省略可) :


前の記事へ | 次の記事へ

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter