わんくま同盟大阪勉強会#62「PowerShell 5.0 新機能」資料公開 - PowerShell Scripting Weblog

2015/03/20

わんくま同盟大阪勉強会#62で行った、「PowerShell 5.0 新機能」セッションスライドを公開します。

WMF 5.0 Preview Feb. 2015時点でのPowerShell 5.0 / WMF 5.0の新機能は大体こんな感じにまとめられるかと思います。

  • Experimental design 
    • OneGet
    • PowerShellGet
    • クラス定義
    • DSC(Desired State Configuration)機能強化
    • デバッグ機能強化
    • スクリプトアナライザー
    • Auto-Generated Example-Driven Parsing
  • Stable design 
    • 監査機能の強化
    • CMS (CRYPTOGRAPHIC MESSAGE SYNTAX) コマンドレット
    • ODataエンドポイントのコマンドレット化
    • シンボリックリンク操作機能
    • zipファイル操作コマンドレット
    • Networkスイッチ管理用コマンドレット

新機能のうち、目玉となりそうなOneGet、クラス構文、DSC機能強化についてはいずれもまだ一部もしくは全部がExperimental designなので、今後もまだ仕様変更が入るものと思われます。(逆に仕様に物申すことができるチャンスは今だけ)

まだ正式版リリース(今年中?)までに新要素が入る可能性はありますが、全体像はそろそろ見えてきたと思います。現時点でも相当に新要素が追加されており、個人的にはv4→v5はv2→v3の時並のインパクトがあるアップグレードですので、今のうちに予習を始めておくのが良いかと思われます。

なお、近々、PowerShell勉強会@大阪(JPPOSH主催)でもPowerShell 5の話をする予定です。基本は同内容ですが、発表時点での最新情報を追加していこうと考えています。詳細が決まりましたらまた告知したいと思います。


トラックバック

トラックバックはまだありません

トラックバックPing:


コメント

コメントはまだありません


コメントをどうぞ

名前 (省略可) :
E-mail or URL (省略可) :


前の記事へ | 次の記事へ

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter