[PSv2]新しい演算子 -split と -join - PowerShell Scripting Weblog

2009/12/09

PowerShell 2.0では新しい演算子-splitと-joinがサポートされました。-splitは「文字列を特定の文字で切り分けて配列を作る」演算子、-join演算子は「配列を特定の文字列を使って繋いで一つの文字列にする」演算子です。

使い方です

$a="a,b,c,d,e" -split ","
$a[1]

これは-split演算子を使って、a,b,c,d,eという文字列を、,(カンマ)で切り分けて配列にし、2つ目の要素を取り出す例です。結果は次のようになります。

b

配列は-joinを使って一つの文字列にすることができます。先ほど作った配列を&という文字で繋げるには次のようにします。

$a -join "&"

結果は以下のようになります。

a&b&c&d&e

このように、PowerShellでもVBScriptのSplit関数やJoin関数を使った場合と同様の文字列配列操作が可能になりました。

なお、PowerShell 1.0ではこのようにします。

-split演算子の代わり。string型のインスタンスに対し、Splitメソッドを実行する。

$b="a,b,c,d,e".Split(",")

-join演算子の代わり。stringクラスのスタティックメソッドJoin()を使用。

[string]::Join("&",$b)
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/12/09/183685.aspx

トラックバック

トラックバックはまだありません

トラックバックPing:


コメント

1 :金井:2013/03/07 12:39:06
こちらの記事がとても役に立ちました。ありがとうございました。


コメントをどうぞ

名前 (省略可) :
E-mail or URL (省略可) :


前の記事へ | 次の記事へ

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter