Write-Errorコマンドレットの使い方 - PowerShell Scripting Weblog

2007/09/27

そもそもヘルプを読んでも使い方がよくわからないのですが、インアクションを読んで何となくわかりだしました。

Write-Error -exception Exception 2>&1|set-variable a

などのようにエラーパイプラインを標準パイプラインに結合させて、$aにSystem.Management.Automation.ErrorRecordオブジェクトが入ります。このオブジェクトにWrite-Errorで指定した各パラメータのエラー情報の各プロパティが格納されているわけですな。

こうして作ったErrorRecordオブジェクトは再利用可能で、

Write-Error -errorRecord $a

のように使える。同じエラーを複数回発生させたいときに使えるんじゃないでしょうか。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/09/27/98186.aspx

トラックバック

トラックバックはまだありません

トラックバックPing:


コメント

コメントはまだありません


コメントをどうぞ

名前 (省略可) :
E-mail or URL (省略可) :


前の記事へ | 次の記事へ

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter