PowerShell 2.0の文法ドキュメントが公開&Community Promise適用 - PowerShell Scripting Weblog

2011/04/20

PowerShell 2.0の文法、仕様などが詳しく書かれたドキュメント(英文)がMicrosoftから公開されました。

Download details: Windows PowerShell Language Specification Version 2.0
http://www.microsoft.com/downloads/en/details.aspx?FamilyID=509b77d0-5e5f-4194-a2d0-61648abfd093

320ページのWordファイルです。私はさっそくダウンロードしてpdfで保存しました。(定義済みフィールドプロパティのローカライズの関係上、ヘッダの文字列にエラーが出ているので修正すると良いです。「Heading 1」を「見出し 1」にすればOK)

PowerShellの文法については公式ドキュメントが長らく公開されていませんでした。私が知るかぎり、5年前にPowerShell 1.0のbeta版が公開されたときに付属していたのが公式から出された唯一のものだと思います(RC版からは現行ドキュメントに置き換え)。今回ようやく公式ドキュメントが公開されたのには、PowerShell言語に「Community Promise」が適用されたことと関係があります。

PowerShell Language now licensed under the Community Promise - Windows PowerShell Blog - Site Home - MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/powershell/archive/2011/04/16/powershell-language-now-licensed-under-the-community-promise.aspx

Community Promiseとは、Microsoftが自社開発のプログラミング言語などの特許権を行使しないという宣言で、すでにC#とCLIに適用されているものです。今回、PowerShell言語でもCommunity Promiseが適用され、サードパーティがPowerShell言語の実装を自由に行うことができるようになります。もちろんWindows以外のプラットフォーム上で動作するPowerShellを合法的に開発することも可能になります。すでにPashというオープンソースでマルチプラットフォーム対応のPowerShell実行環境のプロジェクトが存在しますが、このプロジェクトの進行を後押しする決定になると思われます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/04/20/198525.aspx

トラックバック

トラックバックはまだありません

トラックバックPing:


コメント

コメントはまだありません


コメントをどうぞ

名前 (省略可) :
E-mail or URL (省略可) :


前の記事へ | 次の記事へ

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter