2014/05/02

また続くかどうか不明の新シリーズ。今日書いたワンライナーを記録していきます。

今回は、配列に含まれる要素のうち、もっとも出現頻度の多いものを調べる方法です。たとえば、0, 0, 0, 1, 0, 3, 0, 2, 0, 2という配列がある場合、「0」は6個含まれており最も要素数が多いので、この場合「0」を出力します。

ワンライナーは以下のようになります。(配列変数の宣言を合わせると2ラインですけど)

$array = 0, 0, 0, 1, 0, 3, 0, 2, 0, 2
$array | group | sort Count -Descending | select -First 1 | select -Expand Name 

今回のケースのように、「配列内に同一の要素が含まれており、要素ごとに纏める」という手順が必要なときはGroup-Objectコマンドレット(エイリアス:group)の出番です。

$array | group とすると、

Count Name                      Group
----- ----                      -----
    6 0                         {0, 0, 0, 0...}
    1 1                         {1}
    1 3                         {3}
    2 2                         {2, 2}

のような出力が得られます。Count=出現回数、Name=要素、Group=該当する要素のリスト です。なのでこの出力だけでお題の解答である「0」が確認できます。あとはこの出力から求める値を抽出するだけです。

Group-Objectコマンドレットの出力はGroupInfoというオブジェクトです。そう、これもオブジェクトなので、他のオブジェクト同様、プロパティ情報を保ったまま後続パイプラインに渡すことができます。

まずSort-Objectコマンドレット(エイリアス:sort)を用いてGroupInfoのCountプロパティの値で降順ソート(-Descendingパラメータ使用)をかけます。するとCountプロパティが一番大きいGroupInfoオブジェクトが一番最初の要素となります。(今回の場合はたまたまソート前後で最初の要素が同じでしたが)

次にSelect-Objectコマンドレット(エイリアス:select)に-First 1と指定することで一番最初のGroupInfoオブジェクトのみ取得します。最後に、GroupInfoオブジェクトのNameプロパティの値だけを取りだすのにSelect-Objectコマンドレットに -ExpandPropertyパラメータを指定します。

ところでGroupInfoオブジェクトのGroupプロパティ、どうせNameと同じものがCount分列挙されるだけじゃないか何の意味が?と思われるかも知れないので補足です。Group-Objectコマンドレットには-Propertyパラメータ(位置パラメータなのでパラメータ名は省略可能)が定義されており、指定すると任意のプロパティ値に基づいてグループ化してくれます。

たとえば

dir | group Extension

とすると、カレントディレクトリに含まれるファイルが拡張子別にグループ化され、以下のような出力が得られます。

Count Name                      Group
----- ----                      -----
    1 .gadget                   {twitterpost.gadget}
   59 .vbs                      {7zip_fix_archive.vbs, 7zip_store_each.vbs...}
   72 .ps1                      {cddrive.ps1, clipboard.ps1, cmdlets.ps1...}

このようにGroupプロパティの中身は、指定プロパティ値を持つ要素のグループとなっていることが分かると思います。

-Propertyパラメータには集計プロパティを指定することもできるので、

1..10 | group {if($_ % 2 -eq 0){"偶数"}else{"奇数"}}
Count Name                      Group
----- ----                      -----
    5 奇数                      {1, 3, 5, 7...}
    5 偶数                      {2, 4, 6, 8...}

みたいなこともできたりします。

ちなみにGroup情報が不要であるときは、Group-Objectコマンドレットに -NoElementパラメータを付与すると出力を抑制できます。(この場合、出力はGroupInfoオブジェクトではなく、GroupInfoNoElementオブジェクトとなる)

なんか後半はGroup-Objectコマンドレット特集みたくなってしまいました。ではまた次回。

2009/12/03

以前、[Twitter][WSH]Twitterにポストするという記事を書いたんですが、もっと簡単にできましたので修正版。


sUser = "userid" 'ユーザーID
sPassword = "password" 'パスワード
sURL = "http://twitter.com/statuses/update.json"

Set oHTTP = WScript.CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
Set wshShell=CreateObject("WScript.Shell")

oHTTP.Open "POST", sURL, False, sUser, sPassword
oHTTP.setRequestHeader "Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded"
oHTTP.setRequestHeader "X-Twitter-Client", "twitterPost.vbs"
oHTTP.setRequestHeader "X-Twitter-Client-Version", "1.0"
oHTTP.send "status=" & "テストです"

ポイントは、URLエンコードが実は必要なかったというところです。XMLHTTPは呼び出し元の文字コードに関わらず必ず文字列をUTF-8でURLエンコードしてポストするのでした。というわけでこれを使ってください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/12/03/183500.aspx

2008/07/03

Function GetPubDate(dDate)
	days = Array("","Sun","Mon","Tue","Wed","Thu","Fri","Sat")
	months = Array("","Jan","Feb","Mar","Apr","May","Jun","Jul","Aug","Sep","Oct","Nov","Dec")
	GetPubDate = days(WeekDay(dDate)) & ", " & Right("0" & Day(dDate),2) & " " & months(Month(dDate)) & " " & Year(dDate) & " " & Right("0" & Hour(dDate),2) & ":" &  Right("0" & Minute(dDate),2) & ":" & _
Right("0" & Second(dDate),2) & " +0900"
	'Wed, 05 Oct 2005 19:08:12 +0900
End Function

探してもなかったので書いてみました。ついでにRSS1.0のdc:Dateも

Function GetDCDate(dDate)
	GetDCDate=Year(dDate) & "-" & Right("0" & Month(dDate),2) & "-" & Right("0" & Day(dDate),2) & "T" & _
	Right("0" & Hour(dDate),2) & ":" &  Right("0" & Minute(dDate),2) & ":" & _
	Right("0" & Second(dDate),2) & "+09:00"
	'2005-10-06T10:31:58+09:00
End Function
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/07/03/147172.aspx

2008/07/02

Twitterに発言する最も簡単なスクリプトです。twitterPost.vbsと名前を付けて保存してください。

sUser = "*****" 'ユーザーID
sPassword = "*****" 'パスワード
sURL = "http://twitter.com/statuses/update.json"

Set oHTTP = WScript.CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
Set sc = CreateObject("ScriptControl")
sc.Language = "JScript"
Set js = sc.CodeObject

oHTTP.Open "POST", sURL, False, sUser, sPassword
oHTTP.setRequestHeader "Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded"
oHTTP.setRequestHeader "X-Twitter-Client", "twitterPost.vbs"
oHTTP.setRequestHeader "X-Twitter-Client-Version", "1.0"
oHTTP.send "status=" & js.encodeURIComponent(WScript.Arguments(0))

使い方

twitterPost.vbs "テスト投稿"
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/07/02/146863.aspx

2007/11/08

EmEditorというテキストエディタはマクロがVBS/JSで書けるのが気に入ってます。私がよく使うマクロをいくつかご紹介します。その1は文字数カウントマクロです。数えたい部分を選択して(ファイル全体を数える時はCtrl+Aして)実行してください。

Set sel = document.selection
alert len(sel.text)

シンプルだけど便利。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/08/106967.aspx

2007/08/24

Shigeya Tanabe's blog : VBScript コマンドから Windows PowerShell コマンドへの変換
http://blogs.technet.com/stanabe/archive/2007/08/17/translating-vbscript-to-powershell.aspx

より。

TechNet スクリプトセンター
VBScript コマンドから Windows PowerShell コマンドへの変換
http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/
topics/winpsh/convert/default.mspx

VBSの関数をPowerShellで実現するにはどうするの?という一覧です。英語版はありましたが日本語版でましたねー。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/08/24/91671.aspx

2007/05/24

open_shortcut_folder.vbsはショートカットをドロップするとそのショートカットがあるフォルダを開きます。
sendtoにショートカットを登録して使います。

ちなみにsendtoは「ファイル名を指定して実行」で「shell:sendto」ですぐに開けます。

Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")
Set Fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
For Each sArgument In WScript.Arguments
    If Fs.FileExists(sArgument) And _
    LCase(Fs.GetExtensionName(sArgument)) = "lnk" Then
        Set oShortcut=WshShell.CreateShortcut(sArgument)
        WshShell.Run "explorer.exe /select," & oShortcut.TargetPath 
    End If
Next

こういうスクリプトはPowerShellじゃ組めないですよねー。機能的にはできても、まずドロップができない、コンソールは出るし…

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/24/78147.aspx

2007/05/21

.NET Frameworkをバリバリ使ってC#ライクに書けばわりと見やすいスクリプトが書けるが冗長である。コマンドレットをパイプでつないだり各種演算子を使うと見にくいが簡潔に書ける。
これが本題。

しかし前者のようなスクリプトはC#で書いちゃえばいいじゃんという話だ。csファイルに、コンパイルして実行するVBSでも関連付けておけばよいでしょう。js(JScript.NET)ならクラスを書かないでも大丈夫。COMを使うならスクリプトはWSHでもいい。

そう考えるとやはりPowerShellはコマンドレットとパイプを駆使するのが本道のように思う。ただ、どこまで込み入ったものを書くのか。重要なのは可読性と簡潔性のバランスだ。パイプを多用すれば簡潔だが読みにくい。パイプを使わなければ冗長になる。そのあたりをうまく調整していくのがPowerShell使いの課題だろう。

さて、込み入ったスクリプトの究極例は、込み入ったことを一行のスクリプト(ワンライナーという)にすることだ。これには通常のプログラミングとは違い、頭の体操が必要になってくる。しかも後でみると自分でもわからなかったりする。

なので、保存して実行するならワンライナーにする必要はないように思う。冗長でもわかりやすく書くほうがいい。ワンライナーはあくまでコンソール上で手で打ち込むことに意義があるのではないか。

だが、そのスキルを管理者は身につけるべきなのか?

現実的には、コンソール上でコマンドレットを2,3個のパイプで繋ぐ程度が限界なのではないかと思う。ワンライナーをその場で書くのは相当なスキルが要求されるように思う。ただ、幸いなことにPowerShellにはfunctionやfilterを記述したスクリプトファイルをプロファイルとして読み込むことができるので、込み入った処理はあらかじめ関数化、フィルタ化しておくとよいだろう。そのときはワンライナーである必要はないのは先に述べたとおり。

でもPowerShellのワンライナーを極めた人を見てみたい気もする。UNIX系ではいますよね。私?無理ですよw

というわけでPowerShellスクリプトの考察でした。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/21/77517.aspx

2006/12/08

コマンドレットオンラインヘルプ作成
http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/11/07/43965.aspx
の続編です。本文中のコマンドレットにリンクを張るようにしました。その他いろいろ改善。
旧バージョンをお使いの方は一度*.htmlを削除してください。ファイル名が変わりました。

function Sanitize{
    #サニタイズ処理
    param ([string]$strSource)
    return ($strSource.Replace("&","&").Replace("<","<").Replace(">",">"))
}
 
function MakeLink{
    #用語にリンクを張る
    param ([string]$strSource)
    foreach ($key in $keys){
        $strSource = $strSource -replace "(\s)($key)(\s)",
        ("`$1`$2`$3")
    }
    return ($strSource);
}
 
#キーワードを格納するArrayList
$keys = new-object System.Collections.Arraylist
get-help -category all | ?{"Cmdlet","Provider","HelpFile" -contains $_.category}|
%{if ($_.Name -ne $null) {[void] $keys.Add($_.Name)}}
 
# "Cmdlet","Provider","HelpFile"のカテゴリを持つヘルプをHTML化
get-help -category all | ?{"Cmdlet","Provider","HelpFile" -contains $_.category}|
%{"
" + 
$(MakeLink $(Sanitize (get-help $_.Name -detail|out-string))).Replace("`r`n","
") + "戻る
"| out-file($_.name + ".html")} $temp="" # ヘルプのHTMLのインデックスを作成する # Aliasのヘルプ get-help -category Alias |sort name| %{$temp+=""} # Cmdlet,Provider,HelpFileの各ヘルプ get-help -category all | ?{"Cmdlet","Provider","HelpFile" -contains $_.category} | sort category,name| %{$temp+=""} $temp+="
名前種類簡易説明
" + $_.name + "" + $_.category + "" + $_.synopsis + "
" + $_.name + "" + $_.category + "" + $_.synopsis + "
" out-file index.html -inputobject $temp

コマンドレットとパイプを多用するスクリプトの見やすい記法ってなんかないですかね?自分で読んでもよくわかりませんなこれw

あと気づいたこと。メソッドを呼び出すときはmethodname (parameter)のようにメソッド名と引数の間にスペースを入れてはいけない!VBSとかになれているとはまります。

関数の呼び出しはfuncname param1 param2のようにする(引数は,で区切るのではない!)。関数の戻り値を読むときは$(funcname param1 param2)のようにする。関数中で何か値が返されるとそれがそのまま関数の戻り値になる(returnは明示しなくてもいいということ。複数の値を返すと戻り値は[object[]]の配列になる。逆に値を返したくない場合は[void]にキャスト)

-replace演算子でサブマッチ文字列は$1,$2..に格納される。$は変数の頭文字なので ` (アクサン グラーブ)でエスケープし、`$1とする。もしくは''(シングルクォーテーション)でくくり'$1'のようにする。

そうそう、
get-help -category all | ?{"Cmdlet","Provider","HelpFile" -contains $_.category}|
は、なんで
get-help -category Cmdlet,Provider,HelpFile
にしなかったかというと、このようにしてもなぜかAliasが含まれてしまうからです。Cmdletを指定するとAliasが含まれる仕様のようです。
でも-containsの使い方がわかってよかったです(ちょっとトリッキー?)

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/08/49387.aspx

2006/07/14

.NET Framework 2.0にはタスクトレイにアイコンを表示させるためのクラス、NotifyIconクラスがあります。これを使ってみましょう。

function CreateNotifyIconMenu()
{
 # menuItem1オブジェクトの作成
 $menuItem1 = new-object System.Windows.Forms.MenuItem("終了(&X)")
 
 # Clickイベント
 $menuItem1.Add_Click({Form_Closing})
 
 # contextMenuオブジェクトの作成
 $contextMenu = new-object System.Windows.Forms.ContextMenu
 
 # menuItemオブジェクトをcontextMenuオブジェクトのMenuItemsコレクションに追加
 [void]$contextMenu.MenuItems.Add($menuItem1)
 #↑ここの[void]を忘れるとAddメソッドの戻り値がreturnされてしまう。
 
 return ($contextMenu)
}
function Form_Closing()
{
 # フォームとシステムトレイアイコンを非表示に
 $form.Visible = $false
 $notifyIcon.Visible = $false
 
 # PowerShellの終了
 [System.Environment]::Exit(0)
}
[void] [Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms") 
[void] [System.Windows.Forms.Application]::EnableVisualStyles()
# notifyIconオブジェクトの作成とプロパティの設定
$notifyIcon = new-object System.Windows.Forms.NotifyIcon
# System.Drawing.Iconクラスのコンストラクタにはicoファイルのパスを指定する
$notifyIcon.Icon = new-object System.Drawing.Icon C:\script\test\a.ico
$notifyIcon.Text = "PowerShell実行中"
$notifyIcon.ContextMenu = CreateNotifyIconMenu
$notifyIcon.Visible = $true
# formオブジェクトの作成
$form = new-object System.Windows.Forms.Form
# Closingイベント
$form.Add_Closing({Form_Closing})
# フォームの表示
[void]$form.showDialog()

理論上はフォームを表示させなくても良いはずなんですが、ループをまわすいい方法が思いつきませんでした(start-sleepを使うとその間イベントが実行されない)。あと、showDialogで表示したフォームを閉じるいい方法も思いつかなかったので[System.Environment]::Exit(0)
としてPowerShell自体のプロセスを終了させています(exitとやるとエラーが出るんですよね。なんでしょうこれは)。これらに対する良い解決策をお持ちの方は教えてください。

PowerShellのfunctionって引数がなしのとき、呼び出す際()を使うとエラーになるんですよね。あと、文頭に持ってこないといけないのも気に入りません。何とかならなかったのでしょうか…。

せっかくタスクトレイが使えるのに、フォームとコンソールまで表示されてしまいます。そこでWSHを併用してごまかす方法を。

Set WshShell=CreateObject("WScript.Shell")
WshShell.Run "powershell test.ps1",0

このようなvbsファイルを作ってps1ファイルをキックしてやります。Runメソッドの第二引数に0を指定すると、コンソールおよびフォームが非表示になりますが、タスクトレイは表示されます。この手を使うとまるでタスクトレイだけが表示されているかのような状態を作り出せます。ちなみに、MessageBoxも同じようにそれだけを表示させることができます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/07/14/32470.aspx

古い記事のページへ |


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books