2008/12/20

ありがちなRe: Re: Re:なサブジェクトを何とかする方法。 「Re: Re:」や「RE:Re: Re:」などのサブジェクトを「Re: 」にします。 組み込み方は前のエントリを参照

Dim reSubjectRe As New RegExp
reSubjectRe.Global = True
reSubjectRe.IgnoreCase = True
reSubjectRe.Pattern = "(?:re\d*\:\s*)+"
oMailItem.Subject = reSubjectRe.Replace(oMailItem.Subject, "Re: ")

あと知らなかったんですがOfficeには簡単にオレオレコード署名を作る方法があるんですね。これを使えばデフォルトのセキュリティ設定でThisOutlookSessionが動きます。導入の仕方はこちらを参考に。makecert.exeとか使わなくてもいいんだーへぇー

12/23追記。Re2:とかにも対応

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/12/20/164557.aspx

2008/12/03

Outlook2007は、メールアドレスに.の連続(hoge...hoge@example.com)や@の前に.がある場合(hoge.hoge.@example.com)にはメールを送信することができません。受信トレイに「システム管理者」から送信不能と通知メッセージが入ります。

これは別にOutlook2007が悪いんじゃなくて、RFCに準拠しているためです。でもDocomoやauなど、このRFCに準拠していないキャリアがあって、結構、よく見ます。その辺の詳しい事情はこちらなどをどうぞ。

で、Outlookユーザーはじゃあこれらのメアドにはメールを送れないのか、と言うとそうではなく、実は裏技があって、@の前の部分を""(ダブルクォーテーション)でくくることで送信可能になります。

"hoge...hoge"@example.comや"hoge.hoge."@example.comなどのようにします。これはOKとRFCで規定されてるらしいですね。

でも毎回これを手で入力するのはメンドイ!

ということでなんとかしてみました。

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)
    Dim oMailItem As MailItem
    Dim bExistInvalidAddress As Boolean
    
    If TypeName(Item) = "MailItem" Then
        Set oMailItem = Item
        
        Dim reAddress As New RegExp
        reAddress.Pattern = "([a-zA-Z0-9\-\_\.]+)\@([a-zA-Z0-9\-\_\.]+)"
        reAddress.Global = True
            
        sMailAddresses = Split(oMailItem.To, ";")
        
        For I = 0 To UBound(sMailAddresses)
            If (InStr(sMailAddresses(I), "..") Or InStr(sMailAddresses(I), ".@")) And _
            InStr(sMailAddresses(I), """") = 0 Then
                sMailAddresses(I) = reAddress.Replace(sMailAddresses(I), """$1""@$2")
                bExistInvalidAddress = True
            End If

        Next
        
        If bExistInvalidAddress Then
            oMailItem.To = Join(sMailAddresses, ";")
            Cancel = True
        End If
        
    End If
End Sub

このようなコードをThisOutlookSessionに埋め込みます。VBエディタでF2キーを押してMicrosoft VBScript Regular Expression 1.0と5.5を参照設定してください。ただしマクロなんで毎回起動時にマクロを有効にするか聞かれます。(以上の意味が分からない方は使わないほうが無難です)

すると、問題あるメールアドレスのメールを送信しようとすると、正しくクォーテーションがつけられたメールアドレスに変換します。ただしTo:だけです。Cc:やBcc:にも対応してもよかったんですがそれは宿題ということで。

Cancel=Trueは要らないと思ったんですが、これを取るとなんかさらに''でクォートされて送信トレイに残骸が残ってしまいます。ので、一度メール編集画面に戻るようにしています。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/12/03/162596.aspx

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter