2012/01/13

コンピュータの再起動はRestart-Computerコマンドレット、シャットダウンはStop-Computerコマンドレットを使えばできますが、(休止状態ではなく)スリープはどうやるんだろう?と疑問に思い調査しました。

  • COMコンポーネントのShell.ApplicationのSuspendメソッドを使う方法:
    少なくともうちのWin7環境では使えませんでした(何も起こらない)。
  • shutdown.exeを使う方法:
    /hオプションを使えば休止状態にはできるが、スリープはできない模様。
  • rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendStateを使う方法:
    ハイブリッドスリープが有効である場合は休止状態になる。ちなみにネットでたまにみかける”rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState Sleep”でスリープするというのは嘘tipsです。
    参照:rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState Sleepって大嘘は誰が言い出したん - xcaqhbajのメモ
  • WMIのWin32_OperatingSystemのWin32Shutdownメソッドを使う方法:
    シャットダウン、再起動、ログオフはできますがスリープや休止状態はできないようです。

というわけであまり簡単にはいかないようです。

幸いPowerShell 2.0からはAdd-TypeコマンドレットによりC#やVBを介してP/Invokeができますので、これを利用してスリープを行うWin32APIを呼び出すことにしました。

$signature = @"
[DllImport("powrprof.dll")]
public static extern bool SetSuspendState(bool Hibernate,bool ForceCritical,bool DisableWakeEvent);
"@
$func = Add-Type -memberDefinition $signature -namespace "Win32Functions" -name "SetSuspendStateFunction" -passThru 
$func::SetSuspendState($false,$false,$false) 

powrprof.dllに含まれるSetSuspendState関数をP/Invokeで呼び出してやります。引数のHibernateはTrueを指定すると休止状態、Falseを指定するとスリープになります。今回はスリープしたいので$falseを渡してやります。

あとで知ったのですがSystem.Windows.Forms.Application.SetSuspendState メソッドを使うのでもいいですね。こちらの場合はAdd-TypeコマンドレットでSystem.Windows.Formsを読み込むと利用できるかと思います。

Add-TypeコマンドレットのおかげでPowerShellからWin32APIを簡単に呼べるようになり、○○はWin32APIを使わないといけないから諦めよう、ということがなくなりました。WSH時代に比べると良くなったなーと思います。本当はなるべくならWin32APIを直接は使わずに片づけたいところですけども。

2011/09/08

PowerShellでクリップボードを読み書きする方法については5年ほど前にクリップボードアクセス(未完)II という記事を書きました。タイトル通り未完でして、このたび完結編を書こうと思いました。

System.Windows.Forms.Clipboardクラスを使う場合は先の記事にあるようにPowerShellをSTAで動作させる必要があります。ver.1の当時はその方法がありませんでしたが、ver.2ではpowershell.exeに-staパラメータが追加され、STAでの実行が可能となっています。

-staパラメータを使用しない場合は相変わらずこの方法は使えません。powershell.exe –staのプロセスを逐次起こして、クリップボードアクセス部分だけSTAの子プロセスでやらせることも不可能ではないですが、冗長ですしパフォーマンスの点で難があります。

ver.2ではAdd-Typeコマンドレットが追加され、任意のC#コードを動的に読み込むことができるようになりました。これを利用してクリップボードアクセスクラスを書くという手もあると思います。その中ではSTAのスレッドを起こしてクリップボードアクセスをすることになります。実際PowerShell Community Extensionsに含まれるOut-Clipboard/Get-Clipboardコマンドレットはそのような実装がされているようです。ですが動的にコードを読み込みコンパイルはやはりパフォーマンス上不利ですし、PSCXをインストールできない場合などもあるでしょう。

ところでSystem.Windows.Formsに含まれるTextBoxクラスはその名の通りテキストボックスコントロールなのですが、このコントロールにはCopy()メソッドとPaste()メソッドがあり、これらを使うとクリップボードに書き込み、クリップボードから読み込みが可能です。TextBoxクラスの良いところは、STAである必要がないところです。この方法を最初に提唱したのはこちらの方かな?

この方法を用いた関数もすでに公開されているのですが、PowerShellの作法に則った使い方ができるように少し改良を加えました。具体的には

Set-ClipBoard:  配列の指定、パイプラインからの入力を可能にした。

Get-ClipBoard: クリップボードの中身が複数行のテキストの場合、文字列配列を返すようにした。(Get-Contentと同様)

という変更を加えています。

function Set-ClipBoard
{
    param([parameter(Mandatory=$true,
            ValueFromPipeline=$true)][object[]]$InputObject)
    begin
    {
        Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
        $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
        $tb.Multiline = $true
        $out=@()
    }
    process
    {
        $out+=$InputObject
    }
    end
    {
        $tb.Text = $out -join "`r`n"
        $tb.SelectAll()
        $tb.Copy()
    }
}

function Get-ClipBoard
{
    Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
    $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
    $tb.Multiline = $true
    $tb.Paste()
    $tb.Text -replace "`r`n","`n" -replace "`r","`n"  -split "`n"
}

使い方例

# ファイルのフルパスをクリップボードに格納
Get-ChildItem|select -expand fullname|Set-ClipBoard

# CSV文字列がクリップボードに入っている場合以下のコマンドを実行すると、
# クリップボードの中身が対応するHTML tableタグに置換される
Get-ClipBoard|ConvertFrom-Csv|ConvertTo-Html -Fragment|Set-ClipBoard

やっぱりパイプで繋ぐのがPowerShellの醍醐味ですよね!

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/09/08/202547.aspx

2006/12/08

前のブログを閉鎖するので、これから元記事を一気にコピーします。

元記事はこちらですhttp://winscript.s41.xrea.com/mt/archives/2005/09/post_4.html

.NET FrameworkのSystem.Windows.Formsに含まれるコントロールを利用して、簡易ファイラをつくってみました。テキストボックスにパスを入れて「移動」ボタンを押すとそのフォルダの中身をリストボックスに表示します。リストボックスのファイルをダブルクリックすると実行、フォルダをダブルクリックすると移動します。イベントハンドラの使い方に注目してください。

function InvokeItem {
    Param($path)
    
    # 現在のパス+選択したファイル/フォルダ名を組み立てる
    $path2 = $(get-location).ToString() +"\" + $path
    
    if ([System.IO.Directory]::Exists($path2) ){
    # フォルダなら移動
        ChDirectory($path2)
    }else{
    #ファイルなら実行
        invoke-item $path
    }
}
 
function ChDirectory {
    Param($path)
    
    set-location $path #ディレクトリ移動
    $listBox1.Items.Clear() #リストボックスを空にする
    
    # get-childitem Cmdletの戻り値をパイプラインに渡し、
    # foreachしてリストボックスに追加する
    get-childitem | foreach{$r = $listBox1.Items.Add($_)}
}
 
 
[void] [Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms") 
[void] [System.Windows.Forms.Application]::EnableVisualStyles()
$form = new-object System.Windows.Forms.Form
$form.Size = new-object System.Drawing.Size(300, 400)
 
$textbox1 = new-object System.Windows.Forms.TextBox
$textbox1.Size = new-object System.Drawing.Size(250, 20)
$textbox1.Location = new-object System.Drawing.Point(0, 0)
$textbox1.Text = get-location
 
$button1 = new-object System.Windows.Forms.Button
$button1.Size = new-object System.Drawing.Size(40, 20)
$button1.Location = new-object System.Drawing.Point(250, 0)
$button1.Text = "移動"
# ButtonのClickイベント
$button1.Add_Click({ChDirectory($textbox1.Text)})
 
$listbox1 = new-object System.Windows.Forms.ListBox
$listBox1.Size = new-object System.Drawing.Size(250, 300)
$listBox1.Location = new-object System.Drawing.Point(0, 50)
# ListBoxのDoubleClickイベント
$listBox1.Add_DoubleClick({InvokeItem($listBox1.SelectedItem)})
 
# 初期ディレクトリの設定
ChDirectory($textbox1.Text)
 
# コントロールをフォームに配置して表示
$form.Controls.Add($textbox1)
$form.Controls.Add($button1)
$form.Controls.Add($listBox1)
$form.showDialog()
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/09/49648.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books