2016/07/11

大変遅くなってすみません。7/2(土)、札幌で開催されたCLR/H #clrh101で行ったセッション、「PowerShell の概要と 5.x 新機能のご紹介」の資料を公開します。

札幌は涼しくて、何もかも美味しくて良かったです。夏の関西は人間の生存に適した気候とはとても言えないので、しばらく札幌に滞在していたかったですね。

さて、登録ページでのタイトルと若干違いますが、間もなく(8/2に)Windows 10 Anniversary Updateの登場とともにPowerShell 5.1の正式版が利用できるようになるということで、今回、5.0に加えて5.1の新機能もご紹介することにしたためです。(スライドは5.1の新機能の部分以外は、基本的にこれまでの内容と同様です。ご容赦ください。)

なお、PowerShell 5.1は現在のところ、Windows 10 Insider PreviewかWindows Server 2016 TP5で試すことができます。

PowerShell 5.0の登場からWindows Server 2016正式リリースまでの期間がけっこう空いたことと、ラピッドリリースの方針もあって、5.1が短期間で登場することとなりました。なのでどれが5.0でどれが5.1の機能かというのは割と曖昧ですけど、5.1で一番大きく変化するところは、PowerShellのエディションがDesktop EditionとCore Editionに分かれるところだと思います。

PowerShell Core Editionは従来のPowerShellのサブセット版となり、Windows Server 2016のインストールオプションの一つで、フットプリントを軽量化し、Windowsコンテナ技術に最適化された、Nano Serverで動作させることを目的として作られました。

Core Editionでは一部のコマンドレットのみのサポートとなりますが、基本的にNano Serverの管理はリモート経由でPowerShellを直接的あるいは間接的に用いて行うことになるため、当然ながら必須のコンポーネントとなります。

なお、PowerShell Core Editionは先日、1.0リリースを迎えたばかりの、.NET Core上で動作します。.NET Coreとは.NET Frameworkのサブセットで、マルチプラットフォームで動作し、OSSとして開発されています。

.NET Framework上で動作する、従来のフルセット版PowerShellも、Desktop Editionとしてこれまで通り利用可能です。

PowerShell 5.0、5.1の新機能はMSDNでまとめられているのでそちらもご参照ください。

Windows 管理フレームワーク (WMF) 5.0 RTM のリリース ノート概要 | MSDN
WMF 5.1 Release Notes (Preview)

追伸。Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Managementを7月付で再受賞いたしました。おかげで今回のイベントで「関西MVP3人が集結」という触れ込みが嘘にならなくて良かったです。そして同じ分野でCLR/Hのスタッフでもある素敵なおひげさんも受賞されました。おめでとうございます。

2015/12/21

この記事はPowerShell Advent Calendar 2015の21日目の記事です。

PowerShellの属性

PowerShellには2.0から言語機能として「属性」機能が追加されました。PowerShellの属性はC#の属性とほぼ同じものですが、2.0〜4.0の時点では、高度な関数(Advanced Function)を作成するために関数に付与するCmdletBinding属性(記述上ではparamブロックに付与する形になる)、関数のパラメータに付与するParameter属性やAlias属性等、関数のパラメータや変数に付与する各種検証属性(Validate〜、Allow〜系)くらいしか使うことはなかったかと思います。

このうちパラメータ検証属性については、あえとす氏が以前詳しく解説しておられます。:パラメーターの検証属性について/前編 - 鷲ノ巣

PowerShellで属性クラスを作る

さて話は変わって、つい先日、WMF 5.0 / PowerShell 5.0がRTMしました。Windows 7/8.1、Windows Server 2008R2/2012/2012R2用のインストーラーが公開されたので、もう使っておられる方もいると思います。ぎたぱそ氏が一晩で解説記事を書いてくれてますね。

PowerShell 5.0では言語機能としてclass構文がついに追加されました。これでついにPowerShell言語も真の意味でオブジェクト指向言語の要素を完備したと言えるかと思います。

このclass構文、.NET Frameworkの既存のクラスを基底クラスとして継承するなんてことも、普通にできてしまいます。そこで私が考えたのは、もしかしてこれで属性も作れるんじゃない?ということでした。

v5のclass構文の基本的な部分の解説は、また別の機会にということにしまして、今回はいきなり、属性を作る話をしていきます。

ちなみにC#の属性については、属性 - C# によるプログラミング入門 | ++C++; // 未確認飛行 C が参考になります。PowerShellで属性を作る時も基本はだいたい同じかと思います。

属性クラスの例

属性パラメータ(コンストラクタ引数)にDescription、名前付きパラメータとしてNoを指定でき、classに適用可能なTest属性はこんな感じです。

[AttributeUsage([AttributeTargets]::Class)]
class TestAttribute : Attribute
{
    [string]$Description

    [int]$No

    TestAttribute($Description)
    {
        $this.Description = $Description
    }
}

これを利用する際は、まずこのclassを含むスクリプトをドットソースで実行することで、グローバルに読みこむ必要があるようです(同一スクリプト内に属性定義と属性利用をまとめて書くとうまく動作しない)。

呼び出し側では以下のように指定します。

[TestAttribute("クラスの説明", No = 1)]
class Foo
{
    $X = 1
}

通常なら[Test()]のように"Attribute"の部分は省略できるはずなんですが、これも何故かフルネームで指定しないとダメなようでした。

クラスに属性が正しく指定されているかどうかはリフレクションで調べます。

[Attribute]::GetCustomAttributes([Foo])

結果は

Description  No TypeId
-----------  -- ------
クラスの説明  1 TestAttribute

こんな感じです。

パラメータ検証属性を作る

これだけでは面白くないので、少し実用になるかもしれない属性を書いてみましょう。

ところで前述のあえとす氏の記事の後編では、C#でPowerShellのパラメータ検証属性を作る方法について解説されています。ただ、C#でPowerShellの実行空間にアクセスして、操作を行ったり情報を取得したりするのは、少し知識が必要な部分かと思います。

そこで、PowerShellで使う属性なんだからPowerShellで書いたら楽になるんじゃない?という発想で、パラメータ検証属性をクラス構文で書いてみました。

このサンプルは、パラメータ(または変数)値の型が、指定の型セットに含まれているかどうかを検証するものです。複数型を取るようにするためにパラメータの型を[psobject]にすることが良くありますが、この属性を利用して、指定可能な型を絞り込めるようになります。

using namespace System.Management.Automation

[AttributeUsage(([AttributeTargets]::Property) -bor ([AttributeTargets]::Field))]
class ValidateTypeSetAttribute : ValidateEnumeratedArgumentsAttribute
{
    [Type[]]$Types

    ValidateTypeSetAttribute($Types)
    {
        $this.Types = $Types
    }

    [void]ValidateElement([object]$element)
    {
        if(!($element.GetType() -in $this.Types))
        {
            throw New-Object ValidationMetadataException `
                "$($element.GetType().FullName) は許容されない型です。値は $($this.Types) のいずれかの型である必要があります。"
        }
    }
}

使い方は以下の通り。パラメータ検証属性の場合は、定義と同一スクリプト内で呼び出しても、"Attribute"を省略しても問題ないようです。

function test
{
    param(
        [ValidateTypeSet(,([int],[string],[double]))]
        [psobject]
        $obj
    )
}

test "a" #OK
test (Get-Process)[0] #NG

class構文のコンストラクタで可変長引数を定義する方法が分からなかったので、呼び出しがちょっと不格好ですが、そこはご容赦を。

2014/03/23

昨日は、MVP Community Camp 2014の大阪会場にお越しいただき、ありがとうございました。

私のセッションスライドを公開します。

前回のエントリーでも書きましたが、DSCについては何度かセッションをやってきており、今回が一応の集大成的なものとなるかと思います。

今回はDSCというPowerShell4.0で追加された応用的な内容でしたが、4/12に開催されるPowerShell勉強会@大阪では基礎的なところからセッションをやる予定です。PowerShell勉強会@大阪については後ほど詳しく紹介エントリーを上げます。

さて、今回デモをやろうとしたんですが、見事に失敗してしまいました。大変申し訳ありません!

原因としてはHyper-Vにドメインコントローラー(兼、Configuration配布用サーバー)と設定対象サーバーの2台を同一ドメインに所属させていたのですが、手違いで設定対象サーバーからDCへの認証ができなくなっていて、結果、DSC反映時に必要なKerberos認証に失敗したためでした。やはりDCを仮想化させるのはいくらHyper-V 3.0でも注意深くやらないとダメですね。直前まではうまく動いてたんですけどもね…DCはやはり独立して用意すべきでした

本番ではデモに失敗したんですが、環境を再整備して動作することを確認しました。そこで、今回、デモで用いる予定だったスクリプトを一式、公開する事にしました。こちら:dsc_demo.zip

使用方法を以下に説明します。なお、すべては無保証なので、必ず、壊れてもいいサーバーを新規で用意してください。また、デモ環境をHyper-Vの仮想サーバーとしておくと、DSC適用前の状態のスナップショットを取れるのでいつでもデモ実行前の状態に戻せて便利です。

事前準備
  1. Configuration配布用サーバー(コンピューター名:dscpull)、設定対象サーバー(コンピューター名:target)を用意し、双方にWindows Server 2012 R2をGUI有効にしてインストールする。
  2. Windows Server 2012 R2がRTM版である場合は、General Availability Update Rollupを適用してGA相当にアップデートする(ビルド番号6.3.9600.16394の状態にする)。
  3. 両サーバーを同一ドメインに所属させる。
  4. 両サーバー間でKerberos認証が通りWinRMでリモート接続できることを確認しておく。
    たとえば、dscpullサーバーからEnter-PSSession targetとしてtargetサーバーにリモート接続できるかどうかで確認できます。
  5. dsc_demo.zip中に含まれるdscpullフォルダをConfiguration配布用サーバーのC:\直下にコピーする。
  6. dsc_demo.zip中に含まれるtargetフォルダを設定対象サーバーのC:\直下にコピーする。
Pushモードのデモ

このデモでは、dscpullサーバーでDSCをpushモードで実行することにより、「targetサーバーにIISをインストールし、Webサイトを作成し、開始する」という操作を適用します。よって、事前にtargetサーバーにはIISが入っていないことを確認しておいてください。

  1. targetサーバーのInstall_Website_Resource.ps1を実行する。
    この操作により、xWebAdministrationリソースモジュールがtargetサーバーに配置されます。
  2. dscpullサーバーのStart_Website_of_Target.ps1を実行する。
    この操作により、xWebAdministrationリソースモジュールがdscpullサーバーにも配置され、xWebSite等のリソースを呼び出すConfigurationに従ってMOFファイルを生成し、Start-DscConfigurationコマンドレットによって実際にMOFファイルの内容をtargetサーバーに反映させます。
    ※Pushモードの場合、カスタムリソースを利用する際は、実行側と対象の双方にカスタムリソースの事前配置が必要です。
  3. Start_Website_of_Target.ps1の実行が終了したら、targetサーバーをチェックして下さい。IISがインストールされ、IISマネージャ上ではDefault Web Siteは停止状態となり、MyWebSiteというサイトが作成され開始されていると思います。http://target/を開いてみてください。
  4. targetサーバーの設定を色々と変更して(Webサイトを停止する、削除する、IISをアンインストールする、InetPubフォルダのコンテンツを削除するetc)、再度Start_Website_of_Target.ps1を実行した場合でも、同じ設定に戻ることを確認してください。
Pullモードのデモ

このデモではまずdscpullサーバーにDSC Serviceをインストールし、PullサーバーとしてMOFファイルを配布できるようにします。続いてtargetサーバーの設定をPullモードにし、dscpullサーバーから設定を定期的に取得、反映させるようにします。(このデモでは「印刷サービス」(プリントサーバー)をインストールするConfigurationをサンプルとして利用しています)

  1. dscpullサーバーのInstall_DSC_Service.ps1を実行する。
    この操作により、xPSDesiredStateConfigurationリソースモジュールがdscpullサーバーに配置され、このモジュールに含まれるxDscWebServiceリソースを呼び出すConfiguration(Sample_xDscWebService)を実行し、Pullサーバーが構築されます。
  2. dscpullサーバーのDeploy_Config.ps1を実行する。
    この操作により、プリントサーバーをインストールするConfigurationからMOFファイル(ファイル名は対象サーバー名ではなく、対象サーバーを識別するConfigurationIDとなる)を生成し、New-DscCheckSumコマンドレットによりチェックサムファイルを出力し、両ファイルをPullサーバーのMOFファイル配布用フォルダにコピーすることで、設定の配置が完了します。
  3. targetサーバーのConfig_LCMforPull.ps1を実行する。
    この操作により、LCM(Local Configuration Manager)設定用のConfigurationからMOFファイルを生成し、Set-DscLocalConfigurationManagerによりMOFファイルを反映し、targetサーバーのLCMがPushモードからPullモードに変更されます。また対象サーバーを識別するためのConfigurationIDも定義します。このスクリプトを実行すると処理の最後で自動的に再起動を実行します。(DSCのモード切替は再起動後に反映されます)
  4. 再起動後、targetサーバーに印刷サービスがインストールされていることを確認してください。上手くいかない場合は、イベントビューアで”Desired State Configuration”を確認してください。またLCMのConfigurationに指定した間隔で設定が再反映されていること、あるいは新設定をPullサーバーに取得しにいっていることを確認してください。

2013/09/23

(※12/22付記。12/21にこのセッションのブラッシュアップ版セッションを行いました。こちら

9/21に福井県あわら温泉で実施された ITごった煮勉強会vol.2@福井 で、PowerShell 4.0 の新機能である、PowerShell Desired State Configuration (DSC) についてのセッション(30分)をしてきました。以下が発表で使ったpptxの資料となります。

DSC とは Desired (望まれる) State (状態に) Configuration (構成する) の略で、サーバー設定が「望まれる状態」に構成されることを実現するための、Windows Server 2012 R2 / Windows 8.1 で新たに追加されたシステム管理機能です。

PowerShell DSC は、Configuration という新しいキーワードで定義される PowerShell の拡張構文で記述します。

Configuration は、従来の命令型(Imperative)構文 = 「どのように行うか」ではなく、宣言型(Declarative)構文 = 「どういう結果になるべきか」で記述することができます。

Configuration 構文は、例えば、条件分岐して○○のときは○○して…といった手順をプログラミングする必要はなく、「設定ファイル」のように設定項目と設定値を列挙するだけで、DSC 実行後に保証される状態を記述することができるので、プログラミングに明るくないシステム運用者の方にも抵抗なく使うことができると思います。

開発者は従来通りアプリケーションの機能を呼び出すコマンドレットを作成するのに加えて、DSCで用いる「カスタムリソース」も実装することになります。

DSC を用いたシステム構築を行えば、開発者と運用者がより密に連携できるようになるので、継続的デプロイが可能となり、 DevOps 実現のための道具の一つとなるものと思います。

先日、Windows Server 2012 R2 および Windows 8.1 の RTM 版がMSDN /TecnNet Subscription でダウンロード可能になりましたが、目玉機能(?)となる PowerShel DSC についての情報、特に日本語のものがあんまりネット上に見当たらないので、このスライドを参考にしていただければいいかな、と思います。

2012/11/21

先日、Windows Server 2012がRTMされたのと同時に、Windows 7/2008/2008 R2用のPowerShell 3.0を含むWindows Management Framework (WMF) 3.0パッケージも公開になりました。

Download WMF 3.0 from Official Microsoft Download Center

また、Windows Server 2012を管理するためのWindows 8用リモートサーバー管理ツール(RSAT)も公開されました。サーバーマネージャーやAD管理センターなどの管理ツール、Windows Server 2012の「役割」と「機能」に対応するPSモジュールが含まれています。

Download: Windows 8 用 RSAT - Microsoft Download Center - Download Details

(残念ながらWin Server 2012を管理するWin7用のRSATはないようです)

さて、PowerShell 3.0はローカルヘルプが標準では含まれていないので、Update-Helpコマンドレットを管理者権限で使ってダウンロードする必要があります。が、現状では日本語ヘルプが存在しないので、ローカルでヘルプが引けないというちょっとアレな状況になってます。

この状況、いつかは改善されるとは思うのですが、とりあえずの回避策を書いておきます。以下のスクリプトを管理者権限で実行してください。

Update-Help -UICulture en-us -Force
mkdir $pshome\ja-JP_backup
copy $pshome\ja-JP\*.* $pshome\ja-JP_backup\
copy $pshome\en-US\*.* $pshome\ja-JP\

このスクリプトはUpdate-Helpコマンドレットにより英語ヘルプ(ロケールen-us)を$pshome\en-USにダウンロードします。その後、ダウンロードしたヘルプファイルをそのままja-JPフォルダにコピーします。その際、念のためにバックアップをja-JP_backupフォルダにとっておきます。

これで日本語環境のpowershell.exeでもとりあえずは英語版のヘルプを引くことが出来るようになります。

(2013/01/18追記。Windows 8とServer 2012では、Update-Help -UICulture en-us -Forceを管理者権限で実行するだけで、日本語環境でも英語ヘルプが表示されます。)

日本語ヘルプがダウンロード可能になればこの作業は必要ないですが、それまでの暫定措置としてご利用ください。

この作業に抵抗がある方は、オンライン版英語ヘルプを参照するのでもいいかと思います。

Windows PowerShell Core Modules
これはPowerShell 3.0に標準添付のモジュールとそれに含まれるコマンドレットのリファレンスです。

Windows PowerShell Support for Windows Server 2012
これはWindows Server 2012 / Windows 8に付属のモジュールとそれに含まれるコマンドレットのリファレンスです。

powershell.exeで Get-Help コマンドレット名 -Online とすることでWebブラウザを開いてこれらのヘルプページを直接表示することも可能です。

さて、ヘルプが揃ったところで、さっそく新しいコマンドレットを試してみましょう。そしてその成果をぜひ、PowerShell Advent Calendar 2012で発表してください!!

2009/10/22

10/31 Admintech.jp大阪勉強会でPowerShell 2.0の話をします。内容的にはサーバー管理者向けに2.0の新機能を中心にPS2を概説するという感じです。わんくまで7/4しゃべった内容のRTM版対応という感じです。
http://itpro.admintech.jp/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E817%B2%F3+Admintech%2Ejp%CA%D9%B6%AF%B2%F1

お時間があるかたでご興味のあるかた、ぜひどうぞ。
Active Directoryの大家、小鮒さんの講演が聴けます!(PowerShell 2.0のActive Directoryモジュールの話もしてくださるみたいです)

この日はWindows 7のイベントが大阪であるそうで、ちょっとかぶってしまいましたが、どちらも魅力的なイベントだと思いますのでどちらかぜひぜひ。

あと、その前の週というか今週の土曜日ですが、わんくま大阪勉強会もありますのでみなさんふるってご参加ください。グループディスカッションがあって面白そうですよ。こちらは私は今回スタッフ参加です。http://wankuma.com/seminar/20091024osaka32/Default.aspx

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/10/22/182321.aspx

2009/08/16

Windows PowerShell Blog : Powershell 2.0 for Windows Vista and Windows Server 2008 - Release Candidate
http://blogs.msdn.com/powershell/archive/2009/08/14/powershell-2-0-for-windows-vista-and-windows-server-2008-release-candidate.aspx

というわけで、RC版が8/14に出たそうです。といっても、7と2008 R2に載っているのは正式版だしv2自体はすでにRTMしてるので、なんでRCなのかよくわからないのですが、移植とかパッケージとかインストーラとかの関係とかでしょうかね?WinRM2.0はパッケージに同梱みたいです。BITS4.0ってなんだろう?

あと2003とXP版はまだだそうです。

いつ正式版出るのかな。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/08/16/180170.aspx

2009/07/29

TextStreamオブジェクトとDictionaryオブジェクトを使う[最終回] − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh19/cformwsh19_01.html

というわけで、第19回、最終回が公開されました。ずいぶん長い連載になりましたねー。

PowerShell書籍があさってくらいに書店に並ぶと思いますので、そちらもよろしくです。

また、10/31大阪Admintech.jp勉強会でPowerShell v2のお話をします。7/4わんくま大阪でしゃべったことのRTM対応版です(PowerShell v2は先日RTMしました)。

宣伝ばかりになってしまいましたが、よろしくですー。技術記事もおいおい上げていく予定です。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/07/29/179470.aspx

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter