2016/04/23

Japan PowerShell User Group (JPPOSH) 主催の第 6 回 PowerShell 勉強会(4/9)には多数の方にお越しいただき、ありがとうございました。

PowerShell勉強会は今後も年2回くらいのペースで続けて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、私のセッション「PowerShell 5.0 新機能と関連OSSのご紹介」のスライドを公開します。前半は以前のものとだいたい同じですが、正式版対応版にアップデートしています。

今回は去年から今年にかけて、PowerShell関連ソフトウェアとしてOSS化したものを、まとめて紹介しました。以下は今回紹介したもののリストです。

またデモで用いたサンプルファイルも公開します。

このzipにも同梱してますが、PSScriptAnalyzerのカスタムルールはこんな感じで作ります。作り方は、ASTを受け取って、中身をチェックして、ルールに該当するならDiagnosticRecordを返すというのが基本になります。

using namespace Microsoft.Windows.PowerShell.ScriptAnalyzer.Generic
using namespace System.Management.Automation.Language

Import-Module PSScriptAnalyzer

function Test-UsingVarsWithNonAsciiCharacter
{
    # 変数に半角英数字以外の文字種が含まれていると警告するカスタムルール。
    [CmdletBinding()]
    [OutputType([DiagnosticRecord[]])]
    Param
    (
        [Parameter(Mandatory = $true)]
        [ValidateNotNullOrEmpty()]
        [ScriptBlockAst]
        $ScriptBlockAst
    )

    Process
    {
        [Ast[]]$variableAsts = $ScriptBlockAst.FindAll({
            param([Ast]$ast)
            $ast -is [VariableExpressionAst]
        }, $true)

        $variableAsts | 
        where {
            $_.VariablePath.UserPath -notmatch '^[a-zA-z0-9_]+$'
        }|
        foreach {
            $result = [DiagnosticRecord[]]@{
                "Message"  = "変数 `$$($_.VariablePath.UserPath) に半角英数字以外の文字種が使われています。"
                "Extent"   = $_.Extent
                "RuleName" = "AvoidUsingVarsWithNonAsciiCharacter"
                "Severity" = "Warning"
            }
            $result
        }
    }
}
Export-ModuleMember Test-UsingVarsWithNonAsciiCharacter

ついでにPesterのサンプルコードも。2つのパラメータを足し算する関数、Invoke-Additionに対するテストコードの例となります。

$here = Split-Path -Parent $MyInvocation.MyCommand.Path
$sut = (Split-Path -Leaf $MyInvocation.MyCommand.Path) -replace '\.Tests\.', '.'
. "$here\$sut"

Describe "Invoke-Addition" {   # テストの定義
    Context "足し算の実行" {   # テストのグループ化
        It "整数値を2個指定すると、足し算された結果が返る" {  # テストケース
            Invoke-Addition 3 5 | Should Be 8 # アサーション
        }

        It "小数値を2個指定すると、足し算された結果が返る" {
            Invoke-Addition 3.4 5.8 | Should Be 9.2
        }
    }

    Context "エラーの発生" {
        It "足し算できないものを指定するとエラー" {
            {Invoke-Addition 10 "x"} | Should Throw 
        }
    }
}

2015/05/10

第5回PowerShell勉強会でのセッション資料を公開します。

公開されたばかりのWindows Management Framework 5.0 Preview April 2015 、Windows 10 Insider Preview、Windows Server 2016 Technology Preview 2、そしてBuild 2015とMicrosoft Ignite期間中に発表になった情報をなるべく盛り込んでみました。

以下は今回資料を作るのに参考にしたサイト、記事群の一部です。

Windows Management Framework 5.0 Preview April 2015 何はなくともリリースノート。ただし全然まとまっていないので読みづらいです。

What's New in Windows PowerShell いわゆる更新履歴

Windows PowerShell Blog - Site Home - MSDN Blogs 特に直近の記事はすべて重要です

Windows Server Blog - Site Home - TechNet Blogs 上に同じく

Software Inventory Logging Cmdlets in Windows PowerShell SILコマンドレットのリファレンス

Jeffrey Snover | Speakers | Channel 9 PowerShell設計者であるJeffrey Snover氏のIgniteでの講演ビデオ、セッション資料

PowerShell v5 Undocumented Features List Altriveさんの作成されたundocumentedな新機能リスト

Windows Management Framework 5.0 Preview April 2015 がリリースされました - tech.guitarrapc.com ぎたぱそさんのまとめ記事

Windows Server 2016 Technical Preview 2 インストールと GUI の追加 村嶋さんの記事

Microsoft Ignite 2015 Keynote | ブチザッキ No.1によるIgniteキーノートまとめ

Nano Server関係は以下。ちなみにコンテナのPreviewは今夏だそうです。

Getting Started with Nano Server Technet公式記事だが、この手順通りでは動かないらしい

Create Nano Server VHDX file from WIM Altriveさん作成のNano Server構築スクリプト

Nano Server 取りあえずやってみた | ブチザッキ Nano Server構築

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(14):Windows Server 2016の新プレビュー版に「Nano Server」が搭載、その導入と管理方法 - @IT

山市良のえぬなんとかわーるど: 山市良版 Getting Started with Nano Server 山市良さんのNano Server記事

2015/04/14

JPPOSH(Japan PowerShell User Group)主催の、第5回PowerShell勉強会を5/9(土)に開催します。大阪での開催は3回目になります。会場はMicrosoft関西支店です。

セッションはお昼1時から4セッションあり、PowerShell大阪勉強会主催のwakaさんによる、「スクリプトの書き方」、私による「PowerShell 5.0 新機能」、ALM MVPのPosauneさんによる「C#er的Powershellの使い方」、岩城さんによる「PowerShellで行うOffice365の管理&メンテナンス」とのラインナップになっています。

今回は開発者視点の話が中心になりそうですが、基本的なスクリプトの書き方から実務への応用、そしてそろそろ全貌が見えてきた次バージョンの話まで、幅広く対応できる内容かと思います。ご興味のある方は、ぜひ、ご参加くださいませ。

今回の開催日は、アメリカで開催される大型カンファレンスである、Build 2015およびMicrosoft Igniteの直後ということもあって、私のセッションでは可能な限り両イベント開催中に新しく発表された情報を反映していこうと思っています。

先日発表になったばかりの、Windows Serverのコンテナ実行環境である、Nano Serverの詳細や、その上で動作するPowerShellの話なんかが出てくるんじゃないかなぁと思っていますが、どうでしょうね? お楽しみに。

2015/03/20

わんくま同盟大阪勉強会#62で行った、「PowerShell 5.0 新機能」セッションスライドを公開します。

WMF 5.0 Preview Feb. 2015時点でのPowerShell 5.0 / WMF 5.0の新機能は大体こんな感じにまとめられるかと思います。

  • Experimental design 
    • OneGet
    • PowerShellGet
    • クラス定義
    • DSC(Desired State Configuration)機能強化
    • デバッグ機能強化
    • スクリプトアナライザー
    • Auto-Generated Example-Driven Parsing
  • Stable design 
    • 監査機能の強化
    • CMS (CRYPTOGRAPHIC MESSAGE SYNTAX) コマンドレット
    • ODataエンドポイントのコマンドレット化
    • シンボリックリンク操作機能
    • zipファイル操作コマンドレット
    • Networkスイッチ管理用コマンドレット

新機能のうち、目玉となりそうなOneGet、クラス構文、DSC機能強化についてはいずれもまだ一部もしくは全部がExperimental designなので、今後もまだ仕様変更が入るものと思われます。(逆に仕様に物申すことができるチャンスは今だけ)

まだ正式版リリース(今年中?)までに新要素が入る可能性はありますが、全体像はそろそろ見えてきたと思います。現時点でも相当に新要素が追加されており、個人的にはv4→v5はv2→v3の時並のインパクトがあるアップグレードですので、今のうちに予習を始めておくのが良いかと思われます。

なお、近々、PowerShell勉強会@大阪(JPPOSH主催)でもPowerShell 5の話をする予定です。基本は同内容ですが、発表時点での最新情報を追加していこうと考えています。詳細が決まりましたらまた告知したいと思います。



Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books