2015/12/01

この記事はPowerShell Advent Calendar 2015の1日目です。

アドベントカレンダーは今年で5回目ですが、例年よりだいぶ参加者が少ないので、敢えて完走を目指さずまったりいきましょう。

とはいえ今年から来年にかけては、PowerShellの変革の年といっても過言ではないかと思います。

今年7月にはWindows 10のリリースとともに、WMF (Windows Management Framework) 5.0 / PowerShell 5.0 (2012R2/8.1向けにはProduction Preview)が登場しました。(私の書いたPS5.0新機能のセッション資料はこちら。)

PowerShell 5.0では特に、"Infrastructure as Code"、すなわちインフラの構成をコードで記述可能にし自動化するための機能である、PowerShell DSC周りが格段にパワーアップしています。DSCの機能増強により、Microsoft Azure等のクラウド、オンプレミスのサーバーはともに大きな恩恵を受けることが期待されます。Azure DSC Extensionも追従する形で凄まじい勢いでバージョンアップしてますね。

PowerShell 5.0の登場に合わせて、各種のPowerShell関係のモジュールやアプリケーションが新登場していますが、これらはいずれもOSS(オープンソースソフトウェア)となりました。

一例を挙げると、DSCで用いるロジック本体となる「DSCリソース」を作製する際に有用なDSCリソースキット、対応リポジトリをプロバイダという形で拡張可能であるパッケージ管理システムPackageManagement、PowerShellモジュールを専用リポジトリであるPowerShell Galleryからコマンド1発で取得可能となるPowerShellGet、PowerShellスクリプトの静的解析を行うスクリプトアナライザー、Windowsのみならず他プラットフォームの一括管理を目指すDSC for Linux等々です。

先日OSS化したばかりの、マルチプラットフォーム対応のコードエディタであるVisual Studio Codeと、PowerShellスクリプトが記述可能となるPowerShell Extensionあたりもトピックとして熱いですね。

Visual Studio 2015には、VSでPowerShellスクリプト開発を行うためのOSSなプラグインであるPowerShell Tools for Visual Studioが標準搭載されたことも記憶に新しいですね。(12/1追記)

逆に、PowerShellのテストスクリプトを記述するためのフレームワーク(DSL)であるPesterや、コンソールの入出力をパワーアップさせるPSReadlineといった、OSSで開発されている既存のPowerShellモジュールが、Windows 10に標準機能として取り込まれるなど、OSSとの関係性については大きく変化したと言えるでしょう。

そして次期Windows Serverである、Windows Server 2016の足音も聞こえてきました。現在はTP4が公開されており、試すことができます。Windows Server 2016の目玉は何といっても、Windows ContainersNano Serverでしょう。

アプリケーションをコンテナという単位で配置し、自由なすげ替え、あるいは使い捨てが可能な環境を構築するツールであるDockerというOSSに対し、インターフェースの互換性を持たせたWindows版コンテナがWindows Containersです。

そして、コンテナ機能を最大限に活用するためにフットプリントの最小化を目指し、GUIどころかコンソールすら廃した新しいWindows Serverの形態が、Nano Serverです。

Windows ContainersとNano Serverの管理は当然、PowerShellがメインとなります。また、ようやくWindowsにやってくる、SSHクライアントとサーバーはPowerShell上で動くようです。

PowerShellは5.0に進化することで、足回りを強化しました。そして各種OSSと連携して、クラウドとオンプレミスのサーバー群の基礎を支える存在として、ますます重要性を帯びていくことでしょう。

昨今のPowerShellを取り巻く状況は、私の理解ではざっとこんな感じです。この中に興味を持たれたテーマはありませんか? もちろん、新機能以外にも、まだまだ知られていない機能や利用法も埋もれていると思います。

もしそんなテーマがあったら、PowerShell Advent Calendar 2015で共有していただければ嬉しいなあと思います。

というわけで、例年にない感じの初日記事を書いてみました。今回のアドベントカレンダーもどうぞよろしくおねがいします。

2014/04/15

PowerShellはゆるふわな言語ですが、そのゆるふわさがたまによく牙を剥きます。今日はそんなお話。

あえとすさんがこんなツイートをされていました。

直観的には、$xには'A', 'B', 'C'の3要素が格納された配列となるのでLengthは3、$x[2]は最後の要素である'C'が入っていそうです。

さて、何故だかわかりますか。シンキングタイム3分。

…では解説です。

まず、'A' + @('B', 'C')というのは実は3要素の配列を返さず、単一の文字列を返します。というのもPowerShellは+, -等の二項演算子を利用する際、左辺と右辺の型が異なる場合は、まず右辺の型を左辺の型に暗黙の型変換を行ってから演算を行います。この場合だと右辺は@('B', 'C')なので文字列配列(厳密にはobject[])、左辺は文字列型なので、文字列配列が文字列に型変換されるわけです。

さて、ここで配列→文字列の型変換がどうやって行われるかという話なのですが、まず配列要素がそれぞれ文字列型に変換されます。この変換は型によってそれぞれ挙動が違いますが、特にPowerShell上で定義がない場合はToString()されたものが返されます。今回のは配列要素が元々文字列なので変換はありません。

次に、文字列同士がユーザー定義$OFSに格納されている文字列で連結されます。$OFSはデフォルトではnull(定義なし)なのですが、nullの場合は" "(半角スペース)として扱われます。

※ちなみにOFSとはOutput Field Separatorの略です。awkとかPerlとかにも同様の変数があり、PowerShellのはそれらを参考にしたものと思います。

よって、@('B', 'C')が文字列に変換されると、'B'と'C'が$OFSのデフォルトの" "で連結され、'B C'となります。変換の後+演算子が実行されて、'A'と'B C'が連結されるので、'AB C'となります。この値が$xに格納されるわけです。

$xには配列ではなく単一の文字列が格納されているので、Lengthプロパティはstringクラスのものが参照されるので、文字数を返却します。$xの中身はA,B,半角スペース,Cの4文字なので$x.Lengthは4になります。

また文字列変数に数値でのインデックスアクセスをすると、該当文字位置に格納されたchar型の文字が返されるので、$x[2]は$xに格納された3番目の文字(インデックスは0から始まるので)、' '(半角スペース)を返すわけですね。

これであえとすさんの疑問は解消したわけですが、じゃあ本来の目的である、「単一の値と配列を連結して配列を得る」にはどうするか、というと…

となるわけです。こうやって非配列値をあらかじめ@()により要素数1の配列にしておくと、+演算子の左辺と右辺がどちらも配列型となるため型変換は行われず、配列同士の+演算、すなわち配列の連結処理が行われるわけですね。

その1とありますがその2があるかは不明。なお、闇が沢山あるのは事実です。('A`)ヴァー



Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books