2014/03/23

昨日は、MVP Community Camp 2014の大阪会場にお越しいただき、ありがとうございました。

私のセッションスライドを公開します。

前回のエントリーでも書きましたが、DSCについては何度かセッションをやってきており、今回が一応の集大成的なものとなるかと思います。

今回はDSCというPowerShell4.0で追加された応用的な内容でしたが、4/12に開催されるPowerShell勉強会@大阪では基礎的なところからセッションをやる予定です。PowerShell勉強会@大阪については後ほど詳しく紹介エントリーを上げます。

さて、今回デモをやろうとしたんですが、見事に失敗してしまいました。大変申し訳ありません!

原因としてはHyper-Vにドメインコントローラー(兼、Configuration配布用サーバー)と設定対象サーバーの2台を同一ドメインに所属させていたのですが、手違いで設定対象サーバーからDCへの認証ができなくなっていて、結果、DSC反映時に必要なKerberos認証に失敗したためでした。やはりDCを仮想化させるのはいくらHyper-V 3.0でも注意深くやらないとダメですね。直前まではうまく動いてたんですけどもね…DCはやはり独立して用意すべきでした

本番ではデモに失敗したんですが、環境を再整備して動作することを確認しました。そこで、今回、デモで用いる予定だったスクリプトを一式、公開する事にしました。こちら:dsc_demo.zip

使用方法を以下に説明します。なお、すべては無保証なので、必ず、壊れてもいいサーバーを新規で用意してください。また、デモ環境をHyper-Vの仮想サーバーとしておくと、DSC適用前の状態のスナップショットを取れるのでいつでもデモ実行前の状態に戻せて便利です。

事前準備
  1. Configuration配布用サーバー(コンピューター名:dscpull)、設定対象サーバー(コンピューター名:target)を用意し、双方にWindows Server 2012 R2をGUI有効にしてインストールする。
  2. Windows Server 2012 R2がRTM版である場合は、General Availability Update Rollupを適用してGA相当にアップデートする(ビルド番号6.3.9600.16394の状態にする)。
  3. 両サーバーを同一ドメインに所属させる。
  4. 両サーバー間でKerberos認証が通りWinRMでリモート接続できることを確認しておく。
    たとえば、dscpullサーバーからEnter-PSSession targetとしてtargetサーバーにリモート接続できるかどうかで確認できます。
  5. dsc_demo.zip中に含まれるdscpullフォルダをConfiguration配布用サーバーのC:\直下にコピーする。
  6. dsc_demo.zip中に含まれるtargetフォルダを設定対象サーバーのC:\直下にコピーする。
Pushモードのデモ

このデモでは、dscpullサーバーでDSCをpushモードで実行することにより、「targetサーバーにIISをインストールし、Webサイトを作成し、開始する」という操作を適用します。よって、事前にtargetサーバーにはIISが入っていないことを確認しておいてください。

  1. targetサーバーのInstall_Website_Resource.ps1を実行する。
    この操作により、xWebAdministrationリソースモジュールがtargetサーバーに配置されます。
  2. dscpullサーバーのStart_Website_of_Target.ps1を実行する。
    この操作により、xWebAdministrationリソースモジュールがdscpullサーバーにも配置され、xWebSite等のリソースを呼び出すConfigurationに従ってMOFファイルを生成し、Start-DscConfigurationコマンドレットによって実際にMOFファイルの内容をtargetサーバーに反映させます。
    ※Pushモードの場合、カスタムリソースを利用する際は、実行側と対象の双方にカスタムリソースの事前配置が必要です。
  3. Start_Website_of_Target.ps1の実行が終了したら、targetサーバーをチェックして下さい。IISがインストールされ、IISマネージャ上ではDefault Web Siteは停止状態となり、MyWebSiteというサイトが作成され開始されていると思います。http://target/を開いてみてください。
  4. targetサーバーの設定を色々と変更して(Webサイトを停止する、削除する、IISをアンインストールする、InetPubフォルダのコンテンツを削除するetc)、再度Start_Website_of_Target.ps1を実行した場合でも、同じ設定に戻ることを確認してください。
Pullモードのデモ

このデモではまずdscpullサーバーにDSC Serviceをインストールし、PullサーバーとしてMOFファイルを配布できるようにします。続いてtargetサーバーの設定をPullモードにし、dscpullサーバーから設定を定期的に取得、反映させるようにします。(このデモでは「印刷サービス」(プリントサーバー)をインストールするConfigurationをサンプルとして利用しています)

  1. dscpullサーバーのInstall_DSC_Service.ps1を実行する。
    この操作により、xPSDesiredStateConfigurationリソースモジュールがdscpullサーバーに配置され、このモジュールに含まれるxDscWebServiceリソースを呼び出すConfiguration(Sample_xDscWebService)を実行し、Pullサーバーが構築されます。
  2. dscpullサーバーのDeploy_Config.ps1を実行する。
    この操作により、プリントサーバーをインストールするConfigurationからMOFファイル(ファイル名は対象サーバー名ではなく、対象サーバーを識別するConfigurationIDとなる)を生成し、New-DscCheckSumコマンドレットによりチェックサムファイルを出力し、両ファイルをPullサーバーのMOFファイル配布用フォルダにコピーすることで、設定の配置が完了します。
  3. targetサーバーのConfig_LCMforPull.ps1を実行する。
    この操作により、LCM(Local Configuration Manager)設定用のConfigurationからMOFファイルを生成し、Set-DscLocalConfigurationManagerによりMOFファイルを反映し、targetサーバーのLCMがPushモードからPullモードに変更されます。また対象サーバーを識別するためのConfigurationIDも定義します。このスクリプトを実行すると処理の最後で自動的に再起動を実行します。(DSCのモード切替は再起動後に反映されます)
  4. 再起動後、targetサーバーに印刷サービスがインストールされていることを確認してください。上手くいかない場合は、イベントビューアで”Desired State Configuration”を確認してください。またLCMのConfigurationに指定した間隔で設定が再反映されていること、あるいは新設定をPullサーバーに取得しにいっていることを確認してください。

2010/03/11

PowerShell的システム管理入門
―― PowerShell 2.0で始める、これからのWindowsシステム管理術 ――

@ITでPowerShellを使ったシステム管理入門の連載を始めました。どうぞよろしくお願いします。

月1更新の全10回を予定しています。予定はこちら。

第1回:PowerShellの概要―今回。概要の解説
第2回:PowerShellの基礎―PowerShellの基礎解説
第3回:ファイル/レジストリの操作
第4回:サービス/プロセスの操作
第5回:イベント・ログの操作
第6回:システム情報(WMI)の取得
第7回:ActiveDirectoryの操作
第8回:IISの管理
第9回:Hyper-Vの管理
第10回:Exchange 2007の管理

これまでWebにあるPowerShell記事は商用記事、個人ブログ問わず、どちらかというと言語的アプローチが多かったと思うのですが、今回の連載はPowerShell言語にフォーカスするのではなく、システム管理シェルとしての機能にフォーカスしています。PowerShellの開発者がシステム管理者に使ってほしいと思っているであろうシステム管理機能を勝手にランキングし、上位を取り出して目次にしました。PowerShell 2.0の段階ではたぶんこのあたりが美味しいと思っています。どうでしょう。ほかにもバックアップとか、フェイルオーバークラスタリングとか、グループポリシーとか、サーバー製品群でもSQL Server 2008とかもありますが、まずはこの辺からかなぁと。

この間、PowerShell2.0の新機能についても記事書いたのであわせてどうぞ。

それと直前の告知になってすみませんですが、今週の土曜日、名古屋でPowerShell 2.0のセッションやります。お時間の都合がつくかたでご興味があればこちらもぜひどうぞ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/03/11/187020.aspx

2008/12/07

Function GetSelfURL()
	If Request.ServerVariables("HTTPS")="on" Then
		sSelfURL = "https://"
	ElseIf Request.ServerVariables("HTTPS")="off" Then
		sSelfURL = "http://"
	End If
	sSelfURL = sSelfURL & Request.ServerVariables("HTTP_HOST") & Request.ServerVariables("PATH_INFO")
	sQuery = Request.ServerVariables("QUERY_STRING")
	If sQuery <> "" Then
		sSelfURL = sSelfURL & "?" & sQuery
	End If
	GetSelfURL = sSelfURL
End Function

環境変数PATH_INFOの意味はApacheとIISで違うのがミソですねー。このコード、DimとかすればASP.NETでも使えるけどRequest.Uriがあるからいらないですね。

IISでは"URL"と"PATH_INFO"は同じみたいですね。Apacheではhttp://hogehoge/hoge.cgi/aaa/bbb みたいにできて、PATH_INFOは/aaa/bbbの部分を返します。ASPではそもそもできないっぽいですね。ASP.NETだとできますが。その場合Request.PathInfoで取得できます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/12/07/162935.aspx

レガシASPでサイトを作ってると、Shift-JISなサイトを作るのが基本になると思います。なんでかというと、FileSystemObjectが基本的にShift-JISの読み書きにしか対応しておらず(UTF-16もいけますが)、いまどきのUTF-8を使うのはちょっと面倒です(FSOの代わりにADODB.Streamを使えば行けますけどどうでしょうねー?私はあんまり好きじゃないです)。

ただ、UTF-8な他のWebサイト/サービスと連携する場合はどうしても避けて通れません。そこでレガシASPでShift-JISなページを作る際、UTF-8文字列を扱う上で知っておくべきこと。

1. escape関数を使うとShift-JISでURLエンコードがされる

ASPはだいたいVBScriptで書くと思うんですが、隠し関数であるescape関数を使うとURLエンコードができます。ですが、escape関数は呼び出し元のページコードの文字コードでエンコードします。なのでShift-JISなページで呼び出すとShift-JISのエンコードURLを出力します。(ちなみにWSHで使うとUTF-16のものになる)

JScriptのencodeURIComponent関数はどんな場合でもUTF-8文字列を出力するので、これを使うといいでしょう。使い方はこうです。

Set sc = CreateObject("ScriptControl")
sc.Language = "JScript"
Set js = sc.CodeObject
Response.Write js.encodeURIComponent("文字列") 

逆にShift-JISなページでShift-JISなエンコードURL文字列を取得したい場合は単にescape関数を呼び出せばいいです。
さらに別なケースですがUTF-8なページでShift-JISなエンコードURLを取得したい場合は、こんな関数を使うといいんじゃないでしょうか

2. XMLHTTPでPostメソッドでSendする際は必ずUTF-8でURLエンコードがされる

Set xh = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
xh.Open "POST", "http://hogehoge/hoge.aspx", False
xh.Send "文字列"

このように何も考えずに書いても、勝手にUTF-8でURLエンコードされてPostされるので大丈夫です。

3. UTF-8なページのHTMLを読み込む際

標準機能だけでやろうと思うとADODB.Streamを使うしかないと思います。
ちなみに読み込むページの文字コードが不明の場合は判定した上で変換する必要がありますが、これはかなり面倒なので、BASP21を使うといいんじゃないでしょうか。

Function GetPageString(strUrl)
 Set bobj = CreateObject("basp21")
 Set oHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
 oHTTP.Open "GET", strUrl, False
 oHTTP.Send
 GetPageString = bobj.Kconv (oHTTP.responseBody,4)
End Function

これは引数にURLを与えるとそのHTMLを文字列として取得します。対象の文字コードが何であってもOKなのがミソ。

4. UTF-8のURLエンコードされたクエリ、あるいはPOSTされたデータを受ける際

これのやり方が分からない!具体的にはトラックバックpingなんかを受け取る際に困ります(さすがにShift-JISでトラックバックpingを送れ!というのはゴーマンだと思います)。私はここだけASP.NETを使って逃げました。どなたかやり方わかります?

追記。Request.BinaryReadしたやつをADODB.Streamにかけたあと&でsplitして=でsplitしてDictionaryに入れてdecodeURIComponentすればいけるかな?

ただし、ここだけASP.NETを使う際にも注意が必要です。まずweb.configの<system.web>セクションに

<globalization
requestEncoding="Shift-JIS" responseEncoding="Shift-JIS" fileEncoding="Shift-JIS"/>

というのを埋め込んで、まずレスポンスエンコーディングをShift-JISにしておきます。IISの設定でもいいですが。

続いてコーディング。Request.QueryStringやRequest.Formは使えないので、Request.InputStreamを使ってごりごり読まないと駄目じゃないかな・・・。なぜかVB.NETですがUTF-8なトラックバックpingをShift-JISなページで受けるサンプルコードを。

Dim str As System.IO.Stream
Dim counter, strLen, strRead As Integer
str = Request.InputStream
strLen = CInt(str.Length)
Dim strArr(strLen) As Byte
strRead = str.Read(strArr, 0, strLen)

Dim Forms As New Dictionary(Of String, String)

For Each item As String In Split(Encoding.UTF8.GetString(strArr),"&")
	If InStr(item, "=") Then
		Dim s As String() = Split(item, "=")
		If s.Length = 2 And Not Forms.ContainsKey(s(0)) Then
			Forms.Add(s(0), HttpUtility.HtmlEncode(HttpUtility.UrlDecode(s(1), Encoding.UTF8)).Trim().Replace(vbNullChar, ""))
		End If
	End If
Next

↑自分でも謎なコードを書いてたのでちょっとマシなのに修正。コンパイル通るかどうかわかりませんが・・・さらにゴミコードが残ってたのでバッサリ切りました。

ただし!これの問題は改行コードが消えることなんです。対処法は見つけていません(勘違いでした)。もっといい方法があったら教えてください。そもそもInputStreamを使わないでRequest.Formとか使いたいんですが、Shift-JISのところにUTF-8が来るとうまくいかないですねぇー。

というわけで長々と書きましたが、Shift-JISにこだわらなければこんなに苦労することはないです。FileSystemObjectがUTF-8を読み書きできないので私はSJISにこだわってるだけです。FSOはWSHからも使いますので・・・

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/12/07/162931.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Books

Twitter