2015/12/21

この記事はPowerShell Advent Calendar 2015の21日目の記事です。

PowerShellの属性

PowerShellには2.0から言語機能として「属性」機能が追加されました。PowerShellの属性はC#の属性とほぼ同じものですが、2.0〜4.0の時点では、高度な関数(Advanced Function)を作成するために関数に付与するCmdletBinding属性(記述上ではparamブロックに付与する形になる)、関数のパラメータに付与するParameter属性やAlias属性等、関数のパラメータや変数に付与する各種検証属性(Validate〜、Allow〜系)くらいしか使うことはなかったかと思います。

このうちパラメータ検証属性については、あえとす氏が以前詳しく解説しておられます。:パラメーターの検証属性について/前編 - 鷲ノ巣

PowerShellで属性クラスを作る

さて話は変わって、つい先日、WMF 5.0 / PowerShell 5.0がRTMしました。Windows 7/8.1、Windows Server 2008R2/2012/2012R2用のインストーラーが公開されたので、もう使っておられる方もいると思います。ぎたぱそ氏が一晩で解説記事を書いてくれてますね。

PowerShell 5.0では言語機能としてclass構文がついに追加されました。これでついにPowerShell言語も真の意味でオブジェクト指向言語の要素を完備したと言えるかと思います。

このclass構文、.NET Frameworkの既存のクラスを基底クラスとして継承するなんてことも、普通にできてしまいます。そこで私が考えたのは、もしかしてこれで属性も作れるんじゃない?ということでした。

v5のclass構文の基本的な部分の解説は、また別の機会にということにしまして、今回はいきなり、属性を作る話をしていきます。

ちなみにC#の属性については、属性 - C# によるプログラミング入門 | ++C++; // 未確認飛行 C が参考になります。PowerShellで属性を作る時も基本はだいたい同じかと思います。

属性クラスの例

属性パラメータ(コンストラクタ引数)にDescription、名前付きパラメータとしてNoを指定でき、classに適用可能なTest属性はこんな感じです。

[AttributeUsage([AttributeTargets]::Class)]
class TestAttribute : Attribute
{
    [string]$Description

    [int]$No

    TestAttribute($Description)
    {
        $this.Description = $Description
    }
}

これを利用する際は、まずこのclassを含むスクリプトをドットソースで実行することで、グローバルに読みこむ必要があるようです(同一スクリプト内に属性定義と属性利用をまとめて書くとうまく動作しない)。

呼び出し側では以下のように指定します。

[TestAttribute("クラスの説明", No = 1)]
class Foo
{
    $X = 1
}

通常なら[Test()]のように"Attribute"の部分は省略できるはずなんですが、これも何故かフルネームで指定しないとダメなようでした。

クラスに属性が正しく指定されているかどうかはリフレクションで調べます。

[Attribute]::GetCustomAttributes([Foo])

結果は

Description  No TypeId
-----------  -- ------
クラスの説明  1 TestAttribute

こんな感じです。

パラメータ検証属性を作る

これだけでは面白くないので、少し実用になるかもしれない属性を書いてみましょう。

ところで前述のあえとす氏の記事の後編では、C#でPowerShellのパラメータ検証属性を作る方法について解説されています。ただ、C#でPowerShellの実行空間にアクセスして、操作を行ったり情報を取得したりするのは、少し知識が必要な部分かと思います。

そこで、PowerShellで使う属性なんだからPowerShellで書いたら楽になるんじゃない?という発想で、パラメータ検証属性をクラス構文で書いてみました。

このサンプルは、パラメータ(または変数)値の型が、指定の型セットに含まれているかどうかを検証するものです。複数型を取るようにするためにパラメータの型を[psobject]にすることが良くありますが、この属性を利用して、指定可能な型を絞り込めるようになります。

using namespace System.Management.Automation

[AttributeUsage(([AttributeTargets]::Property) -bor ([AttributeTargets]::Field))]
class ValidateTypeSetAttribute : ValidateEnumeratedArgumentsAttribute
{
    [Type[]]$Types

    ValidateTypeSetAttribute($Types)
    {
        $this.Types = $Types
    }

    [void]ValidateElement([object]$element)
    {
        if(!($element.GetType() -in $this.Types))
        {
            throw New-Object ValidationMetadataException `
                "$($element.GetType().FullName) は許容されない型です。値は $($this.Types) のいずれかの型である必要があります。"
        }
    }
}

使い方は以下の通り。パラメータ検証属性の場合は、定義と同一スクリプト内で呼び出しても、"Attribute"を省略しても問題ないようです。

function test
{
    param(
        [ValidateTypeSet(,([int],[string],[double]))]
        [psobject]
        $obj
    )
}

test "a" #OK
test (Get-Process)[0] #NG

class構文のコンストラクタで可変長引数を定義する方法が分からなかったので、呼び出しがちょっと不格好ですが、そこはご容赦を。

2015/12/15

この記事はPowerShell Advent Calendar 2015の15日目の記事です。

はじめに

前々回前回は、PowerShellによるWebスクレイピングの具体的手法についてまとめました。ただ、スクレイピングはあくまで最後の手段であり、Webから何らかの文字列情報を取得するには、Web APIを用いるのが本道かと思います。

今回はPowerShellでWeb APIを用いるお話です。

Web APIとは

Web APIというのは、その名の通り、プログラムからWeb上のデータを取得したり、何らかのサービスの機能を実行したりするための、呼び出し方式を定めた規約です。

Web APIでは、HTTPリクエストに呼び出したい機能の内容を指定し、結果をHTTPレスポンスとして受け取るというのが一連の流れになります。

Web APIの主な実装方式としてはSOAPとRESTがありますが、このうち、XMLでリクエストを組み立てるSOAPは最近は廃れてきた感じです。

(PowerShellではSOAP APIはNew-WebServiceProxyコマンドレットで対応しています。が、今回は略。参考:PowerShell: ◆空港の場所と天気を調べる(New-WebServiceProxy)

最近はWeb APIといえばREST(REpresentational State Transfer) APIを指すことが殆どです。REST APIでは操作の対象となるリソース=URI(エンドポイントという)、呼び出し方式=HTTPメソッド(GET:データの取得, POST:データの作成, PUT:データの更新, DELETE:データの削除)、操作に対するパラメータ=クエリストリング(GETの場合)もしくはリクエストボディ(POSTの場合)、結果の返却=HTTPレスポンス(JSON、XML等)となるのが基本です。

また、RESTの呼び出しは基本的にステートレスなものとなります。要はセッション情報を持たない≒cookieを使わない、ってことです。

PowerShellではREST APIを簡便に利用するためにInvoke-RestMethodコマンドレットが用意されています。(ただしPowerShell 3.0から)

Invoke-RestMethodコマンドレットのパラメータ指定

Invoke-RestMethodコマンドレットのパラメータについては、実は前々回に取り上げたInvoke-WebRequestコマンドレットと同じです(IEのパーサーを使うことはないので、-UseBasicParsingも無いですが)。ただしREST APIの形式は前述の通りなので、利用するパラメータは限られてきます。具体的には

データ取得の場合

$response = Invoke-RestMethod -Uri エンドポイント(パラメータを含む) -Method GET

データ作成、更新の場合

$response = 
 Invoke-RestMethod -Uri エンドポイント -Method POST -Body パラメータ(連想配列あるいはJSONやXML等)

となるかと思います。

その他にOAuth等の認証情報を指定する場合は、-Headers @{Authorization="認証情報"}のような指定も必要になることがあります。

Invoke-RestMethodコマンドレットのレスポンス

Invoke-RestMethodコマンドレットがInvoke-WebRequestコマンドレットと異なる最大のポイントは、レスポンス文字列の種類によって、自動的に出力オブジェクトの型が切り替わるところです。

私の調べた限りでは以下のような対応になっているようです。

レスポンス文字列の種類 出力型
XML XmlDocument
RSS/ATOM XmlElement
JSON PSCustomObject
プレーンテキスト string
利用の具体例
AED検索

Microsoft MVPのはつねさんが公開されている、AED検索はREST APIでAEDの所在地情報を検索し、JSONで結果を得ることができます。

例えば兵庫県芦屋市のAED一覧を取得するには、

$response = Invoke-RestMethod https://aed.azure-mobile.net/api/aedinfo/兵庫県/芦屋市/
$response | Format-Table Latitude, Longitude, LocationName,
    @{L = "Address"; E = {
        "$($_.Perfecture) $($_.City) $($_.AddressArea)"
    }} -AutoSize

のようにします。

ここで$responseには、JSON形式のデータをパースしてPSCustomObject化したデータが格納されるので、あとはFormat-Tableコマンドレットで見やすい形で出力してあげれば良いでしょう。

結果はこんな感じです。

image

AED検索APIと、去年のアドベントカレンダーで紹介した、Windows 位置情報プラットフォームを用いて現在位置を取得するGet-GeoCoordinate関数を併用して、「現在位置の最寄りにあるAEDをGoogle MAP上で表示する」なんてこともできます。

$location = Get-GeoCoordinate
$response = Invoke-RestMethod "https://aed.azure-mobile.net/api/NearAED?lat=$($location.Latitude)&lng=$($location.Longitude)"
Start-Process "http://maps.google.com/maps?q=$($response.Latitude),$($response.Longitude)"

ここではREST APIにQueryStringでパラメータ(経度、緯度)情報を渡しているところと、レスポンスから生成されたオブジェクトのプロパティ値をマップ表示の際のパラメータとして利用しているところに注目してください。

RSS取得

RSSやATOMもREST APIの一種と考えて良いと思います。

ここではこのブログのRSSを取得する例を示します。

$response = Invoke-RestMethod http://winscript.jp/powershell/rss2/
$response | select @{L = "Title"; E = "title"},
    @{L = "Url"; E = "link"},
    @{L = "PublishDate"; E = {[DateTime]::Parse($_.pubDate)}},
    @{L = "Description"; E = {
        ($_.description -replace "<.+?>").
        PadRight(50).Substring(0,50).TrimEnd() + "..."
    }}|
    Format-List

Descriptionの加工がやや適当(HTMLタグっぽいところを削除して50文字に切り詰めてるだけ)ですが、少し見やすくしています。結果は以下のように表示されます。

image

RSSの結果は、1エントリがXMLElement型のオブジェクトとして出力されるので、データの取扱いが比較的楽だと思います。

レスポンスがXMLなREST APIの良い例がなかったので省略してますが、基本的には前回取り上げた、XHTMLをXMLとしてパースする方法と同じやり方です。ただInvoke-RestMethodの場合は[xml]型アクセラレータによる変換は不要で、いきなりXmlDocumentオブジェクトが得られます。

現状の問題点

レスポンスがコールバック関数つきのJSONP形式であるとかで、JSON、XML、RSS/ATOMのいずれの形式にも適合しない場合はプレーンテキストとして出力されてしまいます。

その場合は、出力文字列を適宜加工した後に、[xml]型アクセラレータや、ConvertFrom-Jsonコマンドレット等により手動でオブジェクト化するようにしてください。もっとも、その場合は敢えてInvoke-RestMethodを使わずInvoke-WebRequestで充分ですが。

あとWeb APIというのは大抵(特にPOSTの場合)、認証を要するのですが、最近よくあるのはTwitter等でもおなじみのOAuth認証です。ところがOAuth認証は結構めんどくさい処理で、何らかのライブラリを使わないとしんどいです。残念ながらPowerShellの標準コマンドレットには存在しないので、自前で頑張って書くか、既存のライブラリやコマンドを利用することになるかと思います。

今回そこまで説明できませんでしたが、また機会があれば。

2013/02/21

一般的な Web Programmer ならば、HTTP Status code はすべて暗記していると聞きました。

しかし、僕は初心者なので、なかなか覚えきれていないので、HTTPのステータスコードをさがすのに便利な PowerShell 関数を用意しました。Get-HttpStatusCode 関数です。インストール方法は以下のコードをprofile.ps1にコピーするなどです。

function Get-HttpStatusCode
{
    param(
        [string]$Code
    )
    begin
    {
        $enumType = [System.Net.HttpStatusCode]
        $codeNames = [enum]::GetNames($enumType)
        $codes = $codeNames |
        %{
            [pscustomobject]@{
                Code = [string][long][enum]::Parse($enumType, $_)
                Description = $_ -creplace "([a-z])([A-Z])",'$1 $2'
            }
        }
    }
    process
    {
        if(![string]::IsNullOrEmpty($code))
        {
            $codes|?{$_.Code.IndexOf($Code) -eq 0 -or $_.Description.IndexOf($Code) -eq 0}
        }
        else
        {
            $codes
        }
    }
}

使い方は以下のとおりです。

4xx なコードを列挙する。

PS> Get-HttpStatusCode 4

Code                                    Description
----                                    -----------
400                                     Bad Request
401                                     Unauthorized
402                                     Payment Required
403                                     Forbidden
404                                     Not Found
405                                     Method Not Allowed
406                                     Not Acceptable
407                                     Proxy Authentication Required
408                                     Request Timeout
409                                     Conflict
410                                     Gone
411                                     Length Required
412                                     Precondition Failed
413                                     Request Entity Too Large
414                                     Request Uri Too Long
415                                     Unsupported Media Type
416                                     Requested Range Not Satisfiable
417                                     Expectation Failed
426                                     Upgrade Required

40x なコードを列挙する

PS> Get-HttpStatusCode 40

Code                                    Description
----                                    -----------
400                                     Bad Request
401                                     Unauthorized
402                                     Payment Required
403                                     Forbidden
404                                     Not Found
405                                     Method Not Allowed
406                                     Not Acceptable
407                                     Proxy Authentication Required
408                                     Request Timeout
409                                     Conflict

500 ってなんだっけ?

PS> Get-HttpStatusCode 500

Code                                    Description
----                                    -----------
500                                     Internal Server Error

403 ってなんだっけ?

PS> Get-HttpStatusCode 403

Code                                    Description
----                                    -----------
403                                     Forbidden

Bad なんとかってなんだっけ?

PS> Get-HttpStatusCode Bad

Code                                    Description
----                                    -----------
400                                     Bad Request
502                                     Bad Gateway

とりあえず全部みるか。

PS> Get-HttpStatusCode

元ネタ:httpstatus コマンドで、HTTP のステータスコードをすばやくしらべる! - tokuhirom's blog.

ネタなんで蹴らないで…

2009/10/28

PowerShell 2.0のXP/Vista/2003/2008用の正式版が10/26にリリースされました。

Description of the Windows Management Framework on Windows XP, Windows Server 2003, Windows Vista, and Windows Server 2008
http://support.microsoft.com/kb/968929/en-us

結局、日本語版のインストーラーがどこにあるのか分かりにくいので直リンクをどうぞ。

2008 x86
2008 x64
2003 x86
2003 x64
Vista x86
Vista x64
XP

パッケージに関して、くわしくはこちらの記事を。

Windows PowerShell Blog : Windows Management Framework is here!
http://blogs.msdn.com/powershell/archive/2009/10/27/windows-management-framework-is-here.aspx

Shigeya Tanabe's blog : XP, Vista, Windows Server 2003, 2008 向けの Windows Powershell 2.0 が公開されました
http://blogs.technet.com/stanabe/archive/2009/10/28/powershell-for-xp-vista-ws03-ws08-released.aspx

さて、PowerShell 2.0は1.0と同居できないため、1.0がインストールされている環境だとインストーラーではねられます。まずは1.0をアンインストールしてください。2008では機能の削除、2003などではプログラムの追加と削除から、「更新プログラム」チェックをつけて「kb926140」を削除してください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/10/28/182502.aspx

2008/05/19

PowerShellでWMIを使ってWindowsUpdateなどで当たったセキュリティパッチ一覧を取得する方法

Get-WMIObject Win32_QuickFixEngineering

応用としてKB936330が当たってるかどうかを調べるには

PS C:\Users\daisuke> gwmi Win32_QuickFixEngineering |?{$_.HotFixID -eq "KB936330
"}


Description         : Service Pack
FixComments         :
HotFixID            : KB936330
Install Date        :
InstalledBy         : S-1-5-18
InstalledOn         : 01c896d3d9a071f6
Name                :
ServicePackInEffect :
Status              :

値が帰ってきたら適用済み。さらに応用すると、Vista SP1を当てるために必須のKB935509 、 KB938371 、 KB937287 が当たってるかどうか調べる方法

PS C:\Users\daisuke> gwmi Win32_QuickFixEngineering |?{"KB935509","KB938371","KB
937287" -contains $_.HotFixID}
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/05/19/138433.aspx

2007/11/27

True

どっちか要らない子なんじゃ・・・違いがわからないよー

これだけではなんなのでミクシィから適当にコピペ

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
[powershell]new-service何のために
2007年11月26日19:04

あるのかよくわからんー
新しくサービスを登録するっていうんだけど、そういうのってインストーラーの仕事じゃ・・・
おまけにRemove-Serviceコマンドレットがないから作っても削除できないw
sc.exe delete hoge
としないといけない。
sc delete hogeだとSet-Contentのエイリアスが動いちゃうw
なんかすげー危ないコマンドレットな気がするよ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

VistaにはWin32_LogicalMemoryConfigurationないんだ

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa394181.aspx
Windows XP and Windows Server 2003: This class is no longer supported. Use the Win32_OperatingSystem class instead.

ほう

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

http://www.anchorsystems.co.jp/anchor/ashp/netmon/faq.html
ファイヤウォールが WMI 呼び出しをブロックしてしまうためです。 Windows 2003 SP1 と Windows XP では、デフォルトでファイヤウォールが ON になっています。ファイヤウォールに WMI 呼び出しを通過させるようにするには、以下のスクリプトを実行してください。
Set objFirewall = CreateObject("HNetCfg.FwMgr")
Set objPolicy = objFirewall.LocalPolicy.CurrentProfile
Set objAdminSettings = objPolicy.RemoteAdminSettings
objAdminSettings.Enabled = TRUE
これで WMI 呼び出しが許可されます。

ファイアウォール嫌いー

リモートでGet-WMIObjectするときにひつよう

----------------------------------------------------------------------------------------------------

[PowerShell]Get-Serviceしょぼすぎ
2007年11月26日00:55

Get-Serviceの戻り値が.NETのSystem.ServiceProcess.ServiceControllerなんすけど、Descriptionプロパティとかないねんな。
でもSet-ServiceでDescriptionを設定できたりする。どうやってちゃんと設定できたかを確認するかはget-wmiobject win32_serviceで調べるらしいwなんだこの中途半端な実装は。
ServiceControllerオブジェクトに対しps1xmlファイルでDescriptionやStartModeをScriptPropertyにして実装しとけよーと思った。せっかく拡張できるんだからさ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
Select-String使えん・・・
2007年11月25日00:10

PS C:\script> select-string "aa" *.ps1
attrib.ps1:7: # Get-Item?R?}???h???b?g??p???AAttributes?v???p?e?B??B
文字化けしとるがな
Shift-JISのファイルも検索・表示できないとはかなり終わってますね
せめて文字コードを指定できるようにしてくれー

UTF8はいけます
 
.NET Frameworkには文字コード判別のクラスとかないのかな・・・
前探してなかった気もする
文字コードを判別する: .NET Tips: C#, VB.NET, Visual Studio
http://dobon.net/vb/dotnet/string/detectcode.html
こういうごり押しが必要なのねー

----------------------------------------------------------------------------------------------------

あと&{スクリプトブロック} は、C#の{}空ブロックと同じことができるらしいー

要するに変数がその中でのみ使われてスコープ抜けたら破棄されるという

これを応用すればtrap文でtry catchみたいなこともできるらしいー

詳しくはPowerShellインアクションを買おう!w

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/27/110583.aspx

2007/07/19

共通パラメータ以外にも共通のパラメータって結構ありますよね。それを列挙してみました。

get-command -type cmdlet|%{$_.parametersets|
%{$_.parameters}}|group name|sort count -des

結果

Count Name                      Group
----- ----                      -----
  206 ErrorAction               {ErrorAction, ErrorAction, ErrorAction, ErrorAction...}
  206 Debug                     {Debug, Debug, Debug, Debug...}
  206 Verbose                   {Verbose, Verbose, Verbose, Verbose...}
  206 OutBuffer                 {OutBuffer, OutBuffer, OutBuffer, OutBuffer...}
  206 OutVariable               {OutVariable, OutVariable, OutVariable, OutVariable...}
  206 ErrorVariable             {ErrorVariable, ErrorVariable, ErrorVariable, ErrorVariable...}
   80 WhatIf                    {WhatIf, WhatIf, WhatIf, WhatIf...}
   80 Confirm                   {Confirm, Confirm, Confirm, Confirm...}
   72 Force                     {Force, Force, Force, Force...}
   71 Exclude                   {Exclude, Exclude, Exclude, Exclude...}
   70 Include                   {Include, Include, Include, Include...}
   61 PassThru                  {PassThru, PassThru, Passthru, PassThru...}
   59 Credential                {Credential, Credential, Credential, Credential...}
   58 Name                      {Name, Name, Name, Name...}
   47 Filter                    {Filter, Filter, Filter, Filter...}
   46 Path                      {Path, Path, Path, Path...}
   42 InputObject               {InputObject, InputObject, InputObject, InputObject...}
   31 LiteralPath               {LiteralPath, LiteralPath, LiteralPath, LiteralPath...}
   17 Value                     {Value, Value, Value, Value...}
   15 Scope                     {Scope, Scope, Scope, Scope...}
   12 Property                  {Property, Property, Property, Property...}
    9 Encoding                  {Encoding, Encoding, Encoding, Encoding...}
    8 Destination               {Destination, Destination, Destination, Destination...}
    8 FilePath                  {FilePath, FilePath, FilePath, FilePath...}
    8 Description               {Description, Description, Description, Description...}
    8 DisplayName               {DisplayName, DisplayName, DisplayName, DisplayName...}
    7 PSProvider                {PSProvider, PSProvider, PSProvider, PSProvider...}
    7 Option                    {Option, Option, Option, Option...}
    6 Recurse                   {Recurse, Recurse, Recurse, Recurse...}
    6 NoClobber                 {NoClobber, NoClobber, NoClobber, NoClobber...}
    6 Category                  {Category, Category, Category, Category...}
    6 Resolve                   {Resolve, Resolve, Resolve, Resolve...}
    5 Message                   {Message, Message, Message, Message...}
    5 CaseSensitive             {CaseSensitive, CaseSensitive, CaseSensitive, CaseSensitive...}
    5 StackName                 {StackName, StackName, StackName, StackName...}
    5 Id                        {Id, Id, Id, Id...}
(5未満は略)

あれなんで200以上あるのかな、まあいいや細かいことは気にしない。31 LiteralPathくらいまでが重要そうです。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/07/19/86015.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books