2009/10/22

10/31 Admintech.jp大阪勉強会でPowerShell 2.0の話をします。内容的にはサーバー管理者向けに2.0の新機能を中心にPS2を概説するという感じです。わんくまで7/4しゃべった内容のRTM版対応という感じです。
http://itpro.admintech.jp/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E817%B2%F3+Admintech%2Ejp%CA%D9%B6%AF%B2%F1

お時間があるかたでご興味のあるかた、ぜひどうぞ。
Active Directoryの大家、小鮒さんの講演が聴けます!(PowerShell 2.0のActive Directoryモジュールの話もしてくださるみたいです)

この日はWindows 7のイベントが大阪であるそうで、ちょっとかぶってしまいましたが、どちらも魅力的なイベントだと思いますのでどちらかぜひぜひ。

あと、その前の週というか今週の土曜日ですが、わんくま大阪勉強会もありますのでみなさんふるってご参加ください。グループディスカッションがあって面白そうですよ。こちらは私は今回スタッフ参加です。http://wankuma.com/seminar/20091024osaka32/Default.aspx

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/10/22/182321.aspx

2009/06/30

Windows Server 2008 R2ではPowerShell v2が標準機能ですが、v2の目玉の一つとしてリモートでサーバーのPSを実行できる機能があります。

詳しくは、7/4の大阪のセッションでデモを交えてお話しできると思いますが、http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2008.08.windowspowershell.aspxを読んで予習しておくのもいいかと思います。

なお、この記事が書かれたときの最新バージョンのCTP2から変更点があり、コマンドレット名が若干変わっています。

New-RunSpace→New-PSSession

push-runspace→Enter-PSSession

pop-runspace→Exit-PSSession

さて、PSRemotingはWinRM2.0を用いたリモート通信なのですが、WinRM2.0は認証にKerberos認証を用います。Active Directoryにログオンしたクライアントから

New-PSSession ServerName

のようにすると、ログオン時の認証情報が用いられ、認証され、通信が始まります。しかし、ログオン時とは異なる認証情報を送る必要がある場合もあるので、そのときは-credentialパラメータを使います。

New-PSSession ServerName -credential (Get-Credential)

のようにすると、認証ダイアログが表示されるので、ユーザー名とパスワードを入れて認証情報を送りログオンすることができます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/06/30/176828.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books