2009/07/20

こんにちは、むたぐちです。

PowerShellによるWindowsサーバ管理術(永尾 幸夫、小鮒 通成、国井 傑、竹島 友理、牟田口 大介 著)という書籍が、ソフトバンク クリエイティブから2009/07/30に発売予定です。私は1章と2章を執筆させていただきました。

おそらく国内では初の、PowerShell ver.2を使ったスクリプトベースでのWindowsサーバー管理ノウハウの書籍です。ぜひ本屋さんでお手に取ってみてください!

PowerShell ver.2はまだCTP3ですが、いずれWindows Server 2008をはじめ各種OS用のモジュールが提供される予定です。Windows Server 2008 R2とWindows 7ではPSv2が標準機能となっており、現在これらは製品版に近いRC版が公開されていますが、これに含まれるPSv2はほぼ完成しています。そのため、このバージョンのPSv2でも本初収録のスクリプトは動作することを確認しています。そのため、PSv2正式版が公開されてもこの本は問題なく使用できると思います。

# ただ一点だけ、Enable-PSRemotingというコマンドレットがCTPでは関数だったりps1ファイルだったり何となくまだ仕様が謎だったので、winrm quickconfigを使ってありますw

目次はこのような感じです。

第1章 Wndows PowerShellという環境
第2章 PowerShellの基礎知識
第3章 プロセスの管理
第4章 ActiveDirectoryとユーザー管理
第5章 システム情報の管理
第6章 サービスの管理
第7章 イベントログの管理
第8章 ExchangeServerの管理

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/07/20/178462.aspx

2007/09/24

Windows Server World Online - 月刊Windows Server World 最新号の案内
http://www.windows-world.jp/mag/ 

システム管理に使えるスクリプトを作る!

PowerShellスクリプティング・テクニック【実践編】


 本特集の基本編(2007年10月号掲載)では、新たに登場した強力なコマンドシェルである「Windows PowerShell」(以下、PowerShell)のスクリプトを構成する変数や関数、各種制御フローの使い方と、スクリプトを作成する際のポイントを紹介した。続編となる今回は、実際にシステム管理作業に使えるPowerShellスクリプトを例に、PowerShellでのスクリプトの書き方について、より実践的に解説していく。また、過去にVBScriptで作成したスクリプトをPowerShellで使う方法など、“PowerShell使い”を目指す読者必見の情報も満載している。本特集で紹介するサンプルスクリプトを参考にしながら、ぜひ自分でもPowerShellのスクリプト作りに挑戦してみてほしい。

Windows Server World 11月号にPowerShellの記事を書きました。もしよかったら本屋さんで手に取ってみてください。前にブログでやったやつのリファイン、テクニック解説つきバージョンです。ほかの方も何人か執筆されているのでそれも要チェックですよ!

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/09/24/97718.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books