2014/03/27

去年12月、東京でJapan PowerShell User Group (JPPOSH)第一回PowerShell勉強会が開催されましたが、来たる4/12(土)13:30より、大阪でも「PowerShell勉強会@大阪」が開催されます!

場所は阿倍野市民学習センターで、阿倍野駅/天王寺駅/阿部野橋駅が最寄りとなります(あべのハルカスの近くですね)。なお、参加費として500円を集めさせていただきますので予めご了承ください。

セッション内容は以下のとおりです。

  1. 「PowerShell『再』入門2014」 by 牟田口
    バージョン1登場から8年目を迎えたPowerShellの現状をまとめ、2014年版のPowerShell入門セッションという形で行なおうと思います。これからPowerShellを扱われる方はもちろん、これまで利用されていた方にも2014年現在のPowerShellの立ち位置の再確認、最新バージョンの4.0新機能等、参考になる内容としたいと思っています。
  2. 「PowerShellをクライアントで活用」 by wakaさん
    サーバー管理用シェルとして登場したPowerShellではありますが、クライアントOSであるWindows 7、8、8.1にも標準搭載され、最初から使えるスクリプト環境としての側面もあります。今回の勉強会主催者でもあるwakaさんに、クライアントサイドでPowerShellを活用するセッションをしていただける予定です。
  3. 調整中(Active Directory/Azure系の予定) by ちゅきさん
    Windows Serverの要の機能といえばやはりActive Directoryですよね。そしてWindows Azure改めMicrosoft Azureというクラウド環境の重要性も増す一方です。Windows Serverにおいてはオンプレもクラウドも、管理にはPowerShellが不可欠です。今回、Microsoft MVP for Directory Servicesのちゅきさんに、ADを中心としたPowerShellによるWindows Server/Azureの管理方法についてセッションしていただける予定です。
  4. 「Windows における PowerShell での デプロイ - DSC と リモーティング」by ぎたぱそさん
    東京の謎社で日夜PowerShellを用いた運用業務に携わり、Twitterやブログで積極的にPowerShell情報を共有されておられるぎたぱそさんが来阪して、PowerShellによるデプロイについてのセッションをしてくださいます。PowerShell 4.0で登場したDSCについても実際の業務での使いどころ等を語っていただけるのではないかと思います。

まだまだ残席ございますので、お近くの方でご興味をお持ちの方は、ぜひとも4/12は基本から応用まで内容盛りだくさんのPowerShell勉強会@大阪へお越しくださいませ! 懇親会もありますよ!

2006/09/21

データ型について理解を深めよう − @IT

第5回です。VBScriptにおけるデータ型の話題を取り上げました。ご存知のとおり、VBScriptには型がなく、すべてバリアント型であるわけです。が、実際は内部で扱われる型を意識しないとうまくコードが書けないことがしばしばあって、型の知識は不可欠と思い、今回連載1回分を割いて、これでもかとばかり詳説しました。

たぶんこれを読めば型でつまずくことはなくなると思います…が、初心者の方がついてこられてるかどうかちょっと心配です。なるべく分かりやすくと思って書いたのですがどうでしょうか。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/09/21/39270.aspx

2006/07/06

使用可能なCmdletを列挙し、cmdlet.txtに出力します。

get-command -type cmdlet|sort Name|out-file "cmdlet.txt"

使用可能なCmdletの数をカウントするには次のようにします。

get-command -type cmdlet|measure-object

RC1ではCount : 129と出ます。多いですね。これを分類してやろうと思っているのですが、いい分類方法はあるでしょうか。beta2の段階で出ていた書籍、Monad, by Andy Oakley では、

  1. System
  2. Objects
  3. History
  4. Cmdlet
  5. Providers
  6. Operating System Components
  7. Output Formatters
  8. Aliases、Miscellaneous
  9. Variables
  10. Input/Output
  11. Security
  12. Debugging

と分類されていたようです。とりあえずPowerShellをシェルとして使うにはCmdletの知識が不可欠なので、この情報はなるべく早めに提供していこうと思います。とりあえず1日1Cmdletのペースでデータベースを作れたらいいなぁと思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/07/06/31794.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books