2016/09/18

デモ用スクリプトダウンロード

8/27、コンピュータの舞台裏 (第7回) で行った、「PowerShellで始めるWindows 自動化入門」というセッションの資料を公開します。とても遅くなってすみません。

コンピュータの舞台裏は、コンピュータの仕組み、基礎の部分から扱う勉強会ですので、私の方からは、自動化ってそもそも何がうれしいの?というところから話をさせていただきました。

コンピュータの自動化手法として、プログラム言語やスクリプト言語を利用する方法がまず挙げられると思いますが、昨今は無料で使える言語がたくさんあります。その中でも、「システム管理用」を銘打つPowerShellは、システムの構成要素として重要な「ファイル」を扱うことにかけては、強力かつ簡単だと思います。というわけで、目の前のコンピュータの自動化の第一歩として、PowerShellを触ってみるのは悪くないんじゃないかと思っています。

2015/07/01

6/27、兵庫県芦屋市で開催されたAsiyan Automation Alliance 2015でのセッション資料を公開します。

Asiyan Automation Alliance 2015はその名の通り、自動化をテーマにした勉強会で、みうみう氏を中心とした運営メンバーにより開催されました。実は前年もAsian Automation Alliance 2014として兵庫県尼崎市で開催されており、今回はその続編であったようです。

実は私は芦屋市在住なんですが、地元で開催されるIT系勉強会に参加するのも、登壇するのも初めてで、中々貴重な経験でした。(単なるダジャレかと思いましたが、芦屋市民センターでのIT勉強会の開催実績は他にもあるそうです)

ちなみにAAAには前回も参加したのですが、前回はPowerShellのセッションがないからという理由で「PowerShell「再」入門2014〜short version〜」という突撃LTをしてきました(この時の資料は上げてませんが、http://winscript.jp/powershell/275と大体同じです。)。

今回は、1セッションの時間を頂けたので、改めてPowerShellを中心としたMicrosoftの提供する最新の自動化手法についてご紹介しました。割と総集編的な内容としましたが、いかがでしたでしょうか。

オンプレのWindows ServerやMicrosoft Azureはもちろん、最近はLinuxなど他プラットフォームへの浸食(?)も目立つようになってきました。この辺りの情報は非Microsoftクラスタの方にも積極的に情報提供したいと思っていますし、いろいろ情報交換させていただきたいですね。

2015/06/14

わんくま同盟大阪勉強会#63でのセッション資料を公開します。

デモで使用したサンプルスクリプトも併せてご利用ください。

わんくま同盟の勉強会は今回の大阪#63で10年目に入ったのですが、実は私も9年前の大阪#4で勉強会セッションデビューをしていたりします。

さて、今回はPowerShell DSCリソースを作成するというテーマで話しました。DSCでは管理対象ごとにロジック(リソース)と設定(Configuration)を分離でき、一貫性を持ったインフラ構成の自動化が可能になる素敵な機能です。が、いかんせん、ビルトインリソース(OS標準で含まれるリソース)の種類が少ないので、実際の業務で使うにはカスタムリソースを作成する必要が出てくると思います。

今回のデモでは、テキストファイルの中身を自動構成するという、ごく単純なサンプルを作成して実演してみましたが、考え方や実装方法の基本はこれでカバーできるのではないかと思います。

より詳しくは、ぎたぱそ氏の記事を読んでいただければ良いかと思います。本番で使えるPowerShell DSCリソース作成入門 - Build Insider

サンプルスクリプトの説明
  1. 事前準備

    今回のデモはWin10 Insider Preview(PowerShell 5.0)上で行いましたが、PowerShell 4.0環境でもおそらく動作すると思います。なお、今回のConfigurationはローカルコンピュータに対しPush適用(Start-DscConfigurationコマンドレットによる手動適用)することを想定しています。あらかじめ、DSCが実行可能な環境(スクリプト実行ポリシー、PSリモーティング、Local Configuration Managerの設定等)を整えておいてください。また、スクリプトはすべて管理者権限で実行してください。

  2. xDSCResourceDesignerのインストール

    DSCリソースのひな形を作成するためのxDSCResourceDesignerをインストールします。v5環境であればPowerShellGetを用い、Install-Module xDSCResourceDesigner で入ります。v4環境の場合はTechnetからDSC Resource KitをDLしてください。

  3. xDSCResourceDesignerの使用方法の確認

    xDSCResourceDesignerの使用方法を確認します。make_Foo_resource_template.ps1を実行すると、xDSCResourceDesignerを用いてDSCリソースFooのひな形が$env:ProgramFiles\WindowsPowerShell\Modules\TestResourceに作成されます。ひな形がどのように作成されるかを確認してください。また、Get-DscResource -Name Fooとして、DSCリソースがきちんと認識されているか、確認してください。

  4. TextFileLineリソースの作成

    今回のデモで作成したTextFileLineリソースは、make_TextFileLine_resource_template.ps1を実行してまずひな形を作成しました。作成されたひな形を用いて、TextFileLine.psm1に実際のロジックを記述し、DSCリソースを完成させました。zipに含まれるTestResourceフォルダの中身が、今回作成したDSCリソースモジュールになりますので、まずは内容を確認してみてください。特に、Set-TargetResource関数はどのように実装すると冪等性を保持して作成できるのかを念頭に置いてみてください。

  5. TextFileLineリソースの展開

    zipに含まれるTestResourceフォルダを$env:ProgramFiles\WindowsPowerShell\Modules\の下にコピーしてください。

    Get-DscResource -Name TextFileLineとしてDSCリソースが認識されていることを確認してください。

  6. TextFileLineリソースを用いたConfigurationの作成

    start_dsc_configuration.ps1に含まれる、TextFileLineTestが、今回適用してみるConfigurationになります。

    start_dsc_configuration.ps1を実行すると、ドキュメントフォルダにmofファイルを生成し、Start-DscConfigurationコマンドレットにより設定を反映させます。

    正しくConfigurationが適用されれば、ドキュメントフォルダにlist.txtというファイルが生成し、中にプログラム言語のリストが記入されているはずです。

  7. Configurationが反映されたことを確認

    Test-DscConfigurationコマンドレットを実行すると、現在の状態とConfigurationに書かれた状態が一致していればTrueと表示されます。今はConfigurationを適用した直後なのでTrueになるはずです。

    またGet-DscConfigurationコマンドレットを実行すると、現在の各プロパティの状態を表示してくれます。

    list.txtに含まれる行をテキストエディタで編集して上書きしたりすると、Test-DscConfigurationの結果はFalseになるはずです。

    list.txtを手動で変更した状態で、再度start_dsc_configuration.ps1を実行すると、再びConfiguration通りの状態に戻ると思います。その際、変更のなかったプロパティに関しては、処理がスキップされていることをログをみて確認してください。

  8. その他

    Configurationを色々書き換えて試してください。例えばEnsure="Absent"にすると対象項目が存在しない状態になります。

2013/12/22

12/21東京、六本木ヒルズの謎社こと株式会社グラニで開催された、ぎたぱそ氏主催第1回 PowerShell勉強会で「PowerShell Desired State Configuration (DSC) について」というセッションをしてきました。以下にセッションで用いたpptx資料を公開します。(なお、このセッションは以前、福井で行なったセッションのブラッシュアップ版となります。)

諸事情でデモが行えず、時間が余りまくって大変もうしわけありませんでした。次にDSCセッションをやるときにリベンジしたいと思います。

PowerShellが登場してもう7年になりますが、PowerShell単独の勉強会で40人もの集客ができるようになったのは実に感慨深いです。今回の勉強会でも会場の皆さんが熱心にセッションを聞いておられたのが印象深く、PowerShellが「知る人ぞ知る存在」から「知っておくべき存在」に完全にシフトしたのを感じました。

今回の勉強会は、Japan PowerShell User Group (JPPOSH)というコミュニティーグループの第一回のイベントということで、今後もこのコミュニティに何らかの形で協力していけたらなあ、と思います。

2012/03/07

3/24(土)に広島の日本マイクロソフト株式会社中四国支店で第27回.NET 勉強会 / ヒーロー島が開催されます。今回のテーマは「ハンズオンでPowerShellに触れてみよう」ということで、丸一日かけてPowerShellセッションとハンズオンが行われます。

.NET 勉強会 / ヒーロー島 - 第27回勉強会

私はこのうちハンズオンのスピーカー(進行?)を担当させていただきます。ハンズオンの前に行われるセッションにはマイクロソフトエバンジェリストの安納さんがスピーカーをされ、PowerShell概要、そして3.0のお話をしていただきます。

ハンズオンというのは通常のセッションのようにスピーカーの話を聴くのがメインのスタイルではなく、講師の指示にしたがいながら実際に自分のノートPCで操作を行い、学習を進めていく方式になります。今回はPowerShellの基本操作を学ぶハンズオンにしていきたいと考えています。

ハンズオンに参加していただくにはノートPCが必須になります。ぜひ、ご自分のノートPCをお持ちいただきますようお願いします。Windows 7でしたら特に前準備は必要ありません。Vista, XPの場合は.NET Framework 3.5 sp1以上とPowerShell 2.0をあらかじめインストールしておいていただきますようお願いいたします。Windows 8 のプレビュー版やPowerShell 3.0 beta版をさっそくインストールされている方もそのままご参加いただけます。

ハンズオン内容に関しては現在構成中ですが、もし「これをやってみたい!」というのがありましたらコメント欄やTwitterなどでご連絡いただければ、参考にさせていただきたいと思います。

お近くの方でご興味がございましたら、ぜひご参加ください!丸一日PowerShell漬けの勉強会というのはなかなかないですので!スタートメニューにある謎の(?)プログラム、この機会に触ってみませんか!それとエバンジェリストによるPowerShell 3.0話を聴けるめったにないチャンスですよ!

というわけでみなさまのご参加、お待ちしております。

2008/04/30

INETA Day 2008〜コミュニティパワーをリアルに体験しよう
https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032376839&Culture=ja-JP

コミュニティの勉強会ってどんなもの?っていうのを体感してもらおうという企画で、いろんなコミュニティのスピーカーが集まって半日、東京はお台場で勉強会が行われます。私もしゃべりますよー。PowerShellの基本をしゃべろうと思っています。参加登録は必須ですが無料ですのでぜひどうぞ。懇親会もありますよ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/04/30/135783.aspx

2008/04/20

こんにちは。ちょっとイギリスとフランスと香港に10日ほど旅行に行ってたものでバタバタしてましたが、その間に私の書籍が発売になりました。

http://winscript.jp/ppr/

http://gihyo.jp/book/2008/978-4-7741-3410-9

よかったらどうぞ本屋で見かけたら手に取ってみてくださいませ。

5/10のわんくま大阪勉強会は参加予定なので、私は講師はしませんが本をお持ちの方でご希望の方には、サインだけなら僭越ながらさせていただきますーってまだ練習してませんがw

えっと東京の勉強会の方は募集開始まだかな?東京にも近々行きますのでー

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/04/20/133978.aspx

2007/11/05

体調が悪くてブログ更新とかWeb連載記事が止まっていてすみません。ほかの仕事もあまりできてませんし、オフラインイベントにも出てないですねー。

左半身(手足、顔など)がしびれたり震えたりしておかしいんです。あと胃腸の調子が悪くて…。

12/8は名古屋で、1月には大阪でスピーカーをやらせていただくので、それまでには治しておきたいところです。とりあえず検査中なのです。勉強会へのご参加お待ちしてます。

12/8と1月の講演はどちらも同じ内容でPowerShellがお題ですが、基礎編はちゃちゃっと流して少し「コマンドレットの組み合わせ」をテーマに応用に入ります。演題は「Windows PowerShell ステップアップ講座」にします。>中さんよろしくです

基礎編は大阪#5大阪#4などで復習しておいていただけると嬉しいです。

1月大阪は二コマいただいてまして、もう一コマで、「初音ミク」をテーマに少ししゃべろうかなと思ってます。初音ミクと作曲のイロハのイをやろうと思います。現在、検証中&調整中です。初音ミクは購入したんですが体験版が入手できなくてデモができるかどうか微妙なんですよ。でもデモできないと面白くない(というか意味があまりない)のでなんとか調整しますね。

作曲は自己流なので、講演もかなり偏ると思いますが、DTM(デスクトップミュージック)のここ10年の歴史をMIDIという単語をキーワードに少し語ったあと、素人でも、しかもお金をかけずともフィーリングで作曲できるということを示したいと思っています。そのあと、自作曲に乗せてミクさんに歌ってもらうという流れ。あ、どうしましょ、デモ用の曲を作らないと(汗

実は、すでにこんな曲を作ったりしていますがw
やまにょん氏と、謎の歌手largeさんsmallさんと組んで作った「まい☆びす」と「Happy! Lucky! Scripting!!」という電波ソングです。二つとも私が作詞、前者はやまにょん氏作曲、後者は私作曲です。

さて話はぜんぜんかわりますが、FizzBuzz問題(えぴさんとこにリンク)が解けて安心した人には、FizzBuzzDozz問題を解いてもらいます。私が今考えました。

【問題】
1から100までの数を表示するプログラムを書け。
ただし3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と、5の倍数のときは「Buzz」とプリントし、
3と5両方の倍数の場合には「Dozz」とプリントすること。

FizzBuzz問題は実は数学を知らなくてもできますが、この問題を美しく解くには数学の知識が必要かもしれません。個人的には、FizzBuzzで素質を調べ、FizzBuzzDozzで発展性を調べるという感じですね。これができないと将来的にはつらくなってくると思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/05/105917.aspx

2007/06/17

わんくま同盟 大阪勉強会 #10
http://www.wankuma.com/seminar/20070623osaka10/

  • 11:30〜11:40 わんくまについて
  • 11:40〜12:30 「DSLとは? DSLシリーズ第1回」 by 中博俊 Lv 2
  • 13:30〜14:30 「SQL Server Integration Services DSLシリーズ第2回」 by 中博俊 Lv 2
  • 14:45〜16:00 「Hello, "Hello, world!" world!」 by とりこびと Lv 2
  • 16:15〜17:45 「Internal ASP.NET」 by 囚人 Lv 3
  • という内容で勉強会があります。

    DSLってなんだろう?って思ってちょっと調べてみたんですが(WikiPediaMicrosoft)、要するに、ある対象(ドメイン)に特化した言語を作ろう、という話なのかな?と思いました。スクリプト言語もDSLに近い概念であるらしいし私の守備範囲かもしれませんので是非聞いておこうと思いました。

    とりこびとさんのセッションは、例題ではHello Worldってよくやるけど、なんでHello Worldが出力されるんだ、その仕組みはどうなんだ、ということを特定言語に問わずやるっぽいですね。これも面白そう。

    囚人さんのは題名とレベルからASP.NETの内部的な濃い話が聞けるんじゃないかと思います。ちょっとついていくのがつらそうですが頑張ってついていこうと思います。

    そんな感じで。お近くの方はぜひどうぞ。私も今回は参戦しますよー。

    元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/06/17/81011.aspx

    2007/01/15

    平日の夜というお忙しい時間の中、わんくま同盟大阪勉強会#5にご参加いただきありがとうございました。

    今回は私の単独セッションで、1時間20分みっちりPowerShellの話をさせていただきました。前回(PowerShellのシェルとしての機能紹介)の復習を前半に、スクリプト言語としてのPowerShellについてを後半に、それぞれデモを交えながらの講演でした。

    皆様にPowerShellの魅力が伝えられたようで嬉しく思います。

    講演のPowerPointスライドおよびデモの手順を記したテキストファイル、デモで用いたスクリプトファイルは勉強会のページから後ほどダウンロード可能になりますのでご参照ください(「zip」にあるのがデモ用ファイルです)。また、講演のようすをビデオ撮影していただいたので、その動画も後日公開予定ですのでこちらもどうぞ。

    今度もし機会があれば、PowerShell実践編として、実際にシステム管理に使う方法をまとめてご紹介したいですね。こんな風に使いたい、こんなことはできないの?、等々、いろいろ意見をお待ちしています。わんくまでブログをお持ちの方はそちらで書いていただければ見に行きますw

    元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/01/15/56343.aspx

    Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

    mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

    Awards

    Books

    Twitter