2015/06/14

わんくま同盟大阪勉強会#63でのセッション資料を公開します。

デモで使用したサンプルスクリプトも併せてご利用ください。

わんくま同盟の勉強会は今回の大阪#63で10年目に入ったのですが、実は私も9年前の大阪#4で勉強会セッションデビューをしていたりします。

さて、今回はPowerShell DSCリソースを作成するというテーマで話しました。DSCでは管理対象ごとにロジック(リソース)と設定(Configuration)を分離でき、一貫性を持ったインフラ構成の自動化が可能になる素敵な機能です。が、いかんせん、ビルトインリソース(OS標準で含まれるリソース)の種類が少ないので、実際の業務で使うにはカスタムリソースを作成する必要が出てくると思います。

今回のデモでは、テキストファイルの中身を自動構成するという、ごく単純なサンプルを作成して実演してみましたが、考え方や実装方法の基本はこれでカバーできるのではないかと思います。

より詳しくは、ぎたぱそ氏の記事を読んでいただければ良いかと思います。本番で使えるPowerShell DSCリソース作成入門 - Build Insider

サンプルスクリプトの説明
  1. 事前準備

    今回のデモはWin10 Insider Preview(PowerShell 5.0)上で行いましたが、PowerShell 4.0環境でもおそらく動作すると思います。なお、今回のConfigurationはローカルコンピュータに対しPush適用(Start-DscConfigurationコマンドレットによる手動適用)することを想定しています。あらかじめ、DSCが実行可能な環境(スクリプト実行ポリシー、PSリモーティング、Local Configuration Managerの設定等)を整えておいてください。また、スクリプトはすべて管理者権限で実行してください。

  2. xDSCResourceDesignerのインストール

    DSCリソースのひな形を作成するためのxDSCResourceDesignerをインストールします。v5環境であればPowerShellGetを用い、Install-Module xDSCResourceDesigner で入ります。v4環境の場合はTechnetからDSC Resource KitをDLしてください。

  3. xDSCResourceDesignerの使用方法の確認

    xDSCResourceDesignerの使用方法を確認します。make_Foo_resource_template.ps1を実行すると、xDSCResourceDesignerを用いてDSCリソースFooのひな形が$env:ProgramFiles\WindowsPowerShell\Modules\TestResourceに作成されます。ひな形がどのように作成されるかを確認してください。また、Get-DscResource -Name Fooとして、DSCリソースがきちんと認識されているか、確認してください。

  4. TextFileLineリソースの作成

    今回のデモで作成したTextFileLineリソースは、make_TextFileLine_resource_template.ps1を実行してまずひな形を作成しました。作成されたひな形を用いて、TextFileLine.psm1に実際のロジックを記述し、DSCリソースを完成させました。zipに含まれるTestResourceフォルダの中身が、今回作成したDSCリソースモジュールになりますので、まずは内容を確認してみてください。特に、Set-TargetResource関数はどのように実装すると冪等性を保持して作成できるのかを念頭に置いてみてください。

  5. TextFileLineリソースの展開

    zipに含まれるTestResourceフォルダを$env:ProgramFiles\WindowsPowerShell\Modules\の下にコピーしてください。

    Get-DscResource -Name TextFileLineとしてDSCリソースが認識されていることを確認してください。

  6. TextFileLineリソースを用いたConfigurationの作成

    start_dsc_configuration.ps1に含まれる、TextFileLineTestが、今回適用してみるConfigurationになります。

    start_dsc_configuration.ps1を実行すると、ドキュメントフォルダにmofファイルを生成し、Start-DscConfigurationコマンドレットにより設定を反映させます。

    正しくConfigurationが適用されれば、ドキュメントフォルダにlist.txtというファイルが生成し、中にプログラム言語のリストが記入されているはずです。

  7. Configurationが反映されたことを確認

    Test-DscConfigurationコマンドレットを実行すると、現在の状態とConfigurationに書かれた状態が一致していればTrueと表示されます。今はConfigurationを適用した直後なのでTrueになるはずです。

    またGet-DscConfigurationコマンドレットを実行すると、現在の各プロパティの状態を表示してくれます。

    list.txtに含まれる行をテキストエディタで編集して上書きしたりすると、Test-DscConfigurationの結果はFalseになるはずです。

    list.txtを手動で変更した状態で、再度start_dsc_configuration.ps1を実行すると、再びConfiguration通りの状態に戻ると思います。その際、変更のなかったプロパティに関しては、処理がスキップされていることをログをみて確認してください。

  8. その他

    Configurationを色々書き換えて試してください。例えばEnsure="Absent"にすると対象項目が存在しない状態になります。

2007/11/05

体調が悪くてブログ更新とかWeb連載記事が止まっていてすみません。ほかの仕事もあまりできてませんし、オフラインイベントにも出てないですねー。

左半身(手足、顔など)がしびれたり震えたりしておかしいんです。あと胃腸の調子が悪くて…。

12/8は名古屋で、1月には大阪でスピーカーをやらせていただくので、それまでには治しておきたいところです。とりあえず検査中なのです。勉強会へのご参加お待ちしてます。

12/8と1月の講演はどちらも同じ内容でPowerShellがお題ですが、基礎編はちゃちゃっと流して少し「コマンドレットの組み合わせ」をテーマに応用に入ります。演題は「Windows PowerShell ステップアップ講座」にします。>中さんよろしくです

基礎編は大阪#5大阪#4などで復習しておいていただけると嬉しいです。

1月大阪は二コマいただいてまして、もう一コマで、「初音ミク」をテーマに少ししゃべろうかなと思ってます。初音ミクと作曲のイロハのイをやろうと思います。現在、検証中&調整中です。初音ミクは購入したんですが体験版が入手できなくてデモができるかどうか微妙なんですよ。でもデモできないと面白くない(というか意味があまりない)のでなんとか調整しますね。

作曲は自己流なので、講演もかなり偏ると思いますが、DTM(デスクトップミュージック)のここ10年の歴史をMIDIという単語をキーワードに少し語ったあと、素人でも、しかもお金をかけずともフィーリングで作曲できるということを示したいと思っています。そのあと、自作曲に乗せてミクさんに歌ってもらうという流れ。あ、どうしましょ、デモ用の曲を作らないと(汗

実は、すでにこんな曲を作ったりしていますがw
やまにょん氏と、謎の歌手largeさんsmallさんと組んで作った「まい☆びす」と「Happy! Lucky! Scripting!!」という電波ソングです。二つとも私が作詞、前者はやまにょん氏作曲、後者は私作曲です。

さて話はぜんぜんかわりますが、FizzBuzz問題(えぴさんとこにリンク)が解けて安心した人には、FizzBuzzDozz問題を解いてもらいます。私が今考えました。

【問題】
1から100までの数を表示するプログラムを書け。
ただし3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と、5の倍数のときは「Buzz」とプリントし、
3と5両方の倍数の場合には「Dozz」とプリントすること。

FizzBuzz問題は実は数学を知らなくてもできますが、この問題を美しく解くには数学の知識が必要かもしれません。個人的には、FizzBuzzで素質を調べ、FizzBuzzDozzで発展性を調べるという感じですね。これができないと将来的にはつらくなってくると思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/05/105917.aspx

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter