2016/07/11

大変遅くなってすみません。7/2(土)、札幌で開催されたCLR/H #clrh101で行ったセッション、「PowerShell の概要と 5.x 新機能のご紹介」の資料を公開します。

札幌は涼しくて、何もかも美味しくて良かったです。夏の関西は人間の生存に適した気候とはとても言えないので、しばらく札幌に滞在していたかったですね。

さて、登録ページでのタイトルと若干違いますが、間もなく(8/2に)Windows 10 Anniversary Updateの登場とともにPowerShell 5.1の正式版が利用できるようになるということで、今回、5.0に加えて5.1の新機能もご紹介することにしたためです。(スライドは5.1の新機能の部分以外は、基本的にこれまでの内容と同様です。ご容赦ください。)

なお、PowerShell 5.1は現在のところ、Windows 10 Insider PreviewかWindows Server 2016 TP5で試すことができます。

PowerShell 5.0の登場からWindows Server 2016正式リリースまでの期間がけっこう空いたことと、ラピッドリリースの方針もあって、5.1が短期間で登場することとなりました。なのでどれが5.0でどれが5.1の機能かというのは割と曖昧ですけど、5.1で一番大きく変化するところは、PowerShellのエディションがDesktop EditionとCore Editionに分かれるところだと思います。

PowerShell Core Editionは従来のPowerShellのサブセット版となり、Windows Server 2016のインストールオプションの一つで、フットプリントを軽量化し、Windowsコンテナ技術に最適化された、Nano Serverで動作させることを目的として作られました。

Core Editionでは一部のコマンドレットのみのサポートとなりますが、基本的にNano Serverの管理はリモート経由でPowerShellを直接的あるいは間接的に用いて行うことになるため、当然ながら必須のコンポーネントとなります。

なお、PowerShell Core Editionは先日、1.0リリースを迎えたばかりの、.NET Core上で動作します。.NET Coreとは.NET Frameworkのサブセットで、マルチプラットフォームで動作し、OSSとして開発されています。

.NET Framework上で動作する、従来のフルセット版PowerShellも、Desktop Editionとしてこれまで通り利用可能です。

PowerShell 5.0、5.1の新機能はMSDNでまとめられているのでそちらもご参照ください。

Windows 管理フレームワーク (WMF) 5.0 RTM のリリース ノート概要 | MSDN
WMF 5.1 Release Notes (Preview)

追伸。Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Managementを7月付で再受賞いたしました。おかげで今回のイベントで「関西MVP3人が集結」という触れ込みが嘘にならなくて良かったです。そして同じ分野でCLR/Hのスタッフでもある素敵なおひげさんも受賞されました。おめでとうございます。

2013/07/02

というわけで、10年目に突入しました。これも私のアウトプットをインプットしてくださる皆様、私のインプットとなるアウトプットをしていただいている皆様のおかげです。いつもありがとうございます。

10周年なので軽く歴史を振り返ります。

2004年にWSH Lab.というサイトを中心としたWSH / VBScript関係の活動が評価されてfor Developer - Scriptingという分野でMSMVPを受賞したのがはじまりです。

実はWSH Lab.を始めたのが1999年のことで、それ以前も1997年頃からWindows系のニュースグループに出入りして、オンラインコミュニティではMVP受賞前も知る人ぞ知る存在ではあったように思います。(なんせ、WSHは相当ニッチな分野だったもので、まともに取り扱おうと思う人は当時はほとんどいなかったもので)

当時は私はまだ大学生(しかも分野は化学系でIT関係なし)でして、体調崩したり色々あって卒業後も就職せず迷走してた時期でした。なのでIT系の方々とも交流はなく、オンラインのみで何故かWSHというこれまたあんまり誰も手を付けないマイナー分野で突っ走ってる謎の存在だったんじゃないかなーと思います。

MVP受賞後はひょこひょこオフラインにも出没するようになり、謎めいた存在から確かに実在する存在として認識されていったのではないかと思います。2006年にはわんくま同盟に加入し、IT系の方々と交流し、また自らセッションをする機会にも恵まれました。

MSMVP受賞のおかげで2006年からは@ITさんの方でチェック式 WSH入門という連載をさせていただくことができ、商業デビュー(?)を果たしました。

だんだんWSHがフェードアウトしていくと同時にPowerShellというものが登場したのも2006年のことでした。当時は.NETのことは全然知らなかったのですが、このままでは取り残される!と思い、それなりに勉強を始めたものでした。受賞カテゴリも2007年からはfor Data Center Management- Admin Frameworksというよく分からない名前に代わり、開発系からサーバー系への移籍となりました。

もちろんWindows Serverなんてものもまともに触ったこともなく、今思えばあの頃は色々と憶えることがたくさんあったなーと思いますね。そんなこんなで2008年にはMVPカテゴリもfor Data Center Management- PowerShellとなり、PowerShell専門となりました。

2008年には技術評論社さんからWindows PowerShell ポケットリファレンスという書籍を書かせてもらうことができました。まさか自分が本を書くなんて思ってもいなかったですし、あれはいい経験になったと思っています。

それからも体調はずっとよくなくて迷走しまくりで随分多くの方々にご迷惑をかけ続けていましたが、なんとかMVPという繋がりを武器に社会と繋がっていようとあがいた感じです。書籍や記事執筆、スピーカー、そして密かにプログラマーとして会社に勤めたりしてた時期もありました。

私のあがきとは関係なく、PowerShellはどんどん重要性をましていって、特にWindows Server 2012とPowerShell 3.0がリリースされた2012年は全国各地で声がかかって(自分で志願したのもありますが)、計8回もセッションを担当しました。中でもMicrosoft Windows Developer DaysでMicrosoft社員さんに交じってセッションを担当したのは貴重な経験でした。そして今年はPowerShellポケットリファレンスの改訂版を世に出すことができました。

こうやって10年目にして振り返ると、確かにWindows Scripting / PowerShell周りで要所要所でいろいろやってきたなーという感じですね。今年もPowerShell 4.0 / Windows Server 2012 R2がリリースされる予定で、PowerShellは今後も着実に発展、浸透していくのだと思います。私も陰ながらと言わず割と表立って、そのお手伝いをしていければいいなーと思っています。

さて余談ですが、結局あがいた結果今はどうなん?という話なんですが、結果としてはITの世界では今まで通り、PowerShellの分野ではこういう感じの活動を続けてますが、メインのおしごとは全然ITとも化学とも違う別なことをやっていたりします。ちゃんとおしごとしてるのでそんな目で見ないでくださいね。あと、体調に関しては2年前くらいからほぼ完全に回復してるので、遠慮せず遊んでやってください。

こんなことを書いてると、なんか「お前…消えるのか…?」と思われてしまうかもしれませんがそんなことは全然ない(と思う)ので、これからも変わらず、お付き合いいただければと思います。

2012/07/06

今月21日に、マイクロソフト品川オフィスで開催される第2回Windows Server 2012 Community DayでPowerShell 3.0のセッションをすることになりました。

Windows Server 2012 Community Day | Technet

セッション 4: Windows Server 2012 管理のための Windows PowerShell 3.0 新機能解説
牟田口 大介 (テクニカル ライター)

■ 内容: Windows Server 2012 には Windows PowerShell 3.0 および Windows Management Framework 3.0 (WMF 3.0) が搭載され、管理機能がより強化されます。本セッションでは PowerShell 3.0/WMF 3.0 で改善された点と新機能をご紹介し、PowerShell ベースの GUI 管理アプリなど Windows Server の新しい管理の手法について解説します。

16:45 - 17:45

このイベントはWindows Server, IT pro系のMicrosoft MVPが集結し、Windows Server 2012の魅力を語るというものです。すでに6/30に第1回が行われ、今回はその続編となります。

私は上記アジェンダのようにPowerShell 3.0を中心としたWMF3.0によるWindows Server 2012管理の手法をご紹介しようと思っています。

お近くの方はぜひお立ち寄りくださいませ。第1回は早い時期に満員御礼となったそうで、第2回も早期に募集締め切りになる可能性もありそうです。ご登録はお早めにお願いします。

ところで私はMVPの受賞月が7月で、今回も無事、再受賞することができました。これで9年の連続受賞となりずいぶん長く続いたものです。今期1年間もどうぞよろしくお願いします。

2011/07/02

昨日、Microsoft MVP for PowerShellを再受賞しました。

これでMVP受賞は7回目になり、MSMVPとして7年目になりました。

現在はPowerShellはじわじわと浸透しつつある時期なんじゃないかと思います。最近のMicrosoftのテクノロジ、特にWindowsサーバーを使うにはPowerShellの知識は必須になりつつあります。Windows AzureやOffice 365といったクラウドもPowerShellで管理することができます。もちろんクライアントOSで使うのも便利です。

そんなPowerShellの情報をこれからも発信していきたいと思っています。よろしくお願いします。

8/6にはわんくま大阪勉強会#44で「PowerShell基礎文法最速マスター」と銘打ってセッションをやります。これは以前このブログで同名エントリとして上げたもののオフライン版となります。ご興味のあるかたでご都合のつくかた、是非ご参加ください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/07/02/200374.aspx

2010/07/02

このたびMicrosoft MVP for Data Center Management- PowerShellのアワードを再受賞しました。表彰期間は2011年の6月までです。

マイクロソフト MVP アワードプログラムより

MVP アワードプログラムは、マイクロソフトの製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験を持ち、オンラインまたはオフラインのコミュニティや、メディアなどを通して、その優れた能力を幅広いユーザーと共有している個人を表彰するものです。

私はこれでMSMVP7回目の受賞となります。これも皆様の温かいご支援の賜物です。今後ともよろしくお願いいたします。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/07/02/190840.aspx

2009/07/01

7/1付でMSMVP for Data Center Management - PowerShellを再受賞しました。表彰期間は1年間です。皆様のご支援の賜物です。ありがとうございます。

2004年からカテゴリは変われども6回目の受賞となりずいぶん長くなりました。

気づけばPowerShell限定のカテゴリになっていて、より一層PowerShellの情報発信を求められてるのかなぁとも思います。PowerShellをはじめいろいろなことをこれからも発信していきたいのでみなさまよろしくお願いします。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/07/01/176835.aspx

2006/07/03

2004年7月、2005年7月に続き、今年の7月付けで再度Microsoft MVP for Visual Developer - Scriptingを受賞しました! これも皆様のおかげです。ありがとうございます。

わんくま同盟ではほかにもこの7月で再受賞の方、新規受賞の方が数人いらっしゃいます。頼もしいことですね。

また、ScriptingではPowerShell Memoのnewpopsさんが新規受賞されています。みなさんおめでとうございます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/07/03/31645.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books