2017/12/24

この記事には「 独自研究 」に基づいた記述が含まれているおそれがあります。

この記事はPowerShell Advent Calendar 2017の24日目です。

一般的なプログラミング言語では、文(statement)と式(expression)の違いは、値を返すのが式で、返さないのが文、という説明がされることが多いと思います。しかし、PowerShellではこの説明は成り立たたず、文が値を返したりしてるように見えて良く分かりません。そこでPowerShellにおける文と式とはそもそも何なのかということを、仕様書(PowerShell 3.0のものですが)やAST(ShowPSAstモジュールが便利!)を眺めながら考えてみたので軽くまとめようと思います。

文(statement)と式(expression)の定義

PowerShellでは言語要素として、文(statement)と式(expression)が明確に定義されています。すなわち、言語要素の何が文であって、何が式であるかという定義は仕様できちんと決まっていて、ある言語要素が、状況によって文になったり式になったりと変化する、ということはありません。

パイプライン、代入、ifやforやfunctionなどは文です。

変数、数値/文字リテラル、オブジェクトのメンバ呼び出し、スクリプトブロック、単項または二項算術演算子で構成される式、カンマ演算子で構成される配列などは式です。

ただ、仕様書での定義と、実際に構築されるASTに齟齬があることはあります。

例えば「$a=1」のような代入については、ASTではAssignmentStatementAstとなります。一方、言語仕様上はassignment-expressionと書かれています。厳密には、言語仕様書のgrammer節によれば、assignment-expressionはexpressionではなくpipelineであるということになっています(お前は何を言っているんだ)。いずれにせよパイプラインは文であるので、AST通り、代入は文であるという解釈で良いと思います。

※仕様書にはassignment expressionとはっきり書いてあるんだから代入は式だろ!という意見を否定するものではないです。が、代入は文であると考えたほうが他の文法と整合性を取りやすいので、そういう立場をとりました。

しばたさんが9日目に書かれた記事で取り上げられているように、配列に関しても同様の齟齬があります。いずれにせよ「1,2,3」のような配列は、式と考えて良いと思います。

文と式の構造

PowerShellには文と式が存在することは分かりました。では文と式は何が違うのか? それを考察するために、具体的にいくつかの文と式の構造を取り上げて見ていきます。

パイプライン(文)

パイプラインといえば「Get-Process | Where-Object Handles -gt 100 | Select-Object ProcessName」みたいな|で繋ぐやつのことでしょ、と思われがちですが、言語仕様上は以下のようなものはすべてパイプラインです。

Get-Process -Name PowerShell # @コマンド1つだけ
1 # A数値リテラルだけ
1 + 1  # B算術演算子で構成される算術式
$a = 1 # C代入
gps | where Handles -gt 100 | select ProcessName # Dパイプ記号でコマンドを連結したもの
1 + 1 | Write-Host # E算術式をパイプラインでコマンドと繋げたもの

要はパイプラインというのは、一般的なプログラミング言語で、;で終わる一文に相当するものと考えればだいたい間違いないと思います。ただしPowerShellだと文末の;は必須ではなく、改行でもOKです。

パイプラインは以下のような構造を取ります。[]は省略可能を意味します。

パイプライン要素1 [ | パイプライン要素2] [ | パイプライン要素3] ...

または、

代入文

すなわち、代入文(後述)を除くパイプラインは1個以上のパイプライン要素から構成されており、複数のパイプライン要素が存在する場合はパイプ演算子|で連結されます。

パイプライン要素には式とコマンド(Get-Processとか)が存在します。ただし式は1つ目のパイプライン要素にのみ許可されます。

以上を踏まえると、@、Dはコマンドのみで構成されるパイプライン、A、Bは単独の式のみで構成されるパイプライン、Eは1つの式とコマンドで構成されるパイプライン、Cは代入文であることが分かります。

代入文

代入文はパイプラインなので、文です。代入文は以下のような構造を取ります。(ここでは+=などの複合代入演算子については省略)

式 = 文

ただし、左辺の式は、変数やプロパティなど、代入が可能な式である必要があります。

よって以下のような記述が可能です。

$a = $b # @変数
$a = 1 + 1 # A算術式
$a = Get-Process # Bパイプライン(コマンド1つ)
$a = gps | where Handles -gt 100 # Cパイプライン(コマンド複数)
$a = if($true){"a"}else{"b"} # Dif文
$a = $b = 1 # E代入文の結果を更に代入

言語仕様上、代入文の右辺には文であれば何でも書けるのですが、実際に代入が行われるのは、パイプライン、if文、for文、switch文といった、パイプラインに値を出力する文と代入文に限られます。ちなみにDのようにパイプラインと代入文以外の文を右辺に指定できるようになったのは、PowerShell2.0からです。

ところで上記@やAは右辺が式です。代入文の右辺は文じゃなかったの?と思われると思いますが、パイプラインの節で述べた通り、単独の式もパイプラインであり、パイプラインは文なので、三段論法でいくと式は文として扱われることになります。

※AST上では$a = $bの右辺はPipelineAst/CommandExpressionAst/VariableExpressionAstではなく、いきなりCommandExpressionAst/VariableExpressionAstとなっているので、この説明はASTの実装とはかみ合わないかもしれません。AssignmentStatementAst.Rightは確かにStatementAstを取るのですが、CommandExpressionAstはStatementAstから派生しているクラスなので、式の代入は問題なく行えます。

代入文は上記Eのようなことができることから分かる通り、値を返す文ですが、パイプラインには値を出力しません。値は返すがパイプライン出力がないものは、インクリメント演算子で構成される式($a++等)も同様です。

if文

パイプラインと代入文以外の文は色々あるわけですが、代表的なものとしてif文を取り上げます。一番シンプルなif文はこういう構造です。

if (パイプライン) {
    文1
    文2
....}

おそらく多くの人が誤解しているのではないかと思いますが、条件節に書くのは式ではなくパイプラインです。パイプラインを実行した結果、出力値がtrue、またはboolに型変換してtrueになる場合に、ブロック内の複数の文が実行されます。

よって以下のような記述が可能です。

if ($true) {} # @変数
if ($a -eq 1) {} # A論理演算子で構成された式
if ("a.txt" | Test-Path) {} # Bパイプライン
if ($a = 1) {} # C代入文

@とAは普通の書き方ですが、実際には、1つの式のみ有するパイプラインを実行し、出力される値が判定されています。

条件節はパイプラインなので、当然Bのような書き方もできるわけです。また、代入文もパイプラインであるので、Cの書き方もできてしまい、注意を要します。

条件節に指定できるのはパイプラインだけで他の文は許容されないので、
if (if($true){}){}
というような書き方はできません。

※といっても実はこう書くと文法上はvalidであり、条件節内は「ifコマンド、パラメータ値1($true)、パラメータ値2(スクリプトブロック)」という解釈になってしまいます。

また、条件節にはパイプラインは1つのみ指定可能で、複数文を書くことはできないので、
if ($a;$b) {}
という書き方はできません。(パーサーもエラーを出す)

丸括弧式

さて、普通のプログラミング言語だと、()はグループ化や演算子の優先順を変更するのに用いられるものの、別に文法そのものに影響を与えるものではないと思います。多くの場合、ASTでも()の情報はそぎ落とされます。

ところがPowerShellでの丸括弧()は文法的な意味を有しており、ASTにもParenExpressionAstとして存在する、立派な式です。丸括弧式の構造は以下の通りです。

(パイプライン)

これは要するに、「パイプラインに()を付けると式になる」、ということです。()内のパイプラインで出力された値が返される式となります。具体的にどういうところで使うのかを示します。

2 * (1 + 3) # @数値演算の優先順を変更する
($a = 1) # A値を返すがパイプラインには出力しない代入文の値を出力させる
$a[(Get-Hoge)] # B式は許容するがパイプラインは許容しない構文で、式に変換する
Get-Process -Name (Get-Hoge) # Cコマンドのパラメータにコマンド実行結果を指定する

@の使い方は普通です。ただし、()はパイプラインを生成するので、「(1+3)」は「1つの式のみ有するパイプラインを実行し、パイプラインに値を出力し、その値を返す」という見た目より複雑な処理になります。

※少なくともAST上はそうなりますが、実際は何らかの最適化処理が入ってる可能性はあります。

代入を重ねる場合にはAのような書き方は必要ないのですが、代入した結果をパイプラインの出力としたい場合は()を付ける必要があります。この場合、$aに1が代入され、コンソールにも1が出力されます。

Bで挙げている、式を許容するがパイプラインは許容しない言語要素というのは実はあまりないです。前述した通りif文の条件節は式じゃなくて、パイプラインを取るといった案配です。ただ、たとえば配列や連想配列の要素を取得するインデックス演算子[]は、式のみ許容されます。なのでコマンドなどのパイプラインの出力値を指定したい場合は()が必須となるわけです。

ちなみに、()内にはパイプライン以外の文(if文等)は指定できません。また、複数のパイプラインも指定できず、あくまで1つだけです。

※任意の文あるいは複数の文を式としたい場合には、部分式演算子$()または@()を用います。両者とも内部の文がパイプラインに出力した値を返す、「部分式」となります。両者とも複数値が出力されると配列になりますが、@()は出力値が1つでも要素数1の配列を返す点が異なります。

まとめ?

PowerShellの文と式は厳密に定義されています。文は複数の文と式で構成されるし、式は複数の文と式で構成されています。文や式の構成要素が取る文や式の種類についても、各々、きちんと定義されています。

ただし、PowerShellにおいて「値を返すか返さないか」、「パイプラインに出力されるかされないか」、「式であるか文であるか」という概念はすべて独立しています。そのため、PowerShellの文とは何である、式とは何である、ということを一言で説明することは難しいんじゃないかと思います。

なので、本記事でこれまで述べてきたとおり、「パイプラインは文で、要素として式やコマンドを取りますよ」とか、「ifは文で、条件節にはパイプラインを取りますよ」みたいな、各論でしか表現できないのではないかなぁと、私はそういう結論に至りました。

しかしここまで書いてちゃぶ台をひっくり返すようなことを言いますが、ある言語要素が文であるか式であるか、ここまで仕様書を読んだりASTを追ったりして把握するのは、まあ楽しくなくはないですが、知らなくても別に大丈夫だと思われます。別に、ifの条件節には条件式を書くのだと理解していても不都合は特にないかと。

効用があるとすれば、例えば「if ((Test-Path a.txt)) {}」とか「foreach ($i in (1..5)) {}」とかの、余分な()を取り除くのには文法の知識が役立ちます。それもまぁ、心配だから怪しい所には常に()付けておく or 何か変だったら()付けてみる とかでもそれ程問題にはならないかもしれません。

2011/09/30

いきなりですが、PowerShellで「カレントディレクトリに含まれる.txtファイルの拡張子をすべて.logに変更する」方法がぱっと思いつくでしょうか?

コマンドプロンプトなら

ren *.txt *.log

で一発なのですが、PowerShellでrenコマンドに対応するコマンドレットであるRename-Itemコマンドレットを使って

Rename-Item -path *.txt -newName *.log

と書くことはできません。Rename-Itemコマンドレットの-pathパラメータと-newNameパラメータはワイルドカード文字を受け付けないからです。

ではどう書くのか。Get-ChildItemコマンドレットの-pathパラメータはワイルドカード文字を使うことができます(Get-Help Get-ChildItem -fullを調べるとpathパラメータの「ワイルドカード文字を許可する」はfalseになってますが、実際はワイルドカードが使えます)。よってGet-ChildItemでワイルドカードを用いてファイル一覧を取得し、それをRename-Itemコマンドレットにパイプで渡すとよさそうです。Rename-Itemの-pathパラメータは「パイプライン入力を許可する true (ByValue, ByPropertyName)」なので、パイプ経由でオブジェクトを渡すとこのパラメータに値が渡ります。なお、ByValueなどの意味は以前書いたエントリを参考にしてください。では書いてみましょう。

Get-ChildItem *.txt | Rename-Item -newItem *.log

あれ、新しい名前のほうのワイルドカードはどうすればいいんだ?というわけでこれでは駄目で、まだ一工夫が必要です。

素直に考えると、Get-ChildItemの結果(FileInfoオブジェクトの配列)をForEach-Objectで列挙して、その各要素でNameプロパティを元にRename-Itemコマンドレットを実行するというのが思いつきます。

Get-ChildItem *.txt | %{Rename-Item -path $_.Name -newName ($_.Name -replace "\.txt`$",".log")}

注: -replace演算子の右辺配列の最初の要素は正規表現を指定します。なので正規表現における特殊文字「.」は「\」でエスケープする必要があります。さらに拡張子以外の文字が置き換わらないように文字列の末端を表す「$」を使用します。「$」はPowerShellにおいて特殊文字なので「`」でエスケープします。

しかしこれはなんかNameプロパティの値を2回も参照してて冗長ですしあまりやりたくないですね。そもそもせっかくRename-Itemコマンドレットの-pathパラメータにパイプライン経由で直接オブジェクトを流し込める利点を生かせていません。

そこで登場するのが、このエントリのタイトルにもある「スクリプトブロックパラメータ」です。実はPowerShellには任意のコマンドレットパラメータにスクリプトブロックを指定する機能があるのです。コマンドレットパラメータは型が指定されていますが、これが<scriptblock>である必要はなく、<string>でも<int>でも何でもOKです。したがって、冒頭の問題の回答は次のように記述することができます。

Get-ChildItem *.txt | Rename-Item -newName {$_.Name -replace "\.txt`$",".log"}

このように、-newNameパラメータの型は<string>であるにも関わらず、スクリプトブロックを指定することができるのです。このスクリプトブロック内の$_は、パイプラインに渡されたオブジェクト配列の一要素です。つまりここではFileInfoオブジェクトになります。

注:この例だとファイルはカレントディレクトリにあるものが対象になるので、カレントディレクトリ以外で実行する場合はNameプロパティの代わりにFullNameプロパティを使ってフルパスを指定してください。

この機能、マイナーだと思いますが知っているとずいぶん楽になるケースが多いと思うので、ぜひ覚えておくことをお勧めします。しかし実はこの例題、Rename-Itemコマンドレットのヘルプの例4そのままだったりします。私はそこの解説を読んでもいまいち仕組みが分かりませんでした。Flexible pipelining with ScriptBlock Parameters - Windows PowerShell Blog - Site Home - MSDN Blogsという記事を読んでようやくこれがPowerShellの機能だと認識した次第です。

まあ、それでもrenコマンドのお手軽さには負けますけども、柔軟性に関してはもちろんPowerShellのほうが圧倒的に優れているのでそこは我慢するしかないのかなあ、と思います。どうしても簡単に書きたい場合は

cmd /c ren *.txt *.log

とかしてくださいませ。

ちなみにこの機能はユーザーが定義した関数では原則使用できないようです。ただ例外があって、次のような関数定義をしておくと大丈夫でした。

function test
{
    param([parameter(ValueFromPipeline=$true)][string]$str)
    process
    {
        $str
    }
}

ポイントはパラメータにparameter属性を指定して、ValueFromPipelineもしくはValueFromPipelineByPropertyNameを$trueにすることと、型名を指定すること(ここでは<string>)です。こうしておけば

dir|test -str {$_.fullname}

のようにして、コマンドレットの場合と同様にスクリプトブロックパラメータを使うことができます。属性と型指定どちらかが欠けているとスクリプトブロックが展開されずそのまま-strパラメータに渡ってしまうようです。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/09/30/203768.aspx

2011/09/08

PowerShellでクリップボードを読み書きする方法については5年ほど前にクリップボードアクセス(未完)II という記事を書きました。タイトル通り未完でして、このたび完結編を書こうと思いました。

System.Windows.Forms.Clipboardクラスを使う場合は先の記事にあるようにPowerShellをSTAで動作させる必要があります。ver.1の当時はその方法がありませんでしたが、ver.2ではpowershell.exeに-staパラメータが追加され、STAでの実行が可能となっています。

-staパラメータを使用しない場合は相変わらずこの方法は使えません。powershell.exe –staのプロセスを逐次起こして、クリップボードアクセス部分だけSTAの子プロセスでやらせることも不可能ではないですが、冗長ですしパフォーマンスの点で難があります。

ver.2ではAdd-Typeコマンドレットが追加され、任意のC#コードを動的に読み込むことができるようになりました。これを利用してクリップボードアクセスクラスを書くという手もあると思います。その中ではSTAのスレッドを起こしてクリップボードアクセスをすることになります。実際PowerShell Community Extensionsに含まれるOut-Clipboard/Get-Clipboardコマンドレットはそのような実装がされているようです。ですが動的にコードを読み込みコンパイルはやはりパフォーマンス上不利ですし、PSCXをインストールできない場合などもあるでしょう。

ところでSystem.Windows.Formsに含まれるTextBoxクラスはその名の通りテキストボックスコントロールなのですが、このコントロールにはCopy()メソッドとPaste()メソッドがあり、これらを使うとクリップボードに書き込み、クリップボードから読み込みが可能です。TextBoxクラスの良いところは、STAである必要がないところです。この方法を最初に提唱したのはこちらの方かな?

この方法を用いた関数もすでに公開されているのですが、PowerShellの作法に則った使い方ができるように少し改良を加えました。具体的には

Set-ClipBoard:  配列の指定、パイプラインからの入力を可能にした。

Get-ClipBoard: クリップボードの中身が複数行のテキストの場合、文字列配列を返すようにした。(Get-Contentと同様)

という変更を加えています。

function Set-ClipBoard
{
    param([parameter(Mandatory=$true,
            ValueFromPipeline=$true)][object[]]$InputObject)
    begin
    {
        Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
        $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
        $tb.Multiline = $true
        $out=@()
    }
    process
    {
        $out+=$InputObject
    }
    end
    {
        $tb.Text = $out -join "`r`n"
        $tb.SelectAll()
        $tb.Copy()
    }
}

function Get-ClipBoard
{
    Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
    $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
    $tb.Multiline = $true
    $tb.Paste()
    $tb.Text -replace "`r`n","`n" -replace "`r","`n"  -split "`n"
}

使い方例

# ファイルのフルパスをクリップボードに格納
Get-ChildItem|select -expand fullname|Set-ClipBoard

# CSV文字列がクリップボードに入っている場合以下のコマンドを実行すると、
# クリップボードの中身が対応するHTML tableタグに置換される
Get-ClipBoard|ConvertFrom-Csv|ConvertTo-Html -Fragment|Set-ClipBoard

やっぱりパイプで繋ぐのがPowerShellの醍醐味ですよね!

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/09/08/202547.aspx

2008/02/25

複数の戻り値

Rubyで気に入ったところ

PowerShellはどうなのかというと

function hoge{
	1000
	3000
	"fuga"
	"moge"
}

$a = hoge
$a | % {$_}
$a.GetType().FullName

実行結果

PS D:\script> D:\script\test\test.ps1
1000
3000
fuga
moge
System.Object[]

どうですか?気持ち悪いでしょうw returnすらいらないんですよ(returnも使えますが)。逆に言うと関数内でコンソールに値を出力する行がある場合、それを呼び出し元に返したくない場合は[void]にキャストするか、|Out-Nullにパイプで渡します。結構はまりやすいので注意が必要です。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/02/25/124861.aspx

2007/08/30

パイプを多用してもスクリプトの可読性を落とさないには?
http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/08/01/88060.aspx

という記事で紹介した方法は、各行にコメントが入れられないという問題点があったので、行継続文字`を使わない方法を推奨します。

Get-ChildItem |                # カレントのファイルを列挙
    ? {$_.Length -gt 100KB} |  # 容量が100KBより大きいものを抽出
    % {$_.FullName}            # FullNameプロパティを参照

演算子関係(+とかでも)では改行してもそのままちゃんと解釈されますね。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/08/30/92713.aspx

2007/08/13

たとえばHKCRの拡張子のキーの(既定)の値を取るのに

Get-ItemProperty registry::HKEY_CLASSES_ROOT\.* -name "(default)"

で取れるには取れるのですが、これを文字列にする(正式な)方法が分かりません。これをパイプでつなげて|%{"$_"."(default)"}とやっても(default)なんてプロパティはないと怒られます。

Get-ItemProperty registry::HKEY_CLASSES_ROOT\.* -name "(default)" -ErrorAction SilentlyContinue|
%{"$_".ToString() -replace "^@\{\(default\)\=(.+)\}$","`$1"} 

というのを考えましたがどう見てもスマートではありません。何かいいアイデアはありませんでしょうか?,、と思ったら使い方が間違っていた。

Get-ItemProperty registry::HKEY_CLASSES_ROOT\.* -ErrorAction SilentlyContinue| 
%{$_."(default)"}

こうですね、すみません。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/08/13/90031.aspx

2007/08/01

PowerShellは何かとパイプを多用するので、いわゆるif文とかfor文とかだけを使うときに比べると可読性が落ちる傾向にあるように思います。そこで編み出した?のが次の記法です。カレントにある100KBより大きいファイルのフルパスを列挙するというものです。

Get-ChildItem | `
    ? {$_.Length -gt 100KB} | `
    % {$_.FullName}

ポイントは、

・パイプのあとに`記号(改行継続文字)を入れて改行
・スペースを4つ入れてインデント
・Where-Objectコマンドレットは?、ForEach-Objectコマンドレットは%で記述。
・|.`.?,%の前後にはスペースを入れる。

これだと1行に繋げて書くよりかなり見やすいですし分かりやすいですよね?もちろんコンソールに直で打ち込む時はこんなことしなくてもいいですが、スクリプトとして保存するときはこういうのがお勧めです。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/08/01/88060.aspx

2007/07/21

Get-Helpコマンドレットに-fullオプションを付けると、コマンドレットのパラメータの説明に「必須」、「位置」、「既定値」、「パイプライン入力を許可する」、「ワイルドカード文字を許可する」という項目が追加されます。この中で「パイプライン入力を許可する」がtrueになっている場合は、パイプラインからの入力がそのパラメータに渡されるという意味なのですが、これにはByValueとByPropertyNameの二種類があります(同時に指定されていることも)。

この意味お分かりになられますか?

mixiコミュでいろいろと議論した結果、ようやく分かったのでここでご報告しておきます。

ByValueはオブジェクトがそのまま渡ります。これは特に問題ないでしょう。

ByPropertyNameは、パイプを渡ってきたオブジェクトのプロパティが、パラメータ名と一致した場合、そのプロパティをパラメータとして解釈するという意味です。

具体的にGet-ChildItemコマンドレットを取り上げましょう。

Get-ChildItemコマンドレットは-pathパラメータがtrue (ByValue, ByPropertyName)、-literalPathパラメータ(エイリアスは-PSPath。ちなみにパラメータのエイリアスを調べるには(Get-Command Get-ChildItem).parametersetsのようにするとパラメータの一覧が出ますので、そのAliasを見てください)がtrue (ByPropertyName)です。

よって、入力オブジェクトにPathプロパティがあればその値が-pathパラメータに渡ります。(なければ入力オブジェクトがそのまま-pathパラメータに渡されます)。また、入力オブジェクトにLiteralPathプロパティまたはPSPathプロパティがあれば、-literalPathパラメータにその値が渡ります。これを検証します。

Get-ChildItemコマンドレットの戻り値はファイルシステムプロバイダにおいてはFileInfoオブジェクトとDirectoryInfoオブジェクトを含んだ配列です。これらのオブジェクトにはPSPathプロパティがあるので、この結果をパイプで次のGet-ChildItemコマンドレットに渡すと、そのPSPathプロパティが、-literalPathパラメータに渡ります。すなわちこういうことです。

PS C:\script> Get-ChildItem a*|Get-ChildItem


    ディレクトリ: Microsoft.PowerShell.Core\FileSystem::C:\script


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2007/07/20     18:33          0 a.txt
-a---        2007/07/21     16:17       8826 about_Alias.help.txt

このコマンドに意味があるかどうかは別にして、そういうことが可能だということです。

もっと分かりやすいと思われる例を示しましょう。$aというオブジェクトを作成し、それにAdd-MemberコマンドレットでPathという名前のNotePropertyを追加します。そして$aをパイプラインを通じてGet-ChildItemコマンドレットに渡すとどうなるかご覧ください。

PS C:\script> $a = New-Object PSObject
PS C:\script> $a = $a | Add-Member noteproperty Path "a*" -passthru
PS C:\script> $a.path
a*
PS C:\script> $a|Get-ChildItem

    ディレクトリ: Microsoft.PowerShell.Core\FileSystem::C:\script

Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
-a---        2007/07/20     18:33          0 a.txt
-a---        2007/07/21     16:17       8826 about_Alias.help.txt

というわけで無事、Pathプロパティが-pathパラメータに渡っていることがお分かりいただけると思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/07/21/86361.aspx

2007/05/21

.NET Frameworkをバリバリ使ってC#ライクに書けばわりと見やすいスクリプトが書けるが冗長である。コマンドレットをパイプでつないだり各種演算子を使うと見にくいが簡潔に書ける。
これが本題。

しかし前者のようなスクリプトはC#で書いちゃえばいいじゃんという話だ。csファイルに、コンパイルして実行するVBSでも関連付けておけばよいでしょう。js(JScript.NET)ならクラスを書かないでも大丈夫。COMを使うならスクリプトはWSHでもいい。

そう考えるとやはりPowerShellはコマンドレットとパイプを駆使するのが本道のように思う。ただ、どこまで込み入ったものを書くのか。重要なのは可読性と簡潔性のバランスだ。パイプを多用すれば簡潔だが読みにくい。パイプを使わなければ冗長になる。そのあたりをうまく調整していくのがPowerShell使いの課題だろう。

さて、込み入ったスクリプトの究極例は、込み入ったことを一行のスクリプト(ワンライナーという)にすることだ。これには通常のプログラミングとは違い、頭の体操が必要になってくる。しかも後でみると自分でもわからなかったりする。

なので、保存して実行するならワンライナーにする必要はないように思う。冗長でもわかりやすく書くほうがいい。ワンライナーはあくまでコンソール上で手で打ち込むことに意義があるのではないか。

だが、そのスキルを管理者は身につけるべきなのか?

現実的には、コンソール上でコマンドレットを2,3個のパイプで繋ぐ程度が限界なのではないかと思う。ワンライナーをその場で書くのは相当なスキルが要求されるように思う。ただ、幸いなことにPowerShellにはfunctionやfilterを記述したスクリプトファイルをプロファイルとして読み込むことができるので、込み入った処理はあらかじめ関数化、フィルタ化しておくとよいだろう。そのときはワンライナーである必要はないのは先に述べたとおり。

でもPowerShellのワンライナーを極めた人を見てみたい気もする。UNIX系ではいますよね。私?無理ですよw

というわけでPowerShellスクリプトの考察でした。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/21/77517.aspx

2006/12/18

12/16、わんくま大阪勉強会#4でPowerShellのセッションをさせていただきました。
いろいろと拙いところがありましたが、ご静聴いただきありがとうございました。

いくつかフィードバックやご質問をいただきました。

・PPTに書いてること以外をしゃべってほしい
→資料だけを読まれる方のためにPPTだけを見ても分かるようにしたのですが、せっかく参加された方のためにもそれ以外のことをしゃべったほうがいいですね。今回は時間がなくてなかなか難しかったのですが次回は改善させていただきたいです。

・デモが少ないので増やしてほしい
→これも時間の関係で今回ちょっとしかやれなかったのですが、次回1/12(金)はたっぷりやれると思います。シェルを叩くだけでなくスクリプトをその場で書いていくのもいいですね(今回他の方のセッションを見て思ったのですが)。ネタを仕込んでおかなければ…。

・実際に使える実用的なスクリプトサンプルが見たい
→時間の関係でスクリプトに関してはほとんど取り上げられなかったのですが、これも次回きちっとやります。PowerShellならではのスクリプトを鋭意研究中です。あまり運用系のことがわからないので、「こんなスクリプトがあったら嬉しい」などのご意見をお待ちしております。メールやここのコメント欄などでいただきたいと思います。

・IronPythonとの住み分けは?
→申し訳ありませんが、まだIronPythonを弄るところまでは行っていません。おいおい、研究していきたいと思います。現時点では個人的にはPowerShellは運用系、IronPythonは開発系なのかなと思います。

・安定性は?
→少し重いというのがありますが、安定性はまずまずなんじゃないでしょうか。

・仕組みは?
→現時点では正直なところ、なぜ動作するのか?なぜ.NETのクラスが動的に呼び出せるのか?というところまでは追い切れていません。
Windows PowerShell in Actionという書籍に詳しい解説があるそうなので、これから読んで、みなさんにお伝えできたらいいなと思っています(購入してるのですが積読状態です(汗)。

あと中さんからエイリアスを使う上では注意が必要というコメントをいただきました。これまでのコマンドプロンプトと同名のエイリアスがあるが、それらを書くときは、オプションなどは従来とは異なるということを言っておかないと混乱する…ということですよね?>中さん
エイリアスはシェルを叩く際はデフォルトで定義されている分には積極的に使っていってもいいと思いますが(コマンドプロンプトと混同しないように、との前提が必要ですが)、スクリプトで使うときはあえてエイリアスを使うこともないかなぁと思います。
?や%などはエイリアスというか文法チックなので、こちらのほうが分かりやすいような気もします。
エイリアスとは少し離れますが、パイプを多用したスクリプトの分かりやすい記法というのも研究中です。PowerShellはやはりオブジェクトが渡るパイプが肝なので、スクリプトでも活用していきたいのですが、多用するとどうしても読みにくくなってしまいます。そのあたりをうまく解消できればいいですね。

次回(1/12(金))はまたよろしくお願いします。まだまだ勉強中なのでなかなか講演、執筆ともに拙かったり進捗が遅かったりして申し訳ありません。取り上げてほしいこと、スクリプトのネタなどがありましたらぜひフィードバックをお寄せください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/18/51695.aspx

古い記事のページへ |

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter