2016/12/15

この記事はPowerShell Advent Calendar 2016の15日目です。

前回はPowerShellのASTの概要を解説しました。今回は前回の補足というか応用的な内容になります。

前回、スクリプトブロックからどのようなASTが生成されるのか、図で書きました。そもそもあの図を作るにあたって、ASTの構造を視覚的に把握したかったので、そのためのスクリプトを書きました。

PowerShellで木構造を展開表示する方法は色々ある(※)かと思いますが、今回はJSONとして出力して、表示については他のアプリに任せることにしました。

※Format-Customのデフォルトビューは意外と使える

ただし、ASTオブジェクトをそのままConvertTo-Jsonコマンドレットに渡すわけにはいきません。というのも、AST構造を再帰的に展開するには、探索の深さ(-Depth)を大きくしなければいけませんが、そうするとASTではないオブジェクトも逐一展開してしまい、現実的な時間内で終わらなくなってしまいます。

そこで、ASTオブジェクトそのものをJSONにするのではなく、必要なプロパティのみ再帰的に取得したカスタムオブジェクトを生成し、それをJSONにする方針を取りました。その成果が以下のコードです。(using namespace節を使っているので、v5以上必須です。)

using namespace System.Management.Automation.Language

function GetAstInner
{
    param([Ast]$ast)
    end
    {
        $base = [ordered]@{
            ExtentText = $ast.Extent.Text
            AstName = $ast.GetType().Name
        }

        $children = [ordered]@{}
        $leaves = [ordered]@{}

        $ast.psobject.Properties |
        ? Name -notin Extent, Parent |
        %{
            $type = [type]($_.TypeNameOfValue)
            $propValue = $ast.($_.Name)
                
            if($type.IsSubclassOf([ast]))
            {             
                if($null -ne $propValue)
                {
                    $children[$_.name] = GetAstInner $propValue
                }
            }
            elseif($type.IsGenericType -and $null -ne ($type.GetGenericArguments() | where{$_.Name -eq "Tuple``2"}))
            {
                $asts = @()

                foreach($next in $propValue)
                {
                    if($null -ne $next)
                    {
                        $asts += [pscustomobject]@{
                            Item1 = $(
                                if($null -ne $next.Item1 -and $next.Item1 -is [ast])
                                {
                                    GetAstInner $next.Item1
                                }
                            )
                            Item2 = $(
                                if($null -ne $next.Item2 -and $next.Item2 -is [ast])
                                {
                                    GetAstInner $next.Item2
                                }
                            )
                        }
                    }
                }

                if($asts.length -ne 0)
                {
                    $children[$_.Name] = $asts
                }

            }
            elseif($type.IsGenericType -and $null -ne ($type.GetGenericArguments() | where{$_.IsSubclassOf([ast])}) )
            {
                $asts = @()

                foreach($next in $propValue)
                {
                    if($null -ne $next)
                    {
                        $asts += GetAstInner $next
                    }
                }

                if($asts.length -ne 0)
                {
                    $children[$_.Name] = $asts
                }
            }
            else
            {
                if($null -ne $propValue)
                {
                    $leaves[$_.Name] += $propValue.Tostring()
                }
            }
        }
        [pscustomobject]($base + $leaves + $children)
    }
}

function Get-Ast
{
    param([scriptblock]$ScriptBlock)
    end
    {
        GetAstInner $ScriptBlock.Ast
    }
}

本来なら、50種以上あるAstクラスに応じてきちんと場合分けすべきなのですが、コードが長くなるだけなので、動的言語の強みを生かしてダックタイピング的な方法で下位ノードを再帰的に展開しています。

途中、IfStatementAstのClausesプロパティなどで用いられている、ReadOnlyCollection<Tuple<Ast, Ast>>型であることを確認するのに苦労してますが、多分もっといい方法があると思います…。他はAstオブジェクトそのものか、ReadOnlyCollection<Ast>を返すだけなのでそんなに苦労はないです。Ast抽象クラスに含まれているExtent、Parentプロパティ以外で、Astを要素に含まないプロパティに関しては、ASTの葉として解釈しています。

次にこのスクリプトを使って、スクリプトブロックをJSONとして出力します。

$scriptBlock = {
    param([int]$x,[int]$y)
    end
    {
        $out = $x + $y
        $out | Write-Host -ForegroundColor Red
    }
}

Get-Ast $scriptBlock | 
    ConvertTo-Json -Depth 100 |
    Set-Content ast.json

サンプルとして用いるスクリプトブロックは、前回のものと同じです。これを先ほど書いたGet-Ast関数に渡して、結果をConvertTo-JsonでJSON化しています。この際、探索の深さを100としていますが、ネストが深いスクリプトブロックなどでは、もっと大きくする必要も出てくるかもしれません。

出力されたast.jsonを、JSON Viewerを使って表示してみたのが、以下のスクリーンショットになります。

スクリーンショット 2016-12-15 09.44.06

色んなスクリプトのASTを表示して、楽しんでみてください。

ASTシリーズはもう少し続きます。次回はAST Visitorと静的解析のお話です。

2011/10/09

JScriptは言語単体ではSafeArrayを作ることができません。

そこでJScriptでSafeArrayが必要な場合、VBScriptを併用しVBScriptの配列(これはSafeArrayです)をJScriptに取り込む方法や、Scripting.DictionaryのItems()メソッドを使う方法などが使われているようです。

しかしこれらの方法で多次元のSafeArrayを作るサンプルをあまり見かけませんでした。Dictionaryの方法ではそもそも1次元しか無理ですしね。そんな中、この記事を発見しました→JScriptの配列とVBScriptの配列(SafeArray)を相互変換する方法(2次元編) - プログラマとSEのあいだ
この記事の二つ目の例ではExcelを使用しRegionオブジェクトが二次元配列を返す点を利用しています。これはなかなか盲点というかアイデアものではありますが、実行速度にやや難があるかな?と思いました。

注: ただしこの記事の方法は、もともとExcelで二次元配列が必要な場合があったから考案されたもののようで、その用途においてはExcelを起動するコストは考慮しなくてよいのかもしれません。

一つ目の方法ではVBScriptを併用していますが、.wsfファイルを使用してJScriptとVBScriptを混在させる形式をとっています。この方法はWSHでは問題ありませんが、複数のスクリプトエンジンを混在できないホスト環境では問題があります。

注:そんな環境ってあるのか?と聞かれそうですが、たしかにHTML/HTA/Windowsデスクトップ(サイドバー)ガジェット/WSH/classic ASPなどほとんどの環境では大丈夫そうです。ただ私が最近はまっているJScript実行環境であるところのAzureaでは無理ですね。WSHでも.jsファイルにこだわるのであれば。

そこで考えたのが、ScriptControlを使用してJScriptのコードの中でVBScriptのコードを実行させる方法です。以下のような感じになります。

function array2dToSafeArray2d(jsArray2d)
{
	var sc = new ActiveXObject("ScriptControl");
	sc.Language = "VBScript";
	var code =
'Function ConvertArray(jsArray)\n' +
'	ReDim arr(jsArray.length - 1, jsArray.[0].length - 1)\n' +
'	outerCount = 0\n' +
'	For Each outer In jsArray\n' +
'		innerCount = 0\n' +
'		For Each inner In outer\n' +
'			arr(outerCount, innerCount) = inner\n' +
'			innerCount = innerCount + 1\n' +
'		Next\n' +
'		outerCount = outerCount + 1\n' +
'	Next\n' +
'	ConvertArray = arr\n' +
'End Function\n';
	sc.AddCode(code);
	return sc.Run("ConvertArray",jsArray2d);
}

まあやっていることは本当にJScriptの配列をバラしてVBScriptの二次元配列に詰め直しているだけです。

ただいくつかポイントがあって、まずVBScriptからはJScriptのオブジェクトメンバーにドット演算子でアクセスができます。JScriptの配列はオブジェクトと同一であり、配列はオブジェクトに0,1,2...という名前のプロパティが存在することになります。しかしVBScriptで数字のメンバ名はそのままではドット演算子でアクセスできないので、[]でくくる必要があります(これ、予約語なんかもそうですね。あとVB6でもVB.NETでも同じなので覚えておくといいかも)。なので次元数2の配列の長さを調べるのにjsArray.[0]でまず内側の配列オブジェクトを取得しているわけです。

さらにポイントとして、VBScriptでJScriptの配列を含むオブジェクトメンバを列挙するのにコード例のようにFor Each Next構文が使えます。ただしFor Nextを使ってインデックスアクセスはできません。というのもjsArray.[3]とかはあくまでjsArrayオブジェクトの3プロパティの値を参照しているにすぎず、jsArray.[I]という書き方ができないからです(これだと単にIプロパティの値を見てることになる)。Eval関数を併用すれば可能ではありますが、コードの中にコードを含ませさらにその中にまたコードを含ませるのも微妙なのでここでは使ってません。

あとは紹介した記事の関数部分だけ置き換えればJScriptのVBArrayオブジェクトを用いたテストもできるかと思います。注意点はExcelオブジェクトは配列添え字が1から始まるのに対し、VBScriptの配列は0から始まる点です。LBound関数を使えばその差違は吸収できるかな、と思います。

最初は多次元配列というかn次元配列に拡張した関数を書いてやろうと企んでましたが挫折しました。ネストしたループではなく再帰呼び出しである必要がありますし、ReDimは次元数を動的に指定することができないので実行するVBScript自体を動的生成しなければいけません。興味がある方はチャレンジしてみてください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/10/09/204198.aspx

2007/06/10

たとえば、2階層下のフォルダまで(無限階層じゃないのがミソ)のファイル・フォルダのフルパスを取得するスクリプトを考えます。

dir|%{$_.Fullname;if ($_.PSIsContainer){dir $_|%{$_.Fullname}}}

こんな感じでしょうか。

実行例。-recurseパラメータをつけた場合は3階層目までさらいますが、上記のスクリプトは二階層目で止まります。

PS C:\s> dir -recurse |%{$_.fullname}
C:\s\t
C:\s\新規 「サクラ」用音楽テキスト.mml
C:\s\t\u
C:\s\t\新規 Microsoft Office PowerPoint プレゼンテーション.pptx
C:\s\t\u\v
C:\s\t\u\v\新しいビットマップ イメージ.bmp
PS C:\s> dir|%{$_.Fullname;if ($_.PSIsContainer){dir $_|%{$_.Fullname}}}
C:\s\t
C:\s\t\u
C:\s\t\新規 Microsoft Office PowerPoint プレゼンテーション.pptx
C:\s\新規 「サクラ」用音楽テキスト.mml
PS C:\s>

さて、このForEach-Objectコマンドレット(エイリアスは%)はネストされています。最初の$_.Fullnameは最初のdir(Get-ChildItemコマンドレット)が返すFileInfo/DirectoryInfoオブジェクトのFullnameプロパティを見ています。その次の$_.PSIsContainerもそうですね。$_がフォルダだったら次のdirを実行します。dir $_の$_も最初のオブジェクトです。さてここでふたたびForEachループを回します。ここで実行される$_.Fullnameの$_は、直前のdir $_が返したFileInfo/DirectoryInfoオブジェクトを参照しています。

このようにスクリプトブロックをネスト化した場合、$_にはもっとも内側のパイプラインを通ったオブジェクトが格納されます。

さて、では内側のスクリプトブロックから、外側のスクリプトブロックのパイプラインにわたったオブジェクトを参照するにはどうするのでしょう?この場合、たとえば最初から見て1階層下のフォルダC:\s\tのdirを内側のスクリプトブロックで回す際、外側のC:\s\tのフルパスも合わせて表示したいとき、内側から外側の$_を参照する必要がでてきます。このやり方は実は分かりません(汗 できるのかな〜?

一晩寝たら思いつきました。コロンブスの卵です。外側の$_をほかの変数に入れちゃえばOKですね。

PS C:\s> dir|%{$_.Fullname;if ($_.PSIsContainer){$outer=$_;dir $_|%{"[" + $outer
.Fullname + "]";$_.Fullname;}}}
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/06/10/80193.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books