2010/03/11

PowerShell的システム管理入門
―― PowerShell 2.0で始める、これからのWindowsシステム管理術 ――

@ITでPowerShellを使ったシステム管理入門の連載を始めました。どうぞよろしくお願いします。

月1更新の全10回を予定しています。予定はこちら。

第1回:PowerShellの概要―今回。概要の解説
第2回:PowerShellの基礎―PowerShellの基礎解説
第3回:ファイル/レジストリの操作
第4回:サービス/プロセスの操作
第5回:イベント・ログの操作
第6回:システム情報(WMI)の取得
第7回:ActiveDirectoryの操作
第8回:IISの管理
第9回:Hyper-Vの管理
第10回:Exchange 2007の管理

これまでWebにあるPowerShell記事は商用記事、個人ブログ問わず、どちらかというと言語的アプローチが多かったと思うのですが、今回の連載はPowerShell言語にフォーカスするのではなく、システム管理シェルとしての機能にフォーカスしています。PowerShellの開発者がシステム管理者に使ってほしいと思っているであろうシステム管理機能を勝手にランキングし、上位を取り出して目次にしました。PowerShell 2.0の段階ではたぶんこのあたりが美味しいと思っています。どうでしょう。ほかにもバックアップとか、フェイルオーバークラスタリングとか、グループポリシーとか、サーバー製品群でもSQL Server 2008とかもありますが、まずはこの辺からかなぁと。

この間、PowerShell2.0の新機能についても記事書いたのであわせてどうぞ。

それと直前の告知になってすみませんですが、今週の土曜日、名古屋でPowerShell 2.0のセッションやります。お時間の都合がつくかたでご興味があればこちらもぜひどうぞ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/03/11/187020.aspx

2009/07/20

こんにちは、むたぐちです。

PowerShellによるWindowsサーバ管理術(永尾 幸夫、小鮒 通成、国井 傑、竹島 友理、牟田口 大介 著)という書籍が、ソフトバンク クリエイティブから2009/07/30に発売予定です。私は1章と2章を執筆させていただきました。

おそらく国内では初の、PowerShell ver.2を使ったスクリプトベースでのWindowsサーバー管理ノウハウの書籍です。ぜひ本屋さんでお手に取ってみてください!

PowerShell ver.2はまだCTP3ですが、いずれWindows Server 2008をはじめ各種OS用のモジュールが提供される予定です。Windows Server 2008 R2とWindows 7ではPSv2が標準機能となっており、現在これらは製品版に近いRC版が公開されていますが、これに含まれるPSv2はほぼ完成しています。そのため、このバージョンのPSv2でも本初収録のスクリプトは動作することを確認しています。そのため、PSv2正式版が公開されてもこの本は問題なく使用できると思います。

# ただ一点だけ、Enable-PSRemotingというコマンドレットがCTPでは関数だったりps1ファイルだったり何となくまだ仕様が謎だったので、winrm quickconfigを使ってありますw

目次はこのような感じです。

第1章 Wndows PowerShellという環境
第2章 PowerShellの基礎知識
第3章 プロセスの管理
第4章 ActiveDirectoryとユーザー管理
第5章 システム情報の管理
第6章 サービスの管理
第7章 イベントログの管理
第8章 ExchangeServerの管理

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/07/20/178462.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books