2011/03/25

PowerShellは一次元のobject配列を多用しますが、実は他言語と同様に、多次元配列やジャグ配列(配列の配列)もちゃんとあります。

ジャグ配列

ジャグ配列の作成

PS > $array = @(@("a","b"),@("c","d","e"))

配列の参照

PS > $array
a
b
c
d
e
PS >  $array.Length
2
PS >  $array[0]
a
b
PS >  $array[0][1]
b

ジャグ配列の作成は、配列をまず作って、その配列を要素に持つ配列を作成するとできます。とても直感的かと思います。ただしここで注意しなければならない点は、

PS > $array = @(@("a","b") + @("c","d","e"))

のように、配列を+演算子で連結するのは駄目であるという点です。こうしてしまうと単に一次元配列同士が連結された要素数5の一次元配列が生成されてしまいます。

さて、このようにジャグ配列に含まれる配列とその数があらかじめ分かっている場合はこのように,演算子を使えば問題ありませんが、そうではない場合はちょっと工夫が必要です。たとえば「テキストファイルの一行ごとにchar[]配列を作り、それらを要素に持つジャグ配列を作成する」ことを考えてみましょう。まず最初に駄目な例。

$lines = @(Get-Content file.txt)
$array = @()
foreach($line in $lines)
{
	$array += [char[]]$line
}

これは一見うまくいきそうですが、先ほどと同じパターンで$arrayは単なるchar[]の一次元配列になってしまいます。目的のジャグ配列を得るには次のようにします。

$lines = @(Get-Content file.txt)
$array = @()
foreach($line in $lines)
{
	$array += ,[char[]]$line
}

ここでは配列要素の追加処理の際、配列に「,」を前置することによって「配列要素を展開することなく、配列そのものとして扱う」ようにしています。こうすることで$arrayにはchar[]配列そのものが要素として追加され、結果としてジャグ配列が格納されます。

 

多次元配列

2x2の多次元配列を作成

PS > $array = New-Object "object[,]" 2,2

要素に値を代入

PS > $array[0,0] = "a"
PS > $array[0,1] = "b"
PS > $array[1,0] = "c"
PS > $array[1,1] = "d"

配列の参照

PS > $array
a
b
c
d

配列のスライス

PS > $array[@(0,0)]
a
PS > $array[@(0,0),@(0,1)]
a
b
PS > $array[@(0,0),@(1,0)]
a
c

配列の作成の仕方がちょっと気持ち悪いですが、これはサイズ固定の一次元配列を作るときと同じ要領です。

配列のスライスも可能で、切り出したい要素のインデックスを「要素のインデックスを表す配列」で指定します。たとえば$array[0,0]を取り出したい場合は$array[@(0,0)]になるわけですね。複数の要素を切り出したい場合は「要素のインデックスを表す配列」の配列(つまりはジャグ配列)を指定することになります。

 

おまけ:一次元配列のちょっとしたtips

変数、プロパティ、コマンドレットの戻り値などで、その値が配列かそうでないかが事前に分からない場合でも、必ず配列として処理したい場合には@を用います。

$lines = Get-Content file.txt

Get-Contentコマンドレットはテキストファイルが1行の場合は、$linesには文字列の配列ではなく文字列が格納されます(複数行なら行ごとの文字列が格納された配列になる)。よってこの場合$linesが配列かどうかは事前には分からないことになります。テキストファイルの1行目を取得するつもりで $lines[0] とやっても、もしテキストファイルが1行だった場合は、その1行の一文字目が返ってきてしまいます。このような事態を防ぐには、

$lines = @(Get-Content file.txt)

のようにすると、$linesには必ず配列が格納されます。たとえテキストファイルが1行でも、要素数1の配列になります。

これとは逆のケースで、「配列か非配列かわからないが、必ず非配列として扱いたい」場合は次のようにするのも手でしょう。

$value = @($unknown)[0]

この場合だともし$unknownが配列だったとしても、その1要素目をとってきて$valueに格納してくれます。本来なら$unknownが配列かどうか確かめて、その要素数がいくつであるかなどを確認すべきなんですが、「非配列か要素数1の配列どちらかが返されるパターン」というのはADSIやXMLなど扱う際に意外と多くて、そういう場合に有用かと思います。

JavaScriptの配列操作と同じようなことをする方法

$array = @(1..5)
# push(配列末尾に値を追加)
$array += 6

# unshift(配列先頭に値を追加)
$array = @(0) + $array

# shift(配列先頭の値を削除)
$array[0]; $array = $array[1..($array.length-1)]

# pop(配列末尾の値を削除)
$array[$array.length-1]; $array=$array[0..($array.length-2)]
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/03/25/197857.aspx

2010/06/25

今月のWindows UpdateでVista/XP/Server 2003/Server 2008用のWindows PowerShell 2.0が提供開始になりました。Windows Server 2008の場合では次のような表示になります。

Windows Server 2008 用の Windows PowerShell 2.0 および WinRM 2.0 (KB968930)

ダウンロード サイズ: 32.4 MB

この更新プログラムを有効にするには、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの種類: オプション

Windows 管理フレームワーク コア パッケージには、Windows PowerShell 2.0 および Windows リモート管理 (WinRM) 2.0 が含まれています。Windows 管理フレームワークの詳細については、http://support.microsoft.com/kb/968929 を参照してください。

詳細情報:
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=165613

 

公式ブログの記事:Windows PowerShell 2.0 on Windows Update - Windows PowerShell Blog - Site Home - MSDN Blogs

このアップデートは強制ではなくオプションです。このアップデートを適用すると、Windows 管理フレームワーク (Windows PowerShell 2. 0、WinRM 2. 0、および BITS 4. 0) をインストーラーを使用して適用するのと同様にPowerShell 2.0を導入することができます。なお、このインストーラーではPowerShell 1.0があらかじめシステムにインストールされている場合は前もってアンインストールする必要がありましたが、Windows Updateの場合はアンインストールの必要はなく、自動的に1.0が上書きされ2.0になります。なお.NET Framework 2.0 sp1以上がインストールされていない場合、または、正式版でないPowerShellがシステムにインストールされている場合、このアップデートは候補に現れません。

このアップデートはアンインストールすることができます。その場合はコントロールパネルの「プログラムと機能」などで「更新プログラム」を表示し、「Windows Management Framework Core」を選択します。なおこのアップデートをする前にv1.0をインストールしていた場合は、当該アップデートをアンインストールすることでPowerShellのバージョンがv2.0からv1.0に戻ります。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/06/25/190599.aspx

2009/08/15

イマイチ注目度の低いガジェットですが、Windows Vista→7でかなり変更があります。まだ開発までは追いきれてないのですが、とりあえず使用方法について気付いたことをメモ。

  Windows サイドバー ガジェット Windows デスクトップ ガジェット
OS Windows Vista Windows 7
デフォルト表示位置 デスクトップの左右どちらか(マルチディスプレイ環境ではいずれか一つのディスプレイ) デスクトップの任意の場所。ただし、デスクトップの左右には目に見えないグリッドがあり、マウスでD&Dすると位置補正がかかる。(シフトキーを押しながらだと補正はかからない)
整列 左右に格納(Docked)時は自動整列 自動整列なし
マルチページ 左右に格納時、はみ出したガジェットは2ページ目以降に表示される マルチページ機能なし
ショートカットキー

Windowsキー+スペースキーで手前に表示
Windowsキー+Gでガジェットの選択

Windowsキー+Gでガジェットの選択
のみ (8/19修正。JZ5さん komvoyさんありがとうございます)

ガジェットの大きさ Docked時は小さいサイズ、unDocked(デスクトップの任意の場所に配置)時は大きいサイズ ガジェットの右上に表示されるボタンで小さいサイズと大きいサイズのいずれかを選択できる
ガジェットの最小サイズ 130 x 55px なし?
起動方法 スタートメニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「Windows サイドバー」から起動 デスクトップを右クリックし、「表示」→「デスクトップ ガジェットの表示」にチェック
終了方法 通知領域(タスクトレイ)のアイコンの右クリックメニュー デスクトップを右クリックし、「表示」→「デスクトップ ガジェットの表示」のチェックをはずす
ガジェットの追加 サイドバーの上の+ボタンクリック デスクトップを右クリックして「ガジェット」をクリック
なんか、微妙に機能が削られてるというかなんというか…あと、デスクトップ右に並べた時に右にできるスペースが妙に広い。まぁアイコンが大きくなったせいなんでしょうが… 元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/08/15/180164.aspx

2007/05/24

基本は赤坂さんのCodezineの記事を追っていくことにしましょう。

まずガジェットのひな形を作るには

1.ガジェット保存フォルダ(C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\)に

2.作るガジェットのサブフォルダ(<ガジェット名.gadget>)を作り、

3.その中にgadget.xmlファイルを作る

4.また、ガジェットの実体であるhtmlファイルを作る

これで、ガジェットの追加ダイアログに表示されるようになります。

例は赤坂さんの記事にあるので、ここでは実際のコードを。

■C:\Users\daisuke\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\Large_Feed.gadget\gadget.xml



 フィード ヘッドライン(大)
 1.0.0.0
 
  
   
   Full
   
  
 


■C:\Users\daisuke\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\Large_Feed.gadget\large_feed.html


 
  フィード ヘッドライン(大)
    
    
 
 
  

ここにフィードが表示されます。

さて、これを実際に表示させるとこのようになります。

ガジェットのひな形

まだ何も機能しませんが、立派にガジェットができました。
gadget.xmlの文法などは赤坂さんの説明をご参照ください。

ちなみにドラッグしてデスクトップに置く(アンドックする)とサイズが変わります。これは、System.Gadget.onDockイベントにサイズ変更のための関数(Function)の関数ポインタを代入していることで実現しています。VBScriptではGetRef関数が関数ポインタを扱う関数です。関数ポインタってなに?ってことはあまり気にしないで、とにかくイベントと実際の動作を関連付けるとだけ理解してればいいでしょう。

今回はここまでです。次回はいよいよRSS取得に挑戦してみます?予定は未定w

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/24/78230.aspx

2006/12/28

PowerShellの配列は基本的に値の入った固定長の配列が作成できます。

たとえば

$a=1,2,3,4,5
$b=6..10
[system.diagnostics.process[]]$proc=get-process

等々。でも空の固定長の配列も実は作成可能であるという話をこの前ある方から聞きました。

PS C:\> [Int32[]]$ar = new-object System.Int32[] 5
PS C:\> $ar.IsFixedSize
True
PS C:\> $ar.Length
5
PS C:\> $ar
0
0
0
0
0

こんな感じです。5が気持ち悪い方は(5)でもいいです。要はnew-objectコマンドレットでSystem.Int32[]の配列を作り、コンストラクタに配列のサイズを指定しているのですね。0で初期化されてしまうのはどうにかならないかな。まあめったに使うことはないと思いますが一応ここでも取り上げておきます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/28/53984.aspx

2006/12/07

"{0:#,##0}Bytes" -f (dir -recurse -force|measure-object length -sum).Sum

こんなのでいけますね。結果は87,471,463Bytesのように表示されます。

単に

dir -recurse -force|measure-object length -sum

とすれば、

Count    : 4142
Average  :
Sum      : 87471463
Maximum  :
Minimum  :
Property : length

と表示され、ファイル数もカウントできます。

ところで質問なんですけど、{0:#,##0}のようなフォーマット文字列の書式一覧ってMSDNのどこにあるんでしょうか?

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/07/48877.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Awards

Books

Twitter