2016/04/23

Japan PowerShell User Group (JPPOSH) 主催の第 6 回 PowerShell 勉強会(4/9)には多数の方にお越しいただき、ありがとうございました。

PowerShell勉強会は今後も年2回くらいのペースで続けて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、私のセッション「PowerShell 5.0 新機能と関連OSSのご紹介」のスライドを公開します。前半は以前のものとだいたい同じですが、正式版対応版にアップデートしています。

今回は去年から今年にかけて、PowerShell関連ソフトウェアとしてOSS化したものを、まとめて紹介しました。以下は今回紹介したもののリストです。

またデモで用いたサンプルファイルも公開します。

このzipにも同梱してますが、PSScriptAnalyzerのカスタムルールはこんな感じで作ります。作り方は、ASTを受け取って、中身をチェックして、ルールに該当するならDiagnosticRecordを返すというのが基本になります。

using namespace Microsoft.Windows.PowerShell.ScriptAnalyzer.Generic
using namespace System.Management.Automation.Language

Import-Module PSScriptAnalyzer

function Test-UsingVarsWithNonAsciiCharacter
{
    # 変数に半角英数字以外の文字種が含まれていると警告するカスタムルール。
    [CmdletBinding()]
    [OutputType([DiagnosticRecord[]])]
    Param
    (
        [Parameter(Mandatory = $true)]
        [ValidateNotNullOrEmpty()]
        [ScriptBlockAst]
        $ScriptBlockAst
    )

    Process
    {
        [Ast[]]$variableAsts = $ScriptBlockAst.FindAll({
            param([Ast]$ast)
            $ast -is [VariableExpressionAst]
        }, $true)

        $variableAsts | 
        where {
            $_.VariablePath.UserPath -notmatch '^[a-zA-z0-9_]+$'
        }|
        foreach {
            $result = [DiagnosticRecord[]]@{
                "Message"  = "変数 `$$($_.VariablePath.UserPath) に半角英数字以外の文字種が使われています。"
                "Extent"   = $_.Extent
                "RuleName" = "AvoidUsingVarsWithNonAsciiCharacter"
                "Severity" = "Warning"
            }
            $result
        }
    }
}
Export-ModuleMember Test-UsingVarsWithNonAsciiCharacter

ついでにPesterのサンプルコードも。2つのパラメータを足し算する関数、Invoke-Additionに対するテストコードの例となります。

$here = Split-Path -Parent $MyInvocation.MyCommand.Path
$sut = (Split-Path -Leaf $MyInvocation.MyCommand.Path) -replace '\.Tests\.', '.'
. "$here\$sut"

Describe "Invoke-Addition" {   # テストの定義
    Context "足し算の実行" {   # テストのグループ化
        It "整数値を2個指定すると、足し算された結果が返る" {  # テストケース
            Invoke-Addition 3 5 | Should Be 8 # アサーション
        }

        It "小数値を2個指定すると、足し算された結果が返る" {
            Invoke-Addition 3.4 5.8 | Should Be 9.2
        }
    }

    Context "エラーの発生" {
        It "足し算できないものを指定するとエラー" {
            {Invoke-Addition 10 "x"} | Should Throw 
        }
    }
}

2014/08/25

2014/08/23わんくま横浜#06にお越しいただいた方、どうもありがとうございました。

私の「PowerShellコマンドの書き方」というセッションの資料を公開します。

以下、セッション概要の再掲です。

PowerShellのコマンドを記述する方法としては、大きく分けて、.NET言語で記述する「コマンドレット」と、スクリプトで記述する「高度な関数」があります。
他言語の関数などと異なり、PowerShellのコマンドは他コマンドと連携させるためには、パイプラインの動作をきちんと把握して作成する必要があります。
今回はPowerShellのパイプラインの挙動と、それを踏まえたコマンドレットと高度な関数の書き方を解説します。
デモのお題としては、Friendlyを使ったUI操作自動化コマンドなんていかがですかね?

ところで、同内容のセッションを今度は関西でもやる予定です。詳細が決まり次第、ここで告知します。

9/9追記。http://winscript.jp/powershell/282に、本セッションで行ったデモ用のサンプルコードを公開しました。

2008/12/07

レガシASPでサイトを作ってると、Shift-JISなサイトを作るのが基本になると思います。なんでかというと、FileSystemObjectが基本的にShift-JISの読み書きにしか対応しておらず(UTF-16もいけますが)、いまどきのUTF-8を使うのはちょっと面倒です(FSOの代わりにADODB.Streamを使えば行けますけどどうでしょうねー?私はあんまり好きじゃないです)。

ただ、UTF-8な他のWebサイト/サービスと連携する場合はどうしても避けて通れません。そこでレガシASPでShift-JISなページを作る際、UTF-8文字列を扱う上で知っておくべきこと。

1. escape関数を使うとShift-JISでURLエンコードがされる

ASPはだいたいVBScriptで書くと思うんですが、隠し関数であるescape関数を使うとURLエンコードができます。ですが、escape関数は呼び出し元のページコードの文字コードでエンコードします。なのでShift-JISなページで呼び出すとShift-JISのエンコードURLを出力します。(ちなみにWSHで使うとUTF-16のものになる)

JScriptのencodeURIComponent関数はどんな場合でもUTF-8文字列を出力するので、これを使うといいでしょう。使い方はこうです。

Set sc = CreateObject("ScriptControl")
sc.Language = "JScript"
Set js = sc.CodeObject
Response.Write js.encodeURIComponent("文字列") 

逆にShift-JISなページでShift-JISなエンコードURL文字列を取得したい場合は単にescape関数を呼び出せばいいです。
さらに別なケースですがUTF-8なページでShift-JISなエンコードURLを取得したい場合は、こんな関数を使うといいんじゃないでしょうか

2. XMLHTTPでPostメソッドでSendする際は必ずUTF-8でURLエンコードがされる

Set xh = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
xh.Open "POST", "http://hogehoge/hoge.aspx", False
xh.Send "文字列"

このように何も考えずに書いても、勝手にUTF-8でURLエンコードされてPostされるので大丈夫です。

3. UTF-8なページのHTMLを読み込む際

標準機能だけでやろうと思うとADODB.Streamを使うしかないと思います。
ちなみに読み込むページの文字コードが不明の場合は判定した上で変換する必要がありますが、これはかなり面倒なので、BASP21を使うといいんじゃないでしょうか。

Function GetPageString(strUrl)
 Set bobj = CreateObject("basp21")
 Set oHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
 oHTTP.Open "GET", strUrl, False
 oHTTP.Send
 GetPageString = bobj.Kconv (oHTTP.responseBody,4)
End Function

これは引数にURLを与えるとそのHTMLを文字列として取得します。対象の文字コードが何であってもOKなのがミソ。

4. UTF-8のURLエンコードされたクエリ、あるいはPOSTされたデータを受ける際

これのやり方が分からない!具体的にはトラックバックpingなんかを受け取る際に困ります(さすがにShift-JISでトラックバックpingを送れ!というのはゴーマンだと思います)。私はここだけASP.NETを使って逃げました。どなたかやり方わかります?

追記。Request.BinaryReadしたやつをADODB.Streamにかけたあと&でsplitして=でsplitしてDictionaryに入れてdecodeURIComponentすればいけるかな?

ただし、ここだけASP.NETを使う際にも注意が必要です。まずweb.configの<system.web>セクションに

<globalization
requestEncoding="Shift-JIS" responseEncoding="Shift-JIS" fileEncoding="Shift-JIS"/>

というのを埋め込んで、まずレスポンスエンコーディングをShift-JISにしておきます。IISの設定でもいいですが。

続いてコーディング。Request.QueryStringやRequest.Formは使えないので、Request.InputStreamを使ってごりごり読まないと駄目じゃないかな・・・。なぜかVB.NETですがUTF-8なトラックバックpingをShift-JISなページで受けるサンプルコードを。

Dim str As System.IO.Stream
Dim counter, strLen, strRead As Integer
str = Request.InputStream
strLen = CInt(str.Length)
Dim strArr(strLen) As Byte
strRead = str.Read(strArr, 0, strLen)

Dim Forms As New Dictionary(Of String, String)

For Each item As String In Split(Encoding.UTF8.GetString(strArr),"&")
	If InStr(item, "=") Then
		Dim s As String() = Split(item, "=")
		If s.Length = 2 And Not Forms.ContainsKey(s(0)) Then
			Forms.Add(s(0), HttpUtility.HtmlEncode(HttpUtility.UrlDecode(s(1), Encoding.UTF8)).Trim().Replace(vbNullChar, ""))
		End If
	End If
Next

↑自分でも謎なコードを書いてたのでちょっとマシなのに修正。コンパイル通るかどうかわかりませんが・・・さらにゴミコードが残ってたのでバッサリ切りました。

ただし!これの問題は改行コードが消えることなんです。対処法は見つけていません(勘違いでした)。もっといい方法があったら教えてください。そもそもInputStreamを使わないでRequest.Formとか使いたいんですが、Shift-JISのところにUTF-8が来るとうまくいかないですねぇー。

というわけで長々と書きましたが、Shift-JISにこだわらなければこんなに苦労することはないです。FileSystemObjectがUTF-8を読み書きできないので私はSJISにこだわってるだけです。FSOはWSHからも使いますので・・・

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/12/07/162931.aspx

2007/11/08

Windows Server World 11月号にPowerShell記事を書かせていただいたのですが、掲載されたサンプルコードが公式サイトからダウンロードできます。

Windows Server World Online - 月刊誌連動企画
http://www.windows-world.jp/project/?magazine_id=200711

直リンクはこちら

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/08/106960.aspx

2007/06/11

第 4 回 Admintech.jp 勉強会 - Admintech.jp
http://itpro.admintech.jp/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E8+4+%B2%F3+Admintech%2Ejp+%CA%D9%B6%AF%B2%F1

に参加してきました。はせがわさんの「今さらながらのWSH」という講演で、J(ava)Scriptを使ったいまどきのスクリプトを考えてみるという趣旨のもので、かなりハイレベルかつ興味深いものでした。講演資料がはせがわさんのサイトで公開されているので、サンプルコードなど参考にされてみるといいと思います。

デフォでは組み込みオブジェクトのprototypeによる拡張はできないとおっしゃっていましたが、WSHでは可能ですー。あまりできないという話を聞いたことがなかったので「おや」と思ったんですが、

prototype プロパティ
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/0cyeksx4(VS.80).aspx

の記述はJScript.NETの記述であると思われます。

それと、WSCで関数オブジェクトを返却できないのはWScript.GetObjectメソッドのバグっぽいです。VBScriptのGetObject関数なら、

Set objTest = GetObject("Script:D:\script\test.wsc")
msgbox typename(objTest.Func())

という具合に実行すると Object と表示されます。WScript.GetObjectとするとWSHが落ちますね(WSH5.6、5.7で検証)。ScriptControlでラップしてGetObject関数を使うとうまくいくかもしれません。(未検証)

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/06/11/80256.aspx

2007/05/30

Windows PowerShell: Active Directory を操作する -- TechNet Magazine, June 2007
http://www.microsoft.com/technet/technetmag/issues/2007/06/PowerShell/default.aspx?loc=jp/

今月号はADSIの話です。ただしPowerShellでADSIを扱うととにかく動作が変です。この記事でもいろいろ言い訳されてますがwここで取り上げられた記事のサンプルコードもたぶん実際には動作確認してないと思います。「友からの手助け」という段落はVBScriptからコンバートしたコードが載っていますがこれは嘘があります。&演算子はPowerShellにはないです。

ADSIはまだまだWSHで動かすのが吉だと個人的には思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/30/78858.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books