2017/12/01

この記事はPowerShell Advent Calendar 2017の1日目です。

毎年恒例のPowerShell Advent Calendar、今年も始まりました。ここ数年は私がトップバッターを務めさせていただいて、1年間のPowerShell界隈の出来事をさくっとまとめてみています。→2016年2015年

昨年2016年はPowerShell 10周年の年であり、PowerShell 5.1、Windows Server 2016、Nano ServerとPowerShell Core Editionが各々正式版としてリリースされ、さらにはPowerShellがオープンソース化、マルチプラットフォーム展開を始めるという大きな変革があった年でした。

今年2017年は昨年ほど大きな変化はないとはいえ、昨年のOSS化からのマルチプラットフォーム展開を着実に進行させた年だと言えると思います。

以下、いくつかトピックを紹介します。

WMF 5.1インストーラーの登場

PowerShell 5.1を含むWMF (Windows Management Framework) 5.1は、Windows2016に同梱され、昨年8月にリリースされたWindows 10 Anniversary Updateにも同梱されました。今年1月に公開されたWMF5.1のインストーラーは、下位OS(Windows 7/8.1/Server 2008 R2/2012/2012 R2)のためのものです。

なお、Win10/2016に同梱のPester(テストフレームワーク)やPSReadline(コンソール入力支援)についてはWMF5.1には含まれていないので、別途PowerShellGetでインストールするのがお勧めです。

Azure Cloud ShellでのPowerShell サポート

Webブラウザ上で動作するAzureの管理用シェルである、Azure Cloud ShellではまずBashがサポートされていましたが、今年9月にPowerShellもサポート(まだプレビューですが)されました。

自動的に認証された状態で最新のAzure PowerShellのコマンドが使え、AzureのリソースにAzure:ドライブを介してアクセスすることが可能です。

注意点があって、このPowerShell版Azure Cloud Shell、どうも現バージョンでは(Nano Serverではなく)Windows Server Coreのコンテナ上で動作しているらしく、Bashに比べ起動が若干遅いのと、実体はPowerShell CoreではなくWindows PowerShell 5.1であることはちょっと念頭においておいたほうがいいかもしれません。

これ、PowerShell CoreではまだAzure PowerShellの全機能がサポートされてないからだと思うんですが、今後に期待ですね。

PowerShell for Visual Studio Code 正式版リリース

先だってオープンソース化された、マルチプラットフォーム対応のコードエディタであるVisual Studio CodeでPowerShellスクリプトの開発を行うためのExtension、PowerShell for Visual Studio Codeの正式版(1.0)が5月に公開されました。なお、現時点での最新バージョンは1.5.1となっています。

当初は、PowerShellに付属の標準スクリプト開発環境、PowerShell ISEの方が多機能だったようにも思いますが、今はもう完全にISEの機能を追い越したんじゃないかと思います。シンタックスハイライト、インテリセンス、デバッグ、コンソールといった基本機能はもちろん、Gitによるバージョン管理もVSCode自体でサポートされていることに加え、静的解析機能を提供するPowerShell Script Analyzer、テストフレームワークのPester、プロジェクト管理機能を提供するPlasterなどが統合されており、本格的な開発環境となっています。

また当然ではありますが、マルチプラットフォーム対応なので、WindowsではWindows PowerShell 、LinuxやMacではPowerShell Coreの開発が各々可能です。

公式ブログでのアナウンスによれば、今後ISEがなくなることはありませんが、ISEに新機能が追加されることはなくなり、PowerShell for VSCodeの開発に注力されることになります。ISEはとにかく標準添付である(GUI有効ならサーバーOSでも動く!)という強みがあり、シンプルなスクリプト記述であればそこそこ便利に使えるので、これからもシチュエーションに応じて使い分けて行けば良いのかなと思います。

PowerShell Core RCのリリース

昨年OSS化したPowerShell Core 6はα版として開発が続いていましたが、今年5月にはβ版となり、先月(11月)、ついにRC(Release Candidate)となりました。6.0.0のGAリリースは来年1月になるそうです。

OSS化直後からRCに至るまでの変更点は多岐に渡り、とても一言で説明できるものではないですが、ポイントとしては以下の3点に集約されるんじゃないかと思います。

  1. PowerShellが長年抱えていた問題点の洗い出しと修正

    PowerShellがOSS化した当初は、ほとんどがWindows PowerShell 5.1のコードそのままであったと言ってよいかと思います。10年以上増改築が繰り返されたコードが突如、全世界に公開されたわけです。コミュニティの力でバグや変な仕様といった問題点が洗い出され、どんどん修正されていきました。
    また、不足していると思われる機能はどんどん追加されました。既存コマンドレットのパラメータが増えるというパターンが多かったように思います。

    特筆すべきは、破壊的変更であっても妥当性があれば躊躇せずに取り入れていったことかと思います。これは英断ではありますが、一方でWindows PowerShell 5.1とPowerShell Coreでは細かいところで非互換性が色々出ていますので、移行の際には注意を要します。

  2. マルチプラットフォーム対応

    前述の通り、OSS化した当初のPowerShell 6.0は、ほぼWindows PowerShell 5.1なので、Windowsでしか動作しない部分が多々ありました。それをLinuxやMac環境でも動作するように多くの修正が加えられました。

    ところで、PowerShell 6.0は当初、条件付きコンパイルにより、Windows用に.NET Framework(Full CLR)をターゲットにして、Desktop Edition相当のPowerShellをビルドすることが可能でした。

    しかしβ版になったタイミングで、OSS版PowerShell 6.0は、「PowerShell Core 6.0」すなわち、「.NET Core上で動作するPowerShell Core」であることが明確にされました。よってFull CLRターゲットのビルドはできなくなり、β6ではついにFull CLR対応のコードはすべて削除され、Core CLR対応のコードのみとなりました。

  3. Windows PowerShell用コマンドレットの呼び出し

    PowerShell Core 6.0にはいくつかのコマンドレットが同梱されていますが、Windows PowerShell 5.1に含まれているすべてのコマンドレットを網羅しているわけではありません。また、WindowsやWindows Serverの管理のために提供されている、OS付属のモジュール群もCore 6.0には含まれておらず、α版の段階では実行も不可能(だったはず)でした。

    β1からターゲットが.NET Core 2.0に移行したことにより、.NET Standard 2.0がサポートされました。このことによって、Windowsに付属の数千ものコマンドレットを初めとするWindows PowerShell用コマンドレット(要はFull CLRをターゲットとしてビルドされたもの)のうち、.NET Standard 2.0に含まれるAPIしか使われていないものであれば、原理的にはPowerShell Coreでも実行可能になりました。

Windows PowerShellの今後

さて、PowerShell Core 6.0がまもなく正式版リリースということですが、では従来のWindows PowerShellはどうなるのか、という話について。

公式ブログのアナウンスによれば、Windows 10やWindows Server 2016に付属のWindows PowerShell 5.1については、今後もサポートライフサイクルに則り、重大なバグフィックスやセキュリティパッチ提供等のサポートは継続されます。もちろん下位バージョンのOS/Windows PowerShellも同様です。

しかしながら、Windows PowerShellに新機能が追加されることは今後はなく、開発のメインはPowerShell Coreへと移行します。つまりは、PowerShell Coreの開発の中で追加された新機能、変更点、バグフィックスについては、基本的にはWindows PowerShellとは無関係ということです。

また、現状ではPowerShell CoreはWindows PowerShell環境に追加インストールし、サイドバイサイド実行が可能となっていますが、将来的にPowerShell CoreがWindowsに同梱されるかどうかについては言及されておらず、今のところは不明です。

以下は私見になります。

このような状況で、Windows PowerShellユーザー、とりわけWindows Serverの管理はするが、Linuxとかは特に…というユーザーはこれからどうすべきか?という点は割と悩ましいところだと思います。個人的には、WindowsやWindows Serverを管理するスクリプトが現時点であるなら、それを無理に今すぐCore対応にする必要はないと思います。現時点で今すぐCoreに移行すべき理由というのはとくに無いと感じます。Coreで追加、改善された機能はあるものの、Coreには無い機能もたくさんあるからです。
また新規にスクリプトを作る場合でも、対象がWindowsに限定されるのであれば、Windows PowerShell用に作れば良いのではないかと。OS付属のコマンドレットの動作は確実に保証されているわけですから。

ただし、ご存じの通りWindows10とServer 2016は半期に一度の大型アップデートで新機能が次々追加されていきます。その過程でPowerShell Coreが含まれるようになったり、Coreのみ対応のコマンドレットが追加される可能性は無きにしもあらずなのではないかとも思います。なので、Coreの状況をチラ見しつつ、未来に備えておく必要はあると思います。Windows10/Server2016の「次」も見据えて。

それとPowerShellでWindowsもLinuxも面倒みていきたい、という野心がある方は、Coreを採用していくのがいいのではないかと思います。ただし、現状しばらくは茨の道ではあるとは思います。

あとはスクリプトやモジュールを作成し公開する方は、より多くの環境で使われるように、可能であればCore対応を進めるのは悪くないんじゃないかと思います。

おわりに

他にもWin10/Server2016におけるPowerShell 2.0の非推奨化の話とか、DSC Core構想とか、なにげに結構いろいろ話題はありました。

さて、Windows PowerShellとしては一端落ち着いた感もある界隈ですが、PowerShell Coreとしてはこれからも活発に動いていくものと思います。注目していきたいですね。

そんな2017年の締めくくり、今年はどんな記事が集まるでしょうか。PowerShell Advent Calendar 2017の参加、お待ちしております。

2012/12/14

本記事はPowerShell Advent Calendar 2012の14日目の記事になります。

前回(アドベントカレンダー1日目)は「PowerShellらしい関数の書き方」と題して、パイプライン内でうまく他のコマンドと連携させるための関数をどう書けばいいのか、ということについて書きました。前回の関数の例では入力型と出力型がstringだったのですが、実際は自分で定義した型を入力、出力値に取るように書くのが普通かと思います。今回は、それをするためにどうやって型を定義するのか、そしてその型を関数にどう指定するのか、という話をします。

PowerShellにはクラス定義構文がない

そもそもの話になるんですが、型を定義する、つまりはクラスを記述するためのPowerShellのステートメントやコマンドレットが無いため、PowerShell単独ではできません。なので無理です以上おしまい。…というわけにはいかないので、実際はどうするのがいいのかという話をしていきます。

方法としては大きく分けて二つあると思います。

1.C#など他の.NET言語を用いてクラスを記述する

2.ユーザー定義オブジェクトを作成する

今回は1の方法を説明します。

C#を用いてクラスを記述する

つまりはPowerShellでクラスを定義できないなら、C#を使えばいいじゃない。ということです。幸いPowerShell 2.0からはAdd-Typeというコマンドレットを用いると、C#やVBなど.NET言語のソースをその場でコンパイルしてアセンブリとして現在のセッションに読み込むことが可能です。

たとえば、論理ドライブを表すDriveというクラスを定義してみます。

Add-Type -TypeDefinition @"
    namespace Winscript
    {
        public enum DriveType
        {
            Unknown, NoRootDirectory, RemovableDisk, LocalDisk, NetworkDrive, CompactDisc, RAMDisk
        }

        public class Drive
        {
            public string Name {get;set;}
            public string VolumeName {get;set;}
            public DriveType Type {get;set;}
            public long Size  {get;set;}
            public long FreeSpace  {get;set;}
            public long UsedSpace  {get;set;}
            public string RootPath {get;set;}
        }
    }
"@ -Language CSharpVersion3

このようにC#のコードを文字列として-TypeDefinitionパラメータに与えると、コンパイルされて指定のクラス(ここではWinscript.Drive)がロードされます。

ここで-Language CSharpVersion3というパラメータは指定コードをC# 3.0としてコンパイルすることを指定するため、今回使用している自動実装プロパティなどC# 3.0の構文が利用できます。なおこのパラメータはPowerShell 3.0では不要です。ただし明示しておくとPowerShell 2.0でも正しく動作します。というのも-Languageパラメータ省略時はPowerShell 2.0ではC# 2.0でコンパイルされるのですが、PowerShell 3.0ではC# 3.0でコンパイルするためです(逆にPSv3でC#2.0でコンパイルするには”CSharpVersion2”という新しく追加されたパラメータ値を指定します)

なお、ここでは-TypeDefinitionパラメータを用いてクラス全体を記述しましたが、この例のように列挙体も定義してそれをプロパティの型にするなどせず、すべて基本型のプロパティで完結するのならば、-MemberDefinitionパラメータを使ってメンバ定義だけを行う方が記述が短くなります。以下はWinscript.Manというクラスを定義する例です。

Add-Type -Namespace Winscript -Name Man -MemberDefinition @"
    public int Age {get;set;}
    public string Name {get;set;}
"@ -Language CSharpVersion3

例のようにC#のコード内には特にロジックを記述せず、単にデータの入れ物となるクラスにとどめておくのが良いかと思います。別にロジックを書いてもいいのですが、ISEで記述する限りはC#の編集に関してはただのテキストエディタレベルの恩恵しか受けないですし、それなら最初からVisual Studio使ってC#で全部コマンドレットとして書けばいいのに、ともなりかねないので。PowerShellでは実現困難な処理などがあればそれをメソッドとして書く程度ならいいかもしれません。ただしメソッドを記述してもそれをユーザーに直接使わせるというよりも、関数でラップして使わせる形が望ましいでしょう。

さて、次はこのクラスのオブジェクトを扱う関数を記述していきます。

定義した型のオブジェクトを扱う関数の記述

ここでは3つの関数を定義しています。Get-Drive関数はシステムに含まれるすべての論理ドライブを取得、Show-Drive関数は指定のDriveオブジェクトをエクスプローラで開く、Set-Drive関数は指定のDriveオブジェクトのボリューム名(VolumeNameプロパティ)を変更するものです。

ちなみに関数の動詞部分(ここではGet, Show, Set)は、Get-Verb関数で取得できるリスト以外のものは基本的に使わないようにします。モジュールに組み込んだ場合、インポートのたびに警告が出てしまうので。

関数の基本については前回に書いているので、今回のコードはそれを踏まえて読んでみてください。

function Get-Drive
{
    [OutputType([Winscript.Drive])]
    param(
        [string[]]$Name,
        [Winscript.DriveType]$Type
    )

    Get-WmiObject -Class Win32_LogicalDisk | ForEach-Object {
        if($null -ne $Name -and $Name -notcontains $_.Name)
        {
        }
        elseif($Type -ne $null -and $_.DriveType -ne $Type)
        {   
        }
        else
        {
            New-Object Winscript.Drive -Property @{
                Name = $_.Name
                VolumeName = $_.VolumeName
                Type = [enum]::Parse([Winscript.DriveType],$_.DriveType)
                RootPath = if($_.ProviderName -ne $null){$_.ProviderName}else{$_.Name + "\"}
                Size = $_.Size
                FreeSpace = $_.FreeSpace
                UsedSpace = $_.Size - $_.FreeSpace
            }
        }
    }
}

(↑10:33 foreachステートメントではなくForEach-Objectコマンドレットを使うように修正。Get-*な関数のようにパイプラインの先頭で実行する関数でも、内部でPowerShellのコマンドレットや関数の出力を利用する場合は、配列化してforeachするよりも、ForEach-Objectで出力を逐次処理した方が良いですね。内部関数の出力がすべて完了してから一気に出力するのではなく、内部関数が1個オブジェクトを出力するたびに出力するようにできるので。)

function Show-Drive
{
    [OutputType([Winscript.Drive])]
    param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$true,Mandatory=$true)]
        [Winscript.Drive[]]
        $Drive,
        
        [switch]
        $PassThru
    )

    process
    {
        foreach($d in $Drive)
        {
            Start-Process $d.Name
            if($PassThru)
            {
                $d
            }
        }
    }
}
function Set-Drive
{
      param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$true,Mandatory=$true)]
        [Winscript.Drive]
        $Drive,
        
        [Parameter(Mandatory=$true)] 
        [string]
        $VolumeName
    )

    process
    {
        Get-WmiObject Win32_LogicalDisk -Filter "DeviceID='$($Drive.Name)'" |
            Set-WmiInstance -Arguments @{VolumeName=$VolumeName} | Out-Null
    }
}

細かい説明は省きますが、前回説明した関数の基本フォーマットに、自分で定義した型を適用してロジックを書くとこうなる、という参考例としてとらえてください。

一つだけ前回に説明し忘れてたことがあります。それは[OutputType]属性です。これは文字通り、関数の出力型を指定するものです。この属性を指定しておくと何が嬉しいかというと、関数の出力を変数に代入したりWhere-Objectコマンドレットでフィルタをかけるコードを記述する際、関数の実行「前」にもプロパティ名をちゃんとタブ補完してくれるようになります。残念ながらこの静的解析機能はPowerShell 3.0からのものなので2.0だとできませんが、OutputType属性自体は2.0でも定義可能なので、定義しておくことを推奨します。

さて、型の定義と関数の定義をしたので実際に関数を実行してみます。

PS> Get-Drive # 全ドライブ取得

Name       : C:
VolumeName :
Type       : LocalDisk
Size       : 119926681600
FreeSpace  : 12262494208
UsedSpace  : 107664187392
RootPath   : C:\

Name       : D:
VolumeName :
Type       : LocalDisk
Size       : 500086886400
FreeSpace  : 198589583360
UsedSpace  : 301497303040
RootPath   : D:\

Name       : Q:
VolumeName :
Type       : CompactDisc
Size       : 0
FreeSpace  : 0
UsedSpace  : 0
RootPath   : Q:\

Name       : V:
VolumeName : 
Type       : NetworkDrive
Size       : 1500299390976
FreeSpace  : 571001868288
UsedSpace  : 929297522688
RootPath   : \\server\D

PS> Get-Drive | where {$_.Size -gt 1TB} # Where-Objectでフィルタ

Name       : V:
VolumeName : 
Type       : NetworkDrive
Size       : 1500299390976
FreeSpace  : 571001868288
UsedSpace  : 929297522688
RootPath   : \\server\D

PS> Get-Drive -Type NetworkDrive | Show-Drive -PassThru | ConvertTo-Csv #ネットワークドライブのみエクスプローラーで開く。取得結果はCSVとして出力。
#TYPE Winscript.Drive
"Name","VolumeName","Type","Size","FreeSpace","UsedSpace","RootPath"
"V:","","NetworkDrive","1500299390976","571001868288","929297522688","\\server\D"
PS> Get-Drive -Name D: | Set-Drive -VolumeName 新しいドライブ # D:ドライブのボリューム名を指定。(管理者権限で)

関数をきちんとPowerShellの流儀に従って記述したおかげで、このようにPowerShellの他の標準コマンドレットと同様の呼び出し方ができ、自作関数やそれ以外のコマンド同士をうまくパイプラインで繋げて実行することができています。

さて、おそらく一つ気になる点があるとすれば、ドライブの容量表示が見づらいということでしょう。容量であればGBとかの単位で表示してほしいですし、大きい数字は,で桁を区切ってほしいですよね。じゃあそういう値を文字列で返すプロパティを定義してやる必要があるというかと言えばそんなことはなく、PowerShellには型に応じた表示フォーマットを指定する方法が用意されています。次回はそのあたりを解説しようと思います。

また、C#とかめんどくさいしもうちょっと楽な方法はないのか?ということで、最初の方でちょっと触れた、ユーザー定義オブジェクトを利用する方法も、余裕があれば次回に。

さて、PSアドベントカレンダー、明日はsunnyoneさんです。よろしくお願いします!

2011/09/08

PowerShellでクリップボードを読み書きする方法については5年ほど前にクリップボードアクセス(未完)II という記事を書きました。タイトル通り未完でして、このたび完結編を書こうと思いました。

System.Windows.Forms.Clipboardクラスを使う場合は先の記事にあるようにPowerShellをSTAで動作させる必要があります。ver.1の当時はその方法がありませんでしたが、ver.2ではpowershell.exeに-staパラメータが追加され、STAでの実行が可能となっています。

-staパラメータを使用しない場合は相変わらずこの方法は使えません。powershell.exe –staのプロセスを逐次起こして、クリップボードアクセス部分だけSTAの子プロセスでやらせることも不可能ではないですが、冗長ですしパフォーマンスの点で難があります。

ver.2ではAdd-Typeコマンドレットが追加され、任意のC#コードを動的に読み込むことができるようになりました。これを利用してクリップボードアクセスクラスを書くという手もあると思います。その中ではSTAのスレッドを起こしてクリップボードアクセスをすることになります。実際PowerShell Community Extensionsに含まれるOut-Clipboard/Get-Clipboardコマンドレットはそのような実装がされているようです。ですが動的にコードを読み込みコンパイルはやはりパフォーマンス上不利ですし、PSCXをインストールできない場合などもあるでしょう。

ところでSystem.Windows.Formsに含まれるTextBoxクラスはその名の通りテキストボックスコントロールなのですが、このコントロールにはCopy()メソッドとPaste()メソッドがあり、これらを使うとクリップボードに書き込み、クリップボードから読み込みが可能です。TextBoxクラスの良いところは、STAである必要がないところです。この方法を最初に提唱したのはこちらの方かな?

この方法を用いた関数もすでに公開されているのですが、PowerShellの作法に則った使い方ができるように少し改良を加えました。具体的には

Set-ClipBoard:  配列の指定、パイプラインからの入力を可能にした。

Get-ClipBoard: クリップボードの中身が複数行のテキストの場合、文字列配列を返すようにした。(Get-Contentと同様)

という変更を加えています。

function Set-ClipBoard
{
    param([parameter(Mandatory=$true,
            ValueFromPipeline=$true)][object[]]$InputObject)
    begin
    {
        Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
        $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
        $tb.Multiline = $true
        $out=@()
    }
    process
    {
        $out+=$InputObject
    }
    end
    {
        $tb.Text = $out -join "`r`n"
        $tb.SelectAll()
        $tb.Copy()
    }
}

function Get-ClipBoard
{
    Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
    $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
    $tb.Multiline = $true
    $tb.Paste()
    $tb.Text -replace "`r`n","`n" -replace "`r","`n"  -split "`n"
}

使い方例

# ファイルのフルパスをクリップボードに格納
Get-ChildItem|select -expand fullname|Set-ClipBoard

# CSV文字列がクリップボードに入っている場合以下のコマンドを実行すると、
# クリップボードの中身が対応するHTML tableタグに置換される
Get-ClipBoard|ConvertFrom-Csv|ConvertTo-Html -Fragment|Set-ClipBoard

やっぱりパイプで繋ぐのがPowerShellの醍醐味ですよね!

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/09/08/202547.aspx

2011/04/26

PowerShell 2.0ではAdd-Typeコマンドレットを用いてC#など他言語のコードをコンパイルし実行することが可能です。(P/Invokeも可能です)

ほとんど使っている方はいないと思われますが、JScript.NETのコードもコンパイルして実行できます。以下、コード例です。

$code=@"
static function writeHello()
{
    System.Console.WriteLine("Hello JScript.NET World!");
}
"@

$c = Add-Type -Language JScript -MemberDefinition $code -Name "JSTest" -PassThru
$c[1]::writeHello()

JScript.NETのスタティックメソッドを用意してやると、Add-Typeコマンドレットによりそのメソッドを持ったクラス(ここではMicrosoft.PowerShell.Commands.AddType.AutoGeneratedTypes.JSTest)が生成されます。-passThruパラメータを指定することでその型情報が変数に代入できます。あとはJSTestクラスのスタティックメソッドを::演算子で呼び出すのですが、なぜかAdd-Typeが目的のクラスの型以外にJScript.NETのグローバルクラス?の型情報も一緒に出力するので、型情報が配列になっています。よってインデックスを指定してからスタティックメソッドを呼ぶようにします。

ここではスタティックメソッドを実行する例を挙げましたが、インスタンスメソッドも実行できるか試してみました。

$code=@"
import System;
public class JSTest
{
    public function writeHello()
    {
        Console.WriteLine("Hello JScript.NET World!");
    }
}
"@

Add-Type -Language JScript -TypeDefinition $code
$o = new-object JSTest
$o.writeHello()

ところがこれはNew-Objectのところで「New-Object : "0" 個の引数を指定して ".ctor" を呼び出し中に例外が発生しました: "アプリケーションでエラーが発生しました。"」というエラーになってしまいます。コンストラクタの実行でしくっているようですが…。ちなみに明示的にfunction JSTest()というコンストラクタを定義してやってもだめでした。なんででしょうね?

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/04/26/198645.aspx

2008/12/07

レガシASPでサイトを作ってると、Shift-JISなサイトを作るのが基本になると思います。なんでかというと、FileSystemObjectが基本的にShift-JISの読み書きにしか対応しておらず(UTF-16もいけますが)、いまどきのUTF-8を使うのはちょっと面倒です(FSOの代わりにADODB.Streamを使えば行けますけどどうでしょうねー?私はあんまり好きじゃないです)。

ただ、UTF-8な他のWebサイト/サービスと連携する場合はどうしても避けて通れません。そこでレガシASPでShift-JISなページを作る際、UTF-8文字列を扱う上で知っておくべきこと。

1. escape関数を使うとShift-JISでURLエンコードがされる

ASPはだいたいVBScriptで書くと思うんですが、隠し関数であるescape関数を使うとURLエンコードができます。ですが、escape関数は呼び出し元のページコードの文字コードでエンコードします。なのでShift-JISなページで呼び出すとShift-JISのエンコードURLを出力します。(ちなみにWSHで使うとUTF-16のものになる)

JScriptのencodeURIComponent関数はどんな場合でもUTF-8文字列を出力するので、これを使うといいでしょう。使い方はこうです。

Set sc = CreateObject("ScriptControl")
sc.Language = "JScript"
Set js = sc.CodeObject
Response.Write js.encodeURIComponent("文字列") 

逆にShift-JISなページでShift-JISなエンコードURL文字列を取得したい場合は単にescape関数を呼び出せばいいです。
さらに別なケースですがUTF-8なページでShift-JISなエンコードURLを取得したい場合は、こんな関数を使うといいんじゃないでしょうか

2. XMLHTTPでPostメソッドでSendする際は必ずUTF-8でURLエンコードがされる

Set xh = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
xh.Open "POST", "http://hogehoge/hoge.aspx", False
xh.Send "文字列"

このように何も考えずに書いても、勝手にUTF-8でURLエンコードされてPostされるので大丈夫です。

3. UTF-8なページのHTMLを読み込む際

標準機能だけでやろうと思うとADODB.Streamを使うしかないと思います。
ちなみに読み込むページの文字コードが不明の場合は判定した上で変換する必要がありますが、これはかなり面倒なので、BASP21を使うといいんじゃないでしょうか。

Function GetPageString(strUrl)
 Set bobj = CreateObject("basp21")
 Set oHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
 oHTTP.Open "GET", strUrl, False
 oHTTP.Send
 GetPageString = bobj.Kconv (oHTTP.responseBody,4)
End Function

これは引数にURLを与えるとそのHTMLを文字列として取得します。対象の文字コードが何であってもOKなのがミソ。

4. UTF-8のURLエンコードされたクエリ、あるいはPOSTされたデータを受ける際

これのやり方が分からない!具体的にはトラックバックpingなんかを受け取る際に困ります(さすがにShift-JISでトラックバックpingを送れ!というのはゴーマンだと思います)。私はここだけASP.NETを使って逃げました。どなたかやり方わかります?

追記。Request.BinaryReadしたやつをADODB.Streamにかけたあと&でsplitして=でsplitしてDictionaryに入れてdecodeURIComponentすればいけるかな?

ただし、ここだけASP.NETを使う際にも注意が必要です。まずweb.configの<system.web>セクションに

<globalization
requestEncoding="Shift-JIS" responseEncoding="Shift-JIS" fileEncoding="Shift-JIS"/>

というのを埋め込んで、まずレスポンスエンコーディングをShift-JISにしておきます。IISの設定でもいいですが。

続いてコーディング。Request.QueryStringやRequest.Formは使えないので、Request.InputStreamを使ってごりごり読まないと駄目じゃないかな・・・。なぜかVB.NETですがUTF-8なトラックバックpingをShift-JISなページで受けるサンプルコードを。

Dim str As System.IO.Stream
Dim counter, strLen, strRead As Integer
str = Request.InputStream
strLen = CInt(str.Length)
Dim strArr(strLen) As Byte
strRead = str.Read(strArr, 0, strLen)

Dim Forms As New Dictionary(Of String, String)

For Each item As String In Split(Encoding.UTF8.GetString(strArr),"&")
	If InStr(item, "=") Then
		Dim s As String() = Split(item, "=")
		If s.Length = 2 And Not Forms.ContainsKey(s(0)) Then
			Forms.Add(s(0), HttpUtility.HtmlEncode(HttpUtility.UrlDecode(s(1), Encoding.UTF8)).Trim().Replace(vbNullChar, ""))
		End If
	End If
Next

↑自分でも謎なコードを書いてたのでちょっとマシなのに修正。コンパイル通るかどうかわかりませんが・・・さらにゴミコードが残ってたのでバッサリ切りました。

ただし!これの問題は改行コードが消えることなんです。対処法は見つけていません(勘違いでした)。もっといい方法があったら教えてください。そもそもInputStreamを使わないでRequest.Formとか使いたいんですが、Shift-JISのところにUTF-8が来るとうまくいかないですねぇー。

というわけで長々と書きましたが、Shift-JISにこだわらなければこんなに苦労することはないです。FileSystemObjectがUTF-8を読み書きできないので私はSJISにこだわってるだけです。FSOはWSHからも使いますので・・・

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/12/07/162931.aspx

2007/11/08

.NETアプリをFramework付属のコンパイラを使ってコンパイルし、できあがった実行ファイルexeを実行するというものです。これがまた便利でw *.vbか*.csか*.jsファイルを開いた状態で、コメント行に記述したコンパイラに渡すオプション(VB.NETなら'/r:System.Windows.Forms.Dll /t:winexeという行の/r:System.Windows.Forms.Dll /t:winexeという部分)を選択すると、そのコンパイラオプションをつけてコンパイルします。デフォルトだと/t:exeが渡されます。

'*.cs, *.vb, *.jsをコンパイルして実行
Set regEX = New RegExp
regEx.Global = True
regEX.IgnoreCase = True
Set Fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell")

sCompilerDir = "C:\windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\"
sDefaultArguments = "/t:exe" 'winexe
sSourcePath = Document.FullName
sEXEPath = Fs.BuildPath(Fs.GetParentFolderName(sSourcePath),Fs.GetBaseName(sSourcePath) & ".exe") 
sExt = LCase(Fs.GetExtensionName(sSourcePath))

Document.Save sSourcePath 'ソース保存

Select Case sExt
	Case "vb" : sCompilerPath = sCompilerDir & "vbc.exe"
	Case "cs" : sCompilerPath = sCompilerDir & "csc.exe"
	Case "js" : sCompilerPath = sCompilerDir & "jsc.exe"
	Case Else : sCompilerPath = ""
End Select

Set sel = Document.Selection

If sel.IsEmpty Then
	sArguments = sDefaultArguments
Else
	regEx.Pattern = "\s?(\/[^\:]+\:\S+)\s?"
	If regEx.Test(sel.Text) Then
		For Each oMatch In regEx.Execute(sel.Text)
			sArguments = sArguments & oMatch.SubMatches(0) & " "
		Next
	Else
		sArguments = ""
	End If
End If

If sCompilerPath="" Then
	Alert sExt & "ファイルに対応するコンパイラがありません。"
Else
	sCommandLine = "cmd.exe /k " & sCompilerPath & " " & _
	"/out:" & """" & sEXEPath & """" & " " & sArguments & " " & _
	"""" & sSourcePath & """"
	WshShell.Run sCommandLine ,,True 'コンパイル実行
	If Fs.FileExists(sEXEPath) Then
		WshShell.Run sEXEPath,,True 'コンパイルしたファイルを実行
	Else
		Alert "コンパイルに失敗したようです。"
	End If
End If
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/08/106978.aspx

2007/05/21

.NET Frameworkをバリバリ使ってC#ライクに書けばわりと見やすいスクリプトが書けるが冗長である。コマンドレットをパイプでつないだり各種演算子を使うと見にくいが簡潔に書ける。
これが本題。

しかし前者のようなスクリプトはC#で書いちゃえばいいじゃんという話だ。csファイルに、コンパイルして実行するVBSでも関連付けておけばよいでしょう。js(JScript.NET)ならクラスを書かないでも大丈夫。COMを使うならスクリプトはWSHでもいい。

そう考えるとやはりPowerShellはコマンドレットとパイプを駆使するのが本道のように思う。ただ、どこまで込み入ったものを書くのか。重要なのは可読性と簡潔性のバランスだ。パイプを多用すれば簡潔だが読みにくい。パイプを使わなければ冗長になる。そのあたりをうまく調整していくのがPowerShell使いの課題だろう。

さて、込み入ったスクリプトの究極例は、込み入ったことを一行のスクリプト(ワンライナーという)にすることだ。これには通常のプログラミングとは違い、頭の体操が必要になってくる。しかも後でみると自分でもわからなかったりする。

なので、保存して実行するならワンライナーにする必要はないように思う。冗長でもわかりやすく書くほうがいい。ワンライナーはあくまでコンソール上で手で打ち込むことに意義があるのではないか。

だが、そのスキルを管理者は身につけるべきなのか?

現実的には、コンソール上でコマンドレットを2,3個のパイプで繋ぐ程度が限界なのではないかと思う。ワンライナーをその場で書くのは相当なスキルが要求されるように思う。ただ、幸いなことにPowerShellにはfunctionやfilterを記述したスクリプトファイルをプロファイルとして読み込むことができるので、込み入った処理はあらかじめ関数化、フィルタ化しておくとよいだろう。そのときはワンライナーである必要はないのは先に述べたとおり。

でもPowerShellのワンライナーを極めた人を見てみたい気もする。UNIX系ではいますよね。私?無理ですよw

というわけでPowerShellスクリプトの考察でした。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/21/77517.aspx

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter