2014/03/14

Microsoft MVPと技術コミュニティが主催する MVP Community Camp 2014 というカンファレンスが、日本を含むアジア パシフィック各都市で3/17〜3/22の期間に開催されます。

3/17〜3/21の期間はオンラインセミナーが実施されます。日本リージョンのセッションはDay2の3/18に行われます。

3/22(土)のオフラインカンファレンスについては、日本では東京、札幌、仙台、名古屋、北陸、大阪、広島、沖縄の各都市/地域で実施されます。このうち大阪会場(難波市民学習センター)では、私も「PowerShell Desired State Configuration (DSC) について」と題して、PowerShell 4.0の新機能であるDSCのお話をデモを交えてさせていただきます。

なお、大阪会場では懇親会参加登録が別サイトとなっているので、参加されるかたはご注意ください。

DSCについてはPowerShell 4.0リリース後も、公式サイトの情報が不完全で公式ブログで徐々に小出しされてたり、新しいリソースが(α版的なものですが)徐々にリリースされたりで、日々刻刻と状況がアップデートされています。そのため、これまで私としても何回かDSCのセッションをしていますが、内容はちょっとずつ変化しています(私の理解が深まっていくにつれて、というのもありますが)。

おそらく今回はPowerShell4.0版のDSCセッションとしては、最終報告(?)になるかと思います。

もちろん大阪会場のセッションは私だけではなく、MSMVPの専門家たちが皆さんの専門分野で濃ゆいセッションをしてくださいます。ぜひぜひ、3/22は皆様お誘いあわせの上、会場にお越しいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

2013/07/02

というわけで、10年目に突入しました。これも私のアウトプットをインプットしてくださる皆様、私のインプットとなるアウトプットをしていただいている皆様のおかげです。いつもありがとうございます。

10周年なので軽く歴史を振り返ります。

2004年にWSH Lab.というサイトを中心としたWSH / VBScript関係の活動が評価されてfor Developer - Scriptingという分野でMSMVPを受賞したのがはじまりです。

実はWSH Lab.を始めたのが1999年のことで、それ以前も1997年頃からWindows系のニュースグループに出入りして、オンラインコミュニティではMVP受賞前も知る人ぞ知る存在ではあったように思います。(なんせ、WSHは相当ニッチな分野だったもので、まともに取り扱おうと思う人は当時はほとんどいなかったもので)

当時は私はまだ大学生(しかも分野は化学系でIT関係なし)でして、体調崩したり色々あって卒業後も就職せず迷走してた時期でした。なのでIT系の方々とも交流はなく、オンラインのみで何故かWSHというこれまたあんまり誰も手を付けないマイナー分野で突っ走ってる謎の存在だったんじゃないかなーと思います。

MVP受賞後はひょこひょこオフラインにも出没するようになり、謎めいた存在から確かに実在する存在として認識されていったのではないかと思います。2006年にはわんくま同盟に加入し、IT系の方々と交流し、また自らセッションをする機会にも恵まれました。

MSMVP受賞のおかげで2006年からは@ITさんの方でチェック式 WSH入門という連載をさせていただくことができ、商業デビュー(?)を果たしました。

だんだんWSHがフェードアウトしていくと同時にPowerShellというものが登場したのも2006年のことでした。当時は.NETのことは全然知らなかったのですが、このままでは取り残される!と思い、それなりに勉強を始めたものでした。受賞カテゴリも2007年からはfor Data Center Management- Admin Frameworksというよく分からない名前に代わり、開発系からサーバー系への移籍となりました。

もちろんWindows Serverなんてものもまともに触ったこともなく、今思えばあの頃は色々と憶えることがたくさんあったなーと思いますね。そんなこんなで2008年にはMVPカテゴリもfor Data Center Management- PowerShellとなり、PowerShell専門となりました。

2008年には技術評論社さんからWindows PowerShell ポケットリファレンスという書籍を書かせてもらうことができました。まさか自分が本を書くなんて思ってもいなかったですし、あれはいい経験になったと思っています。

それからも体調はずっとよくなくて迷走しまくりで随分多くの方々にご迷惑をかけ続けていましたが、なんとかMVPという繋がりを武器に社会と繋がっていようとあがいた感じです。書籍や記事執筆、スピーカー、そして密かにプログラマーとして会社に勤めたりしてた時期もありました。

私のあがきとは関係なく、PowerShellはどんどん重要性をましていって、特にWindows Server 2012とPowerShell 3.0がリリースされた2012年は全国各地で声がかかって(自分で志願したのもありますが)、計8回もセッションを担当しました。中でもMicrosoft Windows Developer DaysでMicrosoft社員さんに交じってセッションを担当したのは貴重な経験でした。そして今年はPowerShellポケットリファレンスの改訂版を世に出すことができました。

こうやって10年目にして振り返ると、確かにWindows Scripting / PowerShell周りで要所要所でいろいろやってきたなーという感じですね。今年もPowerShell 4.0 / Windows Server 2012 R2がリリースされる予定で、PowerShellは今後も着実に発展、浸透していくのだと思います。私も陰ながらと言わず割と表立って、そのお手伝いをしていければいいなーと思っています。

さて余談ですが、結局あがいた結果今はどうなん?という話なんですが、結果としてはITの世界では今まで通り、PowerShellの分野ではこういう感じの活動を続けてますが、メインのおしごとは全然ITとも化学とも違う別なことをやっていたりします。ちゃんとおしごとしてるのでそんな目で見ないでくださいね。あと、体調に関しては2年前くらいからほぼ完全に回復してるので、遠慮せず遊んでやってください。

こんなことを書いてると、なんか「お前…消えるのか…?」と思われてしまうかもしれませんがそんなことは全然ない(と思う)ので、これからも変わらず、お付き合いいただければと思います。

2012/11/21

先日、Windows Server 2012がRTMされたのと同時に、Windows 7/2008/2008 R2用のPowerShell 3.0を含むWindows Management Framework (WMF) 3.0パッケージも公開になりました。

Download WMF 3.0 from Official Microsoft Download Center

また、Windows Server 2012を管理するためのWindows 8用リモートサーバー管理ツール(RSAT)も公開されました。サーバーマネージャーやAD管理センターなどの管理ツール、Windows Server 2012の「役割」と「機能」に対応するPSモジュールが含まれています。

Download: Windows 8 用 RSAT - Microsoft Download Center - Download Details

(残念ながらWin Server 2012を管理するWin7用のRSATはないようです)

さて、PowerShell 3.0はローカルヘルプが標準では含まれていないので、Update-Helpコマンドレットを管理者権限で使ってダウンロードする必要があります。が、現状では日本語ヘルプが存在しないので、ローカルでヘルプが引けないというちょっとアレな状況になってます。

この状況、いつかは改善されるとは思うのですが、とりあえずの回避策を書いておきます。以下のスクリプトを管理者権限で実行してください。

Update-Help -UICulture en-us -Force
mkdir $pshome\ja-JP_backup
copy $pshome\ja-JP\*.* $pshome\ja-JP_backup\
copy $pshome\en-US\*.* $pshome\ja-JP\

このスクリプトはUpdate-Helpコマンドレットにより英語ヘルプ(ロケールen-us)を$pshome\en-USにダウンロードします。その後、ダウンロードしたヘルプファイルをそのままja-JPフォルダにコピーします。その際、念のためにバックアップをja-JP_backupフォルダにとっておきます。

これで日本語環境のpowershell.exeでもとりあえずは英語版のヘルプを引くことが出来るようになります。

(2013/01/18追記。Windows 8とServer 2012では、Update-Help -UICulture en-us -Forceを管理者権限で実行するだけで、日本語環境でも英語ヘルプが表示されます。)

日本語ヘルプがダウンロード可能になればこの作業は必要ないですが、それまでの暫定措置としてご利用ください。

この作業に抵抗がある方は、オンライン版英語ヘルプを参照するのでもいいかと思います。

Windows PowerShell Core Modules
これはPowerShell 3.0に標準添付のモジュールとそれに含まれるコマンドレットのリファレンスです。

Windows PowerShell Support for Windows Server 2012
これはWindows Server 2012 / Windows 8に付属のモジュールとそれに含まれるコマンドレットのリファレンスです。

powershell.exeで Get-Help コマンドレット名 -Online とすることでWebブラウザを開いてこれらのヘルプページを直接表示することも可能です。

さて、ヘルプが揃ったところで、さっそく新しいコマンドレットを試してみましょう。そしてその成果をぜひ、PowerShell Advent Calendar 2012で発表してください!!

2011/10/09

WindowsサイドバーガジェットはWindows Vistaの登場で追加されたプログラムで、デスクトップ上にガジェットと呼ばれるミニプログラムを貼り付けることができます。ガジェットはHTML/CSS/J(ava)Script (+VBScript)で記述することができます。Windows7の登場で名称が「Windowsデスクトップガジェット」と変更され、一部仕様に変更が加えられたものの現役でした。

ところが先月末(2011/09)頃に、サードパーティー製のものを含む多数の追加ガジェットのWindows Live Galleryでの公開が中止されました。現在は登録されたガジェットのリストは表示されるものの、ダウンロードができない状態です。まもなくサイト自体が閉鎖されるものと思われます。

現時点でWindows7で「ガジェット」を実行し、そこに表示される「オンラインで追加のガジェットを取得」リンクをクリックするとデスクトップ ガジェット - Microsoft Windowsというページに飛ばされますが、ここでは(おそらく人気上位であった)ガジェットが数点のみダウンロードできるという状態です。

この措置に対するMicrosoftの公式コメントがこちらになります。Looking for gadgets? - Downloads - Microsoft Windows

この記事を要約すると

  • MicrosoftはWindows Live Galleryを閉鎖し、今後、新しいガジェットの開発およびアップロードをサポートしない
  • ただし人気ガジェットはまだダウンロードできるようにしておくよ
  • ガジェット製作者はよりリッチなプラットフォームであるMetro Style Appにシフトしてね
  • でもまだガジェットに興味がある人もいるだろうから一応開発ドキュメントは残しておくよ
  • まだガジェットを公開したいのならCodePlexでどうぞ

という感じになるかと思います。まだPreview版しか出てない次期Windowsでしか動かないMetro Style Appを移行先に指定するのはかなり無理があるように思いますが、どうもMicrosoftはMetroと技術的にかぶるガジェットをさっさと亡きものにしたいようです。Windows 8のDeveloper Previewのクラシックデスクトップでは一応、今のところはデスクトップガジェットの機能は削除されていませんが、これからの開発の過程で削除されてしまう可能性も十分にありそうです。

ちなみにデスクトップガジェットはたとえIE9をインストールしてもHTML5コンテンツは動きませんし、JavaScriptもチャクラではなくJScript5.8で動きます。この時点でガジェットの未来はなさそうだと踏んでいましたが、思ったより早い終焉を迎えるようです。

Metro Style AppはたしかにWinRT上でJavaScript+HTML5+CSS3で開発することができ、ガジェットで培われたノウハウの一部は流用できる可能性はあるものの、ガジェットから単純に移行というのは難しそうです。利用者にとってもガジェットをデスクトップに常時複数表示させておき、作業中にもほかの情報を参照できるメリットが失われるのは厳しいものがあるように思います(Metro Style Appは一つだけクラシックデスクトップと同時に表示できる)。

告知も私の知るかぎりなかったですし、気づけばいきなり消滅していたという感じで、お困りの方も今後増えそうです(たしかにガジェットはいまいち流行ってなかったですがいきなりはヒドイ)。とりあえず現在追加インストールしているガジェットは、今後入手困難になる可能性が高いので、各自でバックアップを取っておくことをお勧めします。

.gadgetファイルそのものを保存していなくても、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgetsの各サブフォルダがガジェット一つ一つに対応しているので、これをバックアップしておけば問題ありません。再インストールも単にこれらのファイルを同じ場所に書き戻すだけでOKです。

また、.gadgetファイルは単に関連ファイルをzipで固めたものなので、ご自分でこれらの各サブフォルダをzipにして.gadgetにリネームすればインストーラーを復元することもできます。

これらの措置は自己責任にてお願いします。各ガジェット作者のアナウンスがある場合はそちらに従ってください。

それにしても、WindowsデスクトップにHTML+スクリプトで記述されたミニプログラムを配置するといえば古くは「アクティブデスクトップ」まで遡ることになると思いますが、「ガジェット」で安定するかと思ったら二世代しか持ちませんでしたね。競合するGoogleデスクトップも終了しましたし、あまりウケがよろしくないんでしょうか。Metro Style Appはその点どうなんでしょうね?

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/10/09/204219.aspx

2010/07/02

このたびMicrosoft MVP for Data Center Management- PowerShellのアワードを再受賞しました。表彰期間は2011年の6月までです。

マイクロソフト MVP アワードプログラムより

MVP アワードプログラムは、マイクロソフトの製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験を持ち、オンラインまたはオフラインのコミュニティや、メディアなどを通して、その優れた能力を幅広いユーザーと共有している個人を表彰するものです。

私はこれでMSMVP7回目の受賞となります。これも皆様の温かいご支援の賜物です。今後ともよろしくお願いいたします。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/07/02/190840.aspx

2008/04/01

ある方に聞かれたんですが、あるps1ファイルに定義された関数をあるps1ファイルから呼ぶ、すなわちインクルードするには、ドットソースでいいのでは?と答えたんですが、ちゃんと動作確認してみました。

test.ps1

. .\funcs.ps1
. .\funcs2.ps1
test1
test2 "a"

funcs1.ps1

function test1{"test1"}

funcs2.ps1

function test2{param($a);return($a)}

実行

PS >.\test.ps1
test1
a

こんな感じ。グローバルに関数が漏れることもありません。

あとスクリプトコードも配布したかったんですが、微妙に紙に打ち出すのは「?」だったのでそのうちオンラインで配布します。4/11以降であれば問題ないので中さんよろしくです。

ACLのコードが動かなかったのは管理者権限で動かしてなかったからでしたー何たる初歩的なミス。

スクリプトのネタくださった方ありがとうございます。またなんかネタあったらご連絡ください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/04/01/130845.aspx

2007/09/02

MicrosoftのIT Proエバンジェリスト田辺茂也さんがWindows Server World誌に御寄稿された記事のオンライン版が公開されています。

Windows Server World Online - Power Shellシステム管理入門 Part1 ついに登場した新世代コマンドシェル
http://www.windows-world.jp/special/-/74669.html

紹介記事ということでこちらも入門編ですね。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/09/02/93421.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Books

Twitter