2009/09/23

こんにちは、むたぐちです。Windows 7とWindows Server 2008 R2を使っていろいろと遊ん…研究しています。

Win7はVistaのマイナーチェンジ版とよく言われますが、カーネルからかなりのチューニングが入っており、またシェルもかなり使い勝手が良くなっていて、単にVistaは重いからWin7は軽くしてみました、以上のものがあります。

今回はWin7で加わった新しい機能である、ライブラリについて注意点を書いてみます。

ライブラリは、エクスプローラを開くとデフォルトで表示される、仮想ディレクトリです。デフォルトでは、ミュージック、ビデオ、ピクチャ、ドキュメントの4つがあります。それぞれ、対応する実フォルダと関連付けられていて、複数のフォルダをまるで一つのフォルダのように扱えます。もちろんフォルダを追加することも、ライブラリ自体を新しく作ることもできます。ライブラリはデフォルトで挙げられたものと汎用のものの計5タイプがあり、それぞれ少しずつ機能が違います。たとえば、ミュージックタイプはアーティストごとにグループ化できたりします。

さて、ローカルフォルダをライブラリに追加するのは特に何の問題もありませんが、リモートフォルダをライブラリに追加するにはいくつかの要件があります。

ライブラリは、Windows Search サービスが作成するインデックスをもとに構築されます。そのため、リモートフォルダはインデックスが構築されている必要があります。Windows Search サービスが動作しているOSはWindows Vista / Server 2008 以上です。なので、残念ながらXPや2003 Serverなどのリモートフォルダはライブラリに追加できません。2009/10/11訂正。Windows Search 4.0を入れれば可能です。渋木宏明(ひどり) さんありがとうございます。

注:ただし、Windows Media Player 12を使った場合、グループ化などはできないものの、未対応のフォルダでも強引にライブラリに追加できる。ちなみにWMP12のライブラリはエクスプローラのライブラリと同一のものです。

さて、Windows Vista/7ではWindows Search サービスはデフォルトで稼働していますが、Server 2008 /Server 2008  R2 ではデフォルトオフです。なので、これを有効化してやる必要があります。その方法は、役割の追加で「ファイルサービス」を追加し、役割サービスの追加で「Windows Search サービス」を追加します。(この場合、「Windows Server 2003ファイルサービス」は使用不可能となる)

これで、一応リモートサーバーにあるフォルダをライブラリに追加できますが、このままではミュージックライブラリでグループ化ができません。なぜかというと、Server 2008にはWMP11 or 12がデフォルトでは有効化されていないため、インデックスサービスがmp3ファイルなどのアーティスト名等のプロパティ(ID3タグ)を参照できないためです。

WMPを有効化するには、機能の追加で、「デスクトップ エクスペリエンス」を追加します。

これで、晴れて2008/R2にあるフォルダを完全な形でライブラリに追加できます。

ライブラリは非常に面白い機能なのでぜひ使ってみてください。過去の思わぬファイルなんかがみつかったりしますよ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/09/23/181554.aspx

Copyright © 2005-2016 Daisuke Mutaguchi All rights reserved

mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp

Awards

Books

Twitter