2013/07/02

というわけで、10年目に突入しました。これも私のアウトプットをインプットしてくださる皆様、私のインプットとなるアウトプットをしていただいている皆様のおかげです。いつもありがとうございます。

10周年なので軽く歴史を振り返ります。

2004年にWSH Lab.というサイトを中心としたWSH / VBScript関係の活動が評価されてfor Developer - Scriptingという分野でMSMVPを受賞したのがはじまりです。

実はWSH Lab.を始めたのが1999年のことで、それ以前も1997年頃からWindows系のニュースグループに出入りして、オンラインコミュニティではMVP受賞前も知る人ぞ知る存在ではあったように思います。(なんせ、WSHは相当ニッチな分野だったもので、まともに取り扱おうと思う人は当時はほとんどいなかったもので)

当時は私はまだ大学生(しかも分野は化学系でIT関係なし)でして、体調崩したり色々あって卒業後も就職せず迷走してた時期でした。なのでIT系の方々とも交流はなく、オンラインのみで何故かWSHというこれまたあんまり誰も手を付けないマイナー分野で突っ走ってる謎の存在だったんじゃないかなーと思います。

MVP受賞後はひょこひょこオフラインにも出没するようになり、謎めいた存在から確かに実在する存在として認識されていったのではないかと思います。2006年にはわんくま同盟に加入し、IT系の方々と交流し、また自らセッションをする機会にも恵まれました。

MSMVP受賞のおかげで2006年からは@ITさんの方でチェック式 WSH入門という連載をさせていただくことができ、商業デビュー(?)を果たしました。

だんだんWSHがフェードアウトしていくと同時にPowerShellというものが登場したのも2006年のことでした。当時は.NETのことは全然知らなかったのですが、このままでは取り残される!と思い、それなりに勉強を始めたものでした。受賞カテゴリも2007年からはfor Data Center Management- Admin Frameworksというよく分からない名前に代わり、開発系からサーバー系への移籍となりました。

もちろんWindows Serverなんてものもまともに触ったこともなく、今思えばあの頃は色々と憶えることがたくさんあったなーと思いますね。そんなこんなで2008年にはMVPカテゴリもfor Data Center Management- PowerShellとなり、PowerShell専門となりました。

2008年には技術評論社さんからWindows PowerShell ポケットリファレンスという書籍を書かせてもらうことができました。まさか自分が本を書くなんて思ってもいなかったですし、あれはいい経験になったと思っています。

それからも体調はずっとよくなくて迷走しまくりで随分多くの方々にご迷惑をかけ続けていましたが、なんとかMVPという繋がりを武器に社会と繋がっていようとあがいた感じです。書籍や記事執筆、スピーカー、そして密かにプログラマーとして会社に勤めたりしてた時期もありました。

私のあがきとは関係なく、PowerShellはどんどん重要性をましていって、特にWindows Server 2012とPowerShell 3.0がリリースされた2012年は全国各地で声がかかって(自分で志願したのもありますが)、計8回もセッションを担当しました。中でもMicrosoft Windows Developer DaysでMicrosoft社員さんに交じってセッションを担当したのは貴重な経験でした。そして今年はPowerShellポケットリファレンスの改訂版を世に出すことができました。

こうやって10年目にして振り返ると、確かにWindows Scripting / PowerShell周りで要所要所でいろいろやってきたなーという感じですね。今年もPowerShell 4.0 / Windows Server 2012 R2がリリースされる予定で、PowerShellは今後も着実に発展、浸透していくのだと思います。私も陰ながらと言わず割と表立って、そのお手伝いをしていければいいなーと思っています。

さて余談ですが、結局あがいた結果今はどうなん?という話なんですが、結果としてはITの世界では今まで通り、PowerShellの分野ではこういう感じの活動を続けてますが、メインのおしごとは全然ITとも化学とも違う別なことをやっていたりします。ちゃんとおしごとしてるのでそんな目で見ないでくださいね。あと、体調に関しては2年前くらいからほぼ完全に回復してるので、遠慮せず遊んでやってください。

こんなことを書いてると、なんか「お前…消えるのか…?」と思われてしまうかもしれませんがそんなことは全然ない(と思う)ので、これからも変わらず、お付き合いいただければと思います。

2009/06/08

むたぐちです。いろいろあってご無沙汰になっていますが、ぼちぼち復活中です。

1年間更新が途絶えていたWSH連載(@IT)が再開になりました。遅くなってすみませんです。

チェック式 WSH入門
第18回 FileSystemObjectオブジェクトを利用する(3)
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh18/cformwsh18_01.html

懲りずにネタを仕込んでますが気づいた方はしれっと流してくださいw

この連載記事も次回で最終回です。 @ITのWindows Server Insiderフォーラムではいつも上位PVをキープしているようでありがとうございます。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/

また、Windows 7とWindows Server 2008 R2の標準機能(コマンドプロンプトと同様に削除もできない)となるPowerShell ver2についていち早く紹介するセッションを7/4(土)わんくま大阪勉強会でやります。ぜひご参加ください!

http://www.wankuma.com/seminar/20090704osaka30/Default.aspx

おそらく、7を入れてみて多くの人が思うことは、まずタスクバーが分からないってのと、スタートメニューのアクセサリにあるPowerShellってなんぞ?ってなると思うんですよね。タスクバーはタスクバーのプロパティを適当に設定すればVistaライクになりますが、PowerShellはいきなり見てもなんだか分からないと思いますので、基礎をざっとやって、あとはver1からの変更点をお話します。

あと6/13わんくま大阪もスタッフとして参加しますのでよろしくですv

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/06/08/174534.aspx

2007/05/17

WScriptオブジェクトを利用する(1) − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh10/cformwsh10_01.html

WScriptオブジェクトの説明をしています。コマンドライン引数にとことんこだわった内容になっております。

次回はGetObjectメソッドの説明のところでWMIやADSIを軽く取り上げてみようかなとこっそり思っています。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/17/77212.aspx

2007/02/15

VBScriptのオブジェクトを使いこなす − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh09/cformwsh09_01.html

第9回です。VBScriptのオブジェクトのお話を書きました。Errオブジェクトの話とClassステートメントを使ったクラスの自作を取り上げています。オブジェクトって何?ってところをごくかいつまんで述べたつもりです。私自身オブジェクト指向な思考はぬるいのでちょっとはずしたことを書いてるかもしれません。大丈夫かな…。

これでVBScriptの基礎はだいたい網羅したと思います。次回からはWSHから使えるオブジェクトの話を各論的にやろうと思っています。よろしくご支持いただければと思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/02/15/62485.aspx

2007/01/11

Functionプロシージャでユーザー独自の関数を定義する − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh08/cformwsh08_01.html

早いものでもう第8回ですね。ようやくVBScript編は終わりに近づいてきました。

基礎から押さえて一通り網羅してきたつもりですが、なんか抜けてないでしょうか?あ、Select Caseは次回やりますんでw ステートメントがばらばらに登場する変な講座になりましたが、これもありかなーと思っています。あとで見るとき分かりづらいかなという懸念はあります。ステートメント別目次なんぞ作ったらよいでしょうか。

今回の記事はもともと1回分と思って書いたのですが長すぎということで分割されたものです。

「複数の値を返すFunctionプロシージャ」とかやろうかなーと思ったんですが、それよりClassステートメントを覚えてもらった方がいいかと思って省略しました。Classは次回やります。あとオブジェクトつながりでErrオブジェクトを取り上げる予定です。正規表現はどうしましょうw まともにやったら1回分のネタにはなりますが、VBScriptから離れた別の言語(ではないかな?あくまで「表現」か。)ですしねー。

また何かありましたらフィードバックをお寄せください。質問などもお待ちしてます。(質問はWSH Lab.の掲示板でお願いします)。

 

で、関係ないですが明日はわんくま大阪勉強会ですね。PowerShellについて1時間20分みっちりしゃべってデモります。参加される方、お会いできるのを楽しみにしています。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/01/11/55708.aspx

2006/12/06

Subプロシージャでユーザー独自の処理を定義する − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh07/cformwsh07_01.html

Subプロシージャの話です。Functionプロシージャとまとめてやるつもりでしたが、長くなったので分けました。そろそろVBScriptの基本編も終わりに近づいてきました。

何かあったらよろしくお願いします〜。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/06/48867.aspx

2006/11/05

VBScriptの配列を極める − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh06/cformwsh06_01.html

配列のお話を深く掘り下げてやりました。
VBScriptの配列は「バリアント配列」というやつで、基本的にどんなデータ型でも入ってしまう変な配列です。が、あまりへんな使い方はせず、同じ型のデータを入れて使う例を入れました。

若干、問題が難しいというフィードバックをいただきましたが、問題は少し応用要素が入っているので今はできなくても問題ないかと思います。いつか全部終わって見返したときに、配列でこんなこともできるんだーと思えるような構成にしています。あまり基礎ばっかりやっていてもつまらないですので。

@ITといえば、マイクロソフトの小板さんがLogParserの連載を始められたようです。こちらも要注目ですね^^

Log Parserの概要 − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/logparser1/logparser1_02.html
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/11/05/43758.aspx

2006/09/21

データ型について理解を深めよう − @IT

第5回です。VBScriptにおけるデータ型の話題を取り上げました。ご存知のとおり、VBScriptには型がなく、すべてバリアント型であるわけです。が、実際は内部で扱われる型を意識しないとうまくコードが書けないことがしばしばあって、型の知識は不可欠と思い、今回連載1回分を割いて、これでもかとばかり詳説しました。

たぶんこれを読めば型でつまずくことはなくなると思います…が、初心者の方がついてこられてるかどうかちょっと心配です。なるべく分かりやすくと思って書いたのですがどうでしょうか。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/09/21/39270.aspx

2006/08/20

またご報告が遅れましたが…(汗

関数を使いこなす(その1) 文字列、数値、日付を扱う関数 − @IT

関数です。VBScriptには100個ほど関数がありますが、それを二回にわけてほとんど説明するという暴挙(?)に出ています。あくまでよく使うものが中心ですが、どれもそれなりによく使うので結局そうなるという。私も知らなかった関数がいくつかあったとかなかったとか。

今回はあまりネタを仕込んでません、期待してた方すみません。

最近、ブログ、サイトともにあまり手を入れられてませんね。W-ZERO3[es]を買ったので、そっちで遊んでいるという噂もあります。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/08/20/36839.aspx

2006/07/28

ちょっと遅くなりましたが、第三回が公開になったのでご報告です。

VBScriptの基本を押さえよう(その2) 計算と分岐処理 − @IT

分かりにくいネタを仕込んでしまいました。すみませんわかりにくくて。
本題の部分は、まあそれほど問題ないかと思います。何かあったらご連絡くださいね。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/07/28/34068.aspx

古い記事のページへ |


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books