2014/04/30

はじめに

IE6〜11まで、要するに現行のIEすべてを対象とするやばげなゼロデイ脆弱性がみつかり、パッチ公開までIE以外のブラウザを使いましょうという通達が出たり出なかったりしている昨今のようです。

その文脈で、IE以外のWebブラウザをダウンロードするのにIEを使うしかない!もう死ぬしか…みたいな(本気なのか冗談なのか判断が付きかねる)反応を散見します。

実際のところはWebブラウザを探してダウンロードする位はIE使えばいいと思いますが、IE使わないでいかにWebブラウザをダウンロードするか、を考えるのが、Twitter等で一種の大喜利のようになっています。

ftp.exeを使う、wgetなどのコマンドラインツールを使う、ペイントのファイルダイアログを使う(?)等々いろいろな案がありますが、皆なぜPowerShellを使わないんだ。ということで、書きます。

なお、WebブラウザのダウンロードURLはご自分でお調べください。こちらの方の記事が参考になるかと。

Invoke-WebRequestコマンドレットを使う

一番普通のやり方としては、Invoke-WebRequestコマンドレットを使う方法ですね。

Invoke-WebRequest https://アドレス/setup.exe -OutFile setup.exe

これを実行するとファイルがダウンロードされて、カレントディレクトリにsetup.exeというファイルが生成されます。フルパス指定でももちろんOKです。

なお、Invoke-WebRequestコマンドレットはHTMLのDOMパース時のみIEコンポーネントを用いるのですが、-OutFileパラメータ使用時はパースしないのでおそらくIEとは無関係で実行できると思います。(注:IEコンポーネントによるDOMパースを抑制するには、-UseBasicParsingパラメータを付加します)

Invoke-WebRequestコマンドレットはPowerShell 3.0から追加されたコマンドレットなので、3.0が同梱されているWindows 8、4.0が同梱されているWindows 8.1では特に何もせずに利用可能です。

ちなみにInvoke-WebRequestコマンドレットはデフォルトエイリアスとしてiwrが定義されているので、iwrでも呼び出せます。PowerShell 4.0ではそれに加えてwget、curlもエイリアス定義されていたりします。(このエイリアス定義は賛否両論ですけどね)

Windows 7の場合はPowerShellのデフォルトのバージョンは2.0なので、3.0以上を追加で入れる必要があります。Vistaは2.0までしか入らないので残念でした。

Start-BitsTransferコマンドレットを使う

Windows 7以上であればBITS(バックグラウンド インテリジェント転送サービス)の機能がPowerShellコマンドレットから利用できます。BITSはその名の通り、ネットワーク帯域の空き部分を有効活用してファイルを転送するかしこいサービスで、Windows Update等で用いられています。ファイル転送のプロトコルとしてはSMBとHTTP(S)をサポートしてるので、Webサイトからファイルをダウンロードするという用途で使うことができます。

ダウンロードを開始するには、Start-BitsTransferコマンドレットを使います。

Import-Module BitsTransfer
Start-BitsTransfer https://アドレス/setup.exe setup.exe

Windows 7標準のPowerShell 2.0だと、Cmdlet Auto Discoveryの機能が働かないため、上記のようにImport-Moduleコマンドレットによる明示的なモジュールロードが必要ですが、PowerShell 3.0以降では不要です。

BitsTransferモジュールには他にもコマンドレットがあり、非同期転送等できたりするので興味のある方はヘルプをみてください。こちらの記事も参考になるかと:PowerShell: ◆Bits転送2

WebClientオブジェクトを使う

今回の大喜利(?)でPowerShellを用いてファイルダウンロードする方法というのもいくつか見かけたのですが、WebClientを使う方法が殆んどだったように思います。まあ今回の記事を書いた動機としては、今はもうWebClient使わなくても標準のコマンドレットでできるよ!ということなんで敢えてここでは書きません。次のツイートを参照して下さい:Twitter / tanakh: IEを使わずにFirefoxをダウンロードする方法、Powe ...

おまけ:chocolateyを使う

あまりPowerShellとは関係ないのですが、そもそもWindowsにはapt-getみたいなパッケージ管理システムはないんかい、という意見をみかけたので紹介します。ChocolateyというNuGetベースのWindows用アプリケーションのパッケージ管理ツールとリポジトリです。

このツール自体のインストールはコマンドプロンプトに、サイトトップに書いてあるコマンドをコピーペーストして実行するだけです。(このコマンド内でPowerShellを呼び出しているので関係あるっちゃある…)

あとはコマンドプロンプトで cinst GoogleChrome とかしてやるとダウンロードとインストールをしてくれると思います。

ところでchocolateyは現在のところコマンドプロンプトベースであり外部ツールですが、次期バージョンのPowerShell 5.0ではOneGetと呼ばれるパッケージ管理システムが追加され、コマンドレットでchocolateyをはじめとする様々なリポジトリからファイルを取得してインストールできるようになる予定なのでご期待ください。

2010/05/20

PowerShell的システム管理入門
第3回 ファイル/レジストリの操作

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/pshsys03/pshsys03_01.html

よろしくお願いしますー。

ファイル、フォルダ操作、テキストファイル読み書き、レジストリ操作などの話題です。PSプロバイダという仕組みに基づいていろいろなリソースを同じコマンドレットで扱えるところがポイントですね。

そして5/29のわんくま大阪勉強会でPowerShellのコマンドレットとPSプロバイダを開発する話をやります。ファイル、レジストリ、Active Directory、そしてTwitter…。ご興味のある方はぜひご参加ください!

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/05/20/189218.aspx

2009/07/01

7/1付でMSMVP for Data Center Management - PowerShellを再受賞しました。表彰期間は1年間です。皆様のご支援の賜物です。ありがとうございます。

2004年からカテゴリは変われども6回目の受賞となりずいぶん長くなりました。

気づけばPowerShell限定のカテゴリになっていて、より一層PowerShellの情報発信を求められてるのかなぁとも思います。PowerShellをはじめいろいろなことをこれからも発信していきたいのでみなさまよろしくお願いします。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2009/07/01/176835.aspx

2008/03/17

IronPythonもちょっとやろうと思いまして、荒井さんのIronPythonの世界などを読みつつ研究。 Python2.5ではファイルのダウンロードは組み込みライブラリのurllibを使うのが定番みたいです。

#!/usr/bin/python

import urllib

url = 'http://img.yahoo.co.jp/images/main7.gif'
dest = 'D:\\script\\test.gif'
file = urllib.urlopen(url).read()

try :
 f=open(dest, "wb")
 f.write(file);
 f.close
except :
 print "file error."

(20:35追記)このpyスクリプトの元ネタはhttp://www.geocities.jp/mirrorhenkan/python/getimg.py.txtです。作者さんに転載の了承を得ています。トップページhttp://www.geocities.jp/mirrorhenkan/からもいろいろ面白いコンテンツに飛べます。

IronPython 1.1.1ではurllibが含まれておらず、Python2.5.2に含まれているライブラリを使うのも互換性の問題で難しいようです。

import sys
sys.path.append("C:\\Program Files\\Python25\\lib")

なんて頭につけてもエラーになります。

でもIronPythonは.NET Framework上で動作する言語なので、これらのライブラリに含まれるクラスが使えます。System.Net.WebClientを使いましょう。なお、System.Net名前空間に含まれるクラスはデフォルトでロードされているので、

import clr
clr.AddReference("System.Net")

などとする必要はありません。これはPowerShellと同様です。

from System.Net import *
url = 'http://img.yahoo.co.jp/images/main7.gif'
dest = 'D:\\script\\test.gif'
wc = WebClient()
wc.DownloadFile(url, dest)

こんな感じ。最初、DownloadFileがスタティックメソッドと勘違いしていて、インスタンスを作る(wc = WebClient())のを忘れてうまく動かなかったですw

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2008/03/17/128160.aspx

2007/05/21

わんくまブログなのに他コミュや他サイトの話題が連続でちょっと^^;ですがすみません。
もうちょっとしたらPowerShellの記事をいくつか出していこうと思っています。

さて。

第 4 回 Admintech.jp 勉強会 - Admintech.jp
http://itpro.admintech.jp/wiki/wiki.cgi?page=%C2%E8+4+%B2%F3+Admintech%2Ejp+%CA%D9%B6%AF%B2%F1

「今さらながらのWSH」という演題で、はせがわさんがWSHのお話をされるそうです。

枯れた技術とはいえ、クライアントからサーバまで幅広い範囲で
動作し何でもできるWSH。
管理者からプログラマまで、みんなが幸せになれることを目標に、
便利なスクリプトの書き方を一緒に勉強しましょう。

IT Proの方がどんなスクリプトを使っているのか知りたいので私も聞きに行く予定です。他にもいろいろなセッションがあって面白そうです。
大阪近辺の方でご興味の持たれた方はは6/9に福島のマイクロソフト関西営業所にぜひどうぞ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/21/77496.aspx


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Books

Twitter