2011/10/09

JScriptは言語単体ではSafeArrayを作ることができません。

そこでJScriptでSafeArrayが必要な場合、VBScriptを併用しVBScriptの配列(これはSafeArrayです)をJScriptに取り込む方法や、Scripting.DictionaryのItems()メソッドを使う方法などが使われているようです。

しかしこれらの方法で多次元のSafeArrayを作るサンプルをあまり見かけませんでした。Dictionaryの方法ではそもそも1次元しか無理ですしね。そんな中、この記事を発見しました→JScriptの配列とVBScriptの配列(SafeArray)を相互変換する方法(2次元編) - プログラマとSEのあいだ
この記事の二つ目の例ではExcelを使用しRegionオブジェクトが二次元配列を返す点を利用しています。これはなかなか盲点というかアイデアものではありますが、実行速度にやや難があるかな?と思いました。

注: ただしこの記事の方法は、もともとExcelで二次元配列が必要な場合があったから考案されたもののようで、その用途においてはExcelを起動するコストは考慮しなくてよいのかもしれません。

一つ目の方法ではVBScriptを併用していますが、.wsfファイルを使用してJScriptとVBScriptを混在させる形式をとっています。この方法はWSHでは問題ありませんが、複数のスクリプトエンジンを混在できないホスト環境では問題があります。

注:そんな環境ってあるのか?と聞かれそうですが、たしかにHTML/HTA/Windowsデスクトップ(サイドバー)ガジェット/WSH/classic ASPなどほとんどの環境では大丈夫そうです。ただ私が最近はまっているJScript実行環境であるところのAzureaでは無理ですね。WSHでも.jsファイルにこだわるのであれば。

そこで考えたのが、ScriptControlを使用してJScriptのコードの中でVBScriptのコードを実行させる方法です。以下のような感じになります。

function array2dToSafeArray2d(jsArray2d)
{
	var sc = new ActiveXObject("ScriptControl");
	sc.Language = "VBScript";
	var code =
'Function ConvertArray(jsArray)\n' +
'	ReDim arr(jsArray.length - 1, jsArray.[0].length - 1)\n' +
'	outerCount = 0\n' +
'	For Each outer In jsArray\n' +
'		innerCount = 0\n' +
'		For Each inner In outer\n' +
'			arr(outerCount, innerCount) = inner\n' +
'			innerCount = innerCount + 1\n' +
'		Next\n' +
'		outerCount = outerCount + 1\n' +
'	Next\n' +
'	ConvertArray = arr\n' +
'End Function\n';
	sc.AddCode(code);
	return sc.Run("ConvertArray",jsArray2d);
}

まあやっていることは本当にJScriptの配列をバラしてVBScriptの二次元配列に詰め直しているだけです。

ただいくつかポイントがあって、まずVBScriptからはJScriptのオブジェクトメンバーにドット演算子でアクセスができます。JScriptの配列はオブジェクトと同一であり、配列はオブジェクトに0,1,2...という名前のプロパティが存在することになります。しかしVBScriptで数字のメンバ名はそのままではドット演算子でアクセスできないので、[]でくくる必要があります(これ、予約語なんかもそうですね。あとVB6でもVB.NETでも同じなので覚えておくといいかも)。なので次元数2の配列の長さを調べるのにjsArray.[0]でまず内側の配列オブジェクトを取得しているわけです。

さらにポイントとして、VBScriptでJScriptの配列を含むオブジェクトメンバを列挙するのにコード例のようにFor Each Next構文が使えます。ただしFor Nextを使ってインデックスアクセスはできません。というのもjsArray.[3]とかはあくまでjsArrayオブジェクトの3プロパティの値を参照しているにすぎず、jsArray.[I]という書き方ができないからです(これだと単にIプロパティの値を見てることになる)。Eval関数を併用すれば可能ではありますが、コードの中にコードを含ませさらにその中にまたコードを含ませるのも微妙なのでここでは使ってません。

あとは紹介した記事の関数部分だけ置き換えればJScriptのVBArrayオブジェクトを用いたテストもできるかと思います。注意点はExcelオブジェクトは配列添え字が1から始まるのに対し、VBScriptの配列は0から始まる点です。LBound関数を使えばその差違は吸収できるかな、と思います。

最初は多次元配列というかn次元配列に拡張した関数を書いてやろうと企んでましたが挫折しました。ネストしたループではなく再帰呼び出しである必要がありますし、ReDimは次元数を動的に指定することができないので実行するVBScript自体を動的生成しなければいけません。興味がある方はチャレンジしてみてください。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/10/09/204198.aspx

2011/09/08

PowerShellでクリップボードを読み書きする方法については5年ほど前にクリップボードアクセス(未完)II という記事を書きました。タイトル通り未完でして、このたび完結編を書こうと思いました。

System.Windows.Forms.Clipboardクラスを使う場合は先の記事にあるようにPowerShellをSTAで動作させる必要があります。ver.1の当時はその方法がありませんでしたが、ver.2ではpowershell.exeに-staパラメータが追加され、STAでの実行が可能となっています。

-staパラメータを使用しない場合は相変わらずこの方法は使えません。powershell.exe –staのプロセスを逐次起こして、クリップボードアクセス部分だけSTAの子プロセスでやらせることも不可能ではないですが、冗長ですしパフォーマンスの点で難があります。

ver.2ではAdd-Typeコマンドレットが追加され、任意のC#コードを動的に読み込むことができるようになりました。これを利用してクリップボードアクセスクラスを書くという手もあると思います。その中ではSTAのスレッドを起こしてクリップボードアクセスをすることになります。実際PowerShell Community Extensionsに含まれるOut-Clipboard/Get-Clipboardコマンドレットはそのような実装がされているようです。ですが動的にコードを読み込みコンパイルはやはりパフォーマンス上不利ですし、PSCXをインストールできない場合などもあるでしょう。

ところでSystem.Windows.Formsに含まれるTextBoxクラスはその名の通りテキストボックスコントロールなのですが、このコントロールにはCopy()メソッドとPaste()メソッドがあり、これらを使うとクリップボードに書き込み、クリップボードから読み込みが可能です。TextBoxクラスの良いところは、STAである必要がないところです。この方法を最初に提唱したのはこちらの方かな?

この方法を用いた関数もすでに公開されているのですが、PowerShellの作法に則った使い方ができるように少し改良を加えました。具体的には

Set-ClipBoard:  配列の指定、パイプラインからの入力を可能にした。

Get-ClipBoard: クリップボードの中身が複数行のテキストの場合、文字列配列を返すようにした。(Get-Contentと同様)

という変更を加えています。

function Set-ClipBoard
{
    param([parameter(Mandatory=$true,
            ValueFromPipeline=$true)][object[]]$InputObject)
    begin
    {
        Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
        $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
        $tb.Multiline = $true
        $out=@()
    }
    process
    {
        $out+=$InputObject
    }
    end
    {
        $tb.Text = $out -join "`r`n"
        $tb.SelectAll()
        $tb.Copy()
    }
}

function Get-ClipBoard
{
    Add-Type -AssemblyName System.Windows.Forms
    $tb = New-Object System.Windows.Forms.TextBox
    $tb.Multiline = $true
    $tb.Paste()
    $tb.Text -replace "`r`n","`n" -replace "`r","`n"  -split "`n"
}

使い方例

# ファイルのフルパスをクリップボードに格納
Get-ChildItem|select -expand fullname|Set-ClipBoard

# CSV文字列がクリップボードに入っている場合以下のコマンドを実行すると、
# クリップボードの中身が対応するHTML tableタグに置換される
Get-ClipBoard|ConvertFrom-Csv|ConvertTo-Html -Fragment|Set-ClipBoard

やっぱりパイプで繋ぐのがPowerShellの醍醐味ですよね!

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/09/08/202547.aspx

2011/05/16

昨日の記事で取り上げたJavaScriptSerializerを用いると、連想配列から楽にJSONを作成できることが分かったのですが、この記事を書いていて思ったのは、「PowerShellの連想配列って意外に使えるな」という点でした。

現在のところ、PowerShellは独自のクラスを記述する方法がありません(Add-Typeコマンドレットを用いてC#などでクラスを書いて利用することはできますが)。Add-Memberコマンドレットを用いると、既存のオブジェクトに対し、任意のプロパティやPowerShellスクリプトで記述したメソッドを追加することはできます。素のオブジェクトであるPSObjectをNew-Objectして作ったオブジェクトでもこれは可能なので、一応ユーザー定義オブジェクトを作ることは可能です。ですが、Add-Memberコマンドレットを使うのはちょっとめんどくさいです。

Windows PowerShellインアクション」ではAdd-Memberを使いPowerShellの関数を駆使してクラス定義構文のようなものを実装した例はありますが、いささか大仰な感は否めません。

しかし連想配列をユーザー定義オブジェクト代わりに使うと、簡単にできますしそこそこ便利に使えます。

連想配列をオブジェクトの代わりにすることのメリットとデメリット

連想配列をオブジェクトの代わりにすることのメリットは以下の三点があるかと思います。

  1. 簡単な記述(連想配列のリテラル)でオブジェクトが作成できる
    PowerShellの連想配列リテラル@{}を使うことで、簡単に記述できます。またそれを配列化するのも@()を使うと容易です。
    $pcItems=
    @(
        @{
            code=25;
            name="ハードディスク2TB";
            price=7000;
        },
        @{
            code=56;
            name="メモリ8GB";
            price=8000;
        }
    )
  2. ドット演算子で値の参照、設定ができる
    PowerShellの連想配列は「連想配列[キー名]」のほかに、「連想配列.キー名」でもアクセスできる。
    Write-Host $pcItems[1].name # 値の参照
    $pcItems[1].name = "test" # 値の設定
    $pcItems[0].maker = "Seagate" # 要素の追加
    
  3. 連想配列の配列に対してWhere-Objectコマンドレットでフィルタをかけることができる
    これは2とも関係しているのですが、通常のオブジェクトと同様にWhere-Objectコマンドレットでのフィルタ、ForEach-Objectコマンドレットでの列挙が可能です。
    $pcItems|?{$_.price -gt 7000}|%{Write-Host $_.name}

このようにメリットはあるのですが、本物のオブジェクトではないのでそれに起因するデメリットがいくつかあります。

  1. 要素(プロパティ)をいくらでも自由に追加できてしまう
    これはメリットではあるのですが、デメリットでもある点です。後述するデメリットのせいで、同じキーをもつ連想配列の配列を作ったつもりでも、どれかのキー(プロパティ名)を間違えていた場合、それを検出するのが困難です。
  2. メソッドがうまく記述できない
    連想配列要素にスクリプトブロックを指定し、&演算子で実行することでメソッド的なことはできます。しかしこのスクリプトブロック内では$thisが使えず、オブジェクトのプロパティにアクセスすることができないのでいまいちです。
    $pcItem= @{
        name="ハードディスク2TB";
        price=7000;
        getPrice={Write-Host $this.price};
    }
    &$pcItem.getPrice # 何も表示されない。$thisが使えない
    # getPrice={Write-Host $pcItem.price}ならOKだが…
  3. Get-Member、Format-List、Format-Tableなどが使えない
    これらのコマンドレットはあくまで連想配列オブジェクト(Hashtable)に対して行われるので、意図した結果になりません。たとえば$pcItems|Format-Listした場合、
    Name  : name
    Value : ハードディスク2TB
    
    Name  : code
    Value : 25
    
    Name  : price
    Value : 7000
    
    Name  : name
    Value : メモリ8GB
    
    Name  : code
    Value : 56
    
    Name  : price
    Value : 8000
    こんな表示になってしまいます。
連想配列をユーザー定義オブジェクトに変換する関数ConvertTo-PSObject

このように、連想配列の記述のお手軽さは捨てがたいものの、いくつかの問題点もあるのが現実です。そこで連想配列のお手軽さを生かしつつ、ユーザー定義オブジェクトの利便性も取るにはどうすればいいか考えました。結論は、「連想配列を変換してユーザー定義オブジェクトにする関数を書く」というものでした。それが以下になります。

#requires -version 2
function ConvertTo-PSObject
{
    param(
        [Parameter(Mandatory=$true, ValueFromPipeline=$true)]
        [System.Collections.Hashtable[]]$hash,
        [switch]$recurse
    )
    process
    {
        foreach($hashElem in $hash)
        {
            $ret = New-Object PSObject
            foreach($key in $hashElem.keys)
            {
                if($hashElem[$key] -as [System.Collections.Hashtable[]] -and $recurse)
                {
                    $ret|Add-Member -MemberType "NoteProperty" -Name $key -Value (ConvertTo-PSObject $hashElem[$key] -recurse)
                }
                elseif($hashElem[$key] -is [scriptblock])
                {
                    $ret|Add-Member -MemberType "ScriptMethod" -Name $key -Value $hashElem[$key]
                }
                else
                {
                    $ret|Add-Member -MemberType "NoteProperty" -Name $key -Value $hashElem[$key]
                }
            }
            $ret
        }
    }
}

ご覧のようにコード的には割にシンプルなものが出来ました。連想配列またはその配列をパラメータにとり、またはパイプラインから渡し、連想配列要素をプロパティまたはメソッドに変換してPSObjectにAdd-Memberしてるだけです。-recurseパラメータを付けると連想配列内に連想配列がある場合に再帰的にすべてPSObjectに変換します。

それでは実際の使用例を挙げます。

# 一番単純な例。パラメータに連想配列を渡すとPSObjectに変換する。
$book = ConvertTo-PSObject @{name="Windows PowerShell ポケットリファレンス";page=300;price=2000}
Write-Host $book.name # 「Windows PowerShell ポケットリファレンス」と表示
$book.name="test" # プロパティに値をセットする
Write-Host $book.name # 「test」と表示
#$book.size="A5" # 存在しないプロパティに値を代入しようとするとエラーになる

# 連想配列をコードで組み立てていく例。
$mutaHash=@{} # 空の連想配列を作る
$mutaHash.name="mutaguchi" # キーと値を追加
$mutaHash.age=32
$mutaHash.introduce={Write-Host ("私の名前は" + $this.name + "です。")} # スクリプトブロックを追加
$mutaHash.speak={Write-Host ($args[0])} # パラメータを取るスクリプトブロックを追加
$muta = $mutaHash|ConvertTo-PSObject # 連想配列はパイプラインで渡すことができる
$muta.introduce() # 「私の名前はmutaguchiです。」と表示
$muta.speak("こんにちは。") # 「こんにちは。」と表示

# 連想配列の配列→PSObjectの配列に変換
$stationeryHashes=@()
$stationeryHashes+=@{name="鉛筆";price=100} 
$stationeryHashes+=@{name="消しゴム";price=50}
$stationeryHashes+=@{name="コピー用紙";price=500}
$stationeryHashes+=@{name="万年筆";price=30000}
$stationeries = ConvertTo-PSObject $stationeryHashes
# "200円以上の文具を列挙"
$stationeries|?{$_.price -ge 200}|%{Write-Host $_.name} # 「コピー用紙」と「万年筆」が表示

# 連想配列の配列をリテラルで一気に記述する
$getPrice={Write-Host $this.price} # 共通のメソッドを定義
$pcItems=
@(
    @{
        code=25;
        name="ハードディスク2TB";
        price=7000;
        getPrice=$getPrice
    },
    @{
        code=56;
        name="メモリ8GB";
        price=8000;
        getPrice=$getPrice
    },
    @{
        code=137;
        name="23インチ液晶ディスプレイ";
        price=35000;
        getPrice=$getPrice
    }
)|ConvertTo-PSObject
$pcItems[1].getPrice() # 「8000」と表示
$pcItems|Format-List
<#
表示:
name  : ハードディスク2TB
code  : 25
price : 7000

name  : メモリ8GB
code  : 56
price : 8000

name  : 23インチ液晶ディスプレイ
code  : 137
price : 35000
#>

# 連想配列の中に連想配列を含めたもの→PSObjectをプロパティの値に持つPSObject
$blog=
@{
    utl="http://winscript.jp/powershell/";
    title="PowerShell Scripting Weblog";
    date=[datetime]"2011/05/16 00:25:31";
    keywords=@("スクリプト","PowerShell","WSH"); # 配列を含めることもできる
    author=@{name="mutaguchi";age=32;speak={Write-Host "ようこそ私のブログへ"}} # 連想配列を含める
}|ConvertTo-PSObject -recurse # -recurseパラメータを指定すると再帰的にすべての連想配列をPSObjectに変換する
$blog.author.speak() # 「ようこそ私のブログへ」と表示
Write-Host $blog.keywords[1] # 「PowerShell」と表示
# ※配列要素に連想配列以外の値が含まれている場合は展開しない

このように簡単な関数一つで、連想配列にあった問題点をすべて解消しつつ簡単な記述で独自のオブジェクトを記述できるようになりました。おそらくかなり便利だと思いますのでぜひ使ってみてください。

余談:ScriptPropertyを使う場合

余談ですが、今回使用したNotePropertyはプロパティに代入できる型を指定したり、リードオンリーなプロパティを作ったりすることができません。そういうのを作りたい場合はScriptPropertyを使います。Add-Memberコマンドレットの-valueパラメータにゲッターを、-secondValueパラメータにセッターをそれぞれスクリプトブロックで記述します。

しかしこいつはあまりいけてないです。これらのスクリプトブロック内で参照するフィールドを別途Add-MemberでNotePropertyを使って作成する必要があるのですが、これをprivateにすることができません。よってGet-Memberでもばっちり表示されてしまいますし、フィールドを直接書き換えたりもできてしまいます。

また今回のように連想配列をPSObjectに変換する場合はprivateフィールド名も自動生成する必要があるのですが、それをScriptProperty内のゲッター、セッターから取得する方法がなく、たぶんInvoke-Expressionを使うしかありません。

これらを踏まえて元の連想配列要素の値の型を引き継ぎ、それ以外の型を代入できないようにしたScriptPropertyバージョンも一応書いてみました。ConvertTo-PSObject関数のelse句の部分を以下に置き換えます。

#$ret|Add-Member -MemberType "NoteProperty" -Name ("_" +$key) -Value $hash[$key]
"`$ret|Add-Member -MemberType ScriptProperty -Name $key -Value {[" + $hash[$key].gettype().fullname + "]`$this._" + $key + "} -SecondValue {`$this._" + $key + "=[" + $hash[$key].gettype().fullname + "]`$args[0]}"|iex

まあこれはいまいちなんで参考程度に。

2012/08/23追記
この記事を書いた時は知らなかったのですが、実は単にNotePropertyだけを持つユーザー定義オブジェクトを作成するのであれば、もっと簡単な方法があります。

# PowerShell 1.0
$o=New-Object PSObject|Add-Member noteproperty Code 137 -pass|Add-Member noteproperty Name 23インチ液晶ディスプレイ -pass

# PowerShell 2.0
$o=New-Object PSObject -Property @{Code=137;Name="23インチ液晶ディスプレイ"}

# PowerShell 3.0
$o=[pscustomobject]@{Code=137;Name="23インチ液晶ディスプレイ"}

3つのコードはほぼ等価です。PowerShell 2.0と3.0では連想配列リテラルを用いて簡単にカスタムオブジェクトを作れるようになりました。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/05/16/199086.aspx

2011/05/15

PowerShellでJScript.NETを利用してJSONをパースするの続きです。

あれからまた色々調べていると、.NET Framework 3.5から追加されたSystem.Web.Script.Serialization.JavaScriptSerializerクラスを用いるとJSONのパースと作成が簡単に行えることがわかりました。

まずはパースから。

$json=@'
{"items":
    [
        {
            "code":25,
            "name":"ハードディスク2TB",
            "price":7000
        },
        {
            "code":56,
            "name":"メモリ8GB",
            "price":8000
        },
        {
            "code":137,
            "name":"23インチ液晶ディスプレイ",
            "price":35000
        }
    ]
}
'@
Add-Type -AssemblyName System.Web.Extensions
$serializer=new-object System.Web.Script.Serialization.JavaScriptSerializer
$obj=$serializer.DeserializeObject($json)

$obj["items"][1]["name"] #「メモリ8GB」と表示される
$obj.items[1].name # 上と同じ
$obj["items"]|%{$_["name"]} # 名前が列挙される

このように、JavaScriptSerializerをNew-Objectして、DeserializeObjectメソッドを呼ぶだけで、JSONをパースした結果がオブジェクトに格納されます。このときJSオブジェクトはDictionary<string,object>に、JS配列はobject[]にされて格納されます。よってオブジェクトのアクセスは前回JScript.NETを使った場合と同様にパラメータ付プロパティでできますし、配列のアクセスは数値の添え字で可能です。

前回に比べて良くなっている点は、DictionaryなのでPowerShellにおける連想配列と同様に、プロパティアクセスが可能である点です。よって、$obj.items[1].nameのようにドット演算子で楽に値を取得できます。

さらにJS配列はオブジェクト配列として格納されています。よって、foreachすればその要素がそのまま列挙できます。前回に比べて素直なコードになっていることが分かると思います。

.NET 3.5が使える環境ではPowerShellでJSONをパースするにはJavaScriptSerializerが本命なんじゃないかなと思います。

そしてJavaScriptSerializerクラスを使うと、JSON文字列を作成することも容易です。ここでは先程の例のJSONを逆にPowerShellで作ってみます。

Add-Type -AssemblyName System.Web.Extensions
$serializer=new-object System.Web.Script.Serialization.JavaScriptSerializer

$serializer.Serialize(
@{items=
    @(
        @{
            code=25;
            name="ハードディスク2TB";
            price=7000
        },
        @{
            code=56;
            name="メモリ8GB";
            price=8000
        },
        @{
            code=137;
            name="23インチ液晶ディスプレイ";
            price=35000
        }
    )
})

このように、Serializeメソッドの引数にPowerShellの連想配列を渡すだけです。連想配列の要素に連想配列や配列を含むことで、オブジェクトを構築していきます。

これを実行すると結果は次のようになります。

{"items":[{"name":"ハードディスク2TB","code":25,"price":7000},{"name":"メモリ8GB","code":56,"price":8000},{"name":"23インチ液晶ディスプレイ","code":
137,"price":35000}]}

これは最初に示したJSONとまったく同じであることが分かると思います。このように非常に直感的かつ簡便にJSON文字列を作成することができます。PowerShellの連想配列と配列を使ってオブジェクトを組み立てるだけなので、難しいことを考える必要はなく、柔軟性も高いです。JSONの作成もJavaScriptSerializerが本命でしょうね。JavaScriptSerializerはPowerShellとの相性が抜群です。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/05/15/199058.aspx

2011/05/05

仕様みたいです。以下、検証コード。

$def = @"
public static string TestMethod(string str)
{
    if(str==null)
    {
        return "null";
    }
    else if(str==string.Empty)
    {
        return "empty";
    }
    else
    {
        return "other";
    }
}
"@
$test = Add-Type -memberDefinition $def -name "TestClass" -passThru
$test::TestMethod($null)

結果は「null」ではなく「empty」になってしまいます。

Windows Phone 7 エミュレーターをビルド後アクティブにする « LiveSpac.esのコメント欄でも書いたのですが、回避策はリフレクション経由でメソッドを呼ぶしかなさそうです。

$test.GetMethod("TestMethod").Invoke($null, @($null))

このように、Invokeメソッドの第一引数はスタティックメソッドの実行なのでインスタンスを指定しないので$null、第二引数はメソッドに与える引数の配列を指定します。ここでは引数は一つ、その値は$nullなので、@($null)を指定します。このようにすると結果は「null」となり意図した結果が得られます。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/05/05/198785.aspx

2011/05/04

PSプロバイダをC#で実装する場合、NavigationCmdletProviderクラスなんかを継承させたクラスを作ってCmdletProvider属性をつけてやりますが、今回はその辺の話は省略して、このクラスからPowerShell変数を読み書きする方法について述べます。

たとえばそのPSプロバイダを含むモジュールを読み込んだPowerShellコンソールに変数$valを書き出すには、

this.SessionState.PSVariable.Set("val", 1);

のようにします。

逆にコンソールで読み込まれている変数$valの値を読み込むには、

PSVariable ret = this.SessionState.PSVariable.Get("val");

のようにします。

と、それだけなら話は簡単なのですが、実はPowerShellの仕組み上、そう単純には行きません。書き出しの方はさほど問題はないのですが、問題は読み込み。ここでretに格納されたオブジェクトから$valの実際の値を取得するにはどうすればいいでしょうか。

このコードを上から順に実行したら、ret.Valueにその値が入っているので、これを単にintにキャストすればOKです。

しかし$valがPowerShell側でその値が変更されていた場合は、ret.ValueにはPSObjectという、元の値をラッピングしたオブジェクトが格納されています。実際の値はPSObject.BaseObjectに格納されています。よって、(int)((PSObject)ret.Value).BaseObjectのように取得する必要があります。

めんどくさいのでメソッドにしてしまいました。

private T GetPSVariableValue<T>(string name)
{
    PSVariable variable = this.SessionState.PSVariable.Get(name);
    if (variable != null)
    {
        T obj;
        if (variable.Value is PSObject)
        {
            obj = (T)((PSObject)variable.Value).BaseObject;
        }
        else
        {
            obj = (T)variable.Value;
        }
        return obj;
    }
    else
    {
        return default(T);
    }
}

使い方は

int ret = GetPSVariableValue<int>("val");

みたいな感じです。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/05/04/198782.aspx

2011/04/26

PowerShell 2.0ではAdd-Typeコマンドレットを用いてC#など他言語のコードをコンパイルし実行することが可能です。(P/Invokeも可能です)

ほとんど使っている方はいないと思われますが、JScript.NETのコードもコンパイルして実行できます。以下、コード例です。

$code=@"
static function writeHello()
{
    System.Console.WriteLine("Hello JScript.NET World!");
}
"@

$c = Add-Type -Language JScript -MemberDefinition $code -Name "JSTest" -PassThru
$c[1]::writeHello()

JScript.NETのスタティックメソッドを用意してやると、Add-Typeコマンドレットによりそのメソッドを持ったクラス(ここではMicrosoft.PowerShell.Commands.AddType.AutoGeneratedTypes.JSTest)が生成されます。-passThruパラメータを指定することでその型情報が変数に代入できます。あとはJSTestクラスのスタティックメソッドを::演算子で呼び出すのですが、なぜかAdd-Typeが目的のクラスの型以外にJScript.NETのグローバルクラス?の型情報も一緒に出力するので、型情報が配列になっています。よってインデックスを指定してからスタティックメソッドを呼ぶようにします。

ここではスタティックメソッドを実行する例を挙げましたが、インスタンスメソッドも実行できるか試してみました。

$code=@"
import System;
public class JSTest
{
    public function writeHello()
    {
        Console.WriteLine("Hello JScript.NET World!");
    }
}
"@

Add-Type -Language JScript -TypeDefinition $code
$o = new-object JSTest
$o.writeHello()

ところがこれはNew-Objectのところで「New-Object : "0" 個の引数を指定して ".ctor" を呼び出し中に例外が発生しました: "アプリケーションでエラーが発生しました。"」というエラーになってしまいます。コンストラクタの実行でしくっているようですが…。ちなみに明示的にfunction JSTest()というコンストラクタを定義してやってもだめでした。なんででしょうね?

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/04/26/198645.aspx

2010/12/11

記号のみで任意のPowerShellコードを実行 - JPerl advent calendar 2010 sym Track
http://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2010/sym/11

最近にわかに流行中(?)の「記号プログラミング」をPowerShellで挑戦してみました。記号プログラミングとは、アルファベットと数字以外の記号のみを使ってプログラムコードを記述する遊戯です。難読化されたコードが書けるという効用はありますがその他には特に意味はなく、パズルや頭の体操に近い遊びだと思っています。ただし言語に対する深い知識が要求されますし、その意味では得るところもあるかもしれません。

Advent Calenderとは、毎年12月に持ち回りで毎日一つずつ記事を公開していく企画だそうで、技術系コミュニティで古くからおこなわれているそうです。http://perl-users.jp/では2008年からおこなわれているようで、今年はhttp://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2010/になります。今回私が上げた記事はPerlとは関係ありませんが、Symbolic Programing Trackでは言語を問わないということらしいです。ちなみに今日までは毎日違う言語の記号プログラミング記事が公開されており、11種類の記号プログラミングはなかなか壮観です。

ちなみに、今回の記事においてPowerShellにはeval()に相当する構文がないのでInvoke-Expressionコマンドレットを使わないといけないって書いたんですが、scriptblockクラスの静的メソッドCreate()を使えば文字列からscriptblockを生成し、&演算子で実行可能なことに気づきました。

&$({}."gettype"()::"create"("dir"))

こんな感じで”dir”を実行できます。”gettype”と”create”という文字列を頑張って生成すればできますね。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/12/11/195702.aspx

2010/09/20

文字列を連結する際、+=演算子などを使うとループ回数によっては非常に時間がかかることがあります。これは+=演算子が実行されるたびに毎回string型の新しいインスタンスを生成しているからです。同じ文字列変数に対して+=演算子で文字列を追加していくループがある場合は、+=演算子の代わりにStringBuilderクラスを使うのが良いです。

たとえば、

$str=""
@("aaaa","bbbb","cccc","dddd")|
%{$str += $_}
$str

というようなコードと同様の結果を得るためには、

$sb=New-Object System.Text.StringBuilder
@("aaaa","bbbb","cccc","dddd")|
%{[void]$sb.Append($_)}
$sb.ToString()

のようにします。[void]にキャストしているのは、AppendメソッドがStringBuilderのインスタンスを返すため、それを表示させないようにするためです。結果はいずれも

aaaabbbbccccdddd

となり、文字列の連結が可能です。

このようにループ回数が少ない場合はそれほど所要時間に差はないのですが、数千の文字列を連結していく場合だと+=演算子を使うと非常に時間がかかります。どれくらい差が出るのか、スクリプトを書いて検証してみました。

function Measure-StringJoinCommand
{
    param([int]$itemCount)
    
    $randomStrs=@()
    @(1..$itemCount)|%{$randomStrs += Get-Random}
    $StringJoinTime=@()
    $StringBuilderTime=@()
    @(1..3)|
    %{
        $StringJoinTime +=
            (Measure-Command {
                $str=""
                $randomStrs|%{$str+=$_}
                $str
            }).Ticks
        $StringBuilderTime +=
            (Measure-Command {
                $sb=New-Object System.Text.StringBuilder
                $randomStrs|%{[void]$sb.Append($_)}
                $sb.ToString()
            }).Ticks
    }   
   
    $result=New-Object psobject
    $result|Add-Member -MemberType noteproperty -Name ElementCount -Value $itemCount
    $result|Add-Member -MemberType noteproperty -Name StringJoinTime -Value (($StringJoinTime|Measure-Object -Average).Average/10000)
    $result|Add-Member -MemberType noteproperty -Name StringBuilderTime -Value (($StringBuilderTime|Measure-Object -Average).Average/10000)
    $result|Add-Member -MemberType noteproperty -Name StringJoinTicksPerElement -Value (($StringJoinTime|Measure-Object -Average).Average/$itemCount)
    $result|Add-Member -MemberType noteproperty -Name StringBuilderTicksPerElement -Value (($StringBuilderTime|Measure-Object -Average).Average/$itemCount)
    $result 
}

@(100,300,500,800,1000,3000,5000,8000,10000,30000,50000,80000)|
    %{Measure-StringJoinCommand -itemCount $_}|
    Format-Table -Property `
        @{Label="Elements";Expression={$_.ElementCount.ToString("#,##0")};Width=8},
        @{Label="StringJoin(msec)";Expression={$_.StringJoinTime.ToString("#,##0")};Width=20},
        @{Label="StringBuilder(msec)";Expression={$_.StringBuilderTime.ToString("#,##0")};Width=20},
        @{Label="StringJoin(tick/element)";Expression={$_.StringJoinTicksPerElement.ToString("#,##0")};Width=30},
        @{Label="StringBuilder(tick/element)";Expression={$_.StringBuilderTicksPerElement.ToString("#,##0")};Width=30}

CPU=Intel(R) Core(TM)2 CPU 6600 @ 2.40GHz,memory=3GB,Windows 7 x86での実行結果は次の通り

Elements StringJoin(msec)     StringBuilder(msec)  StringJoin(tick/element)       StringBuilder(tick/element)   
-------- ----------------     -------------------  ------------------------       ---------------------------   
100      8                    6                    830                            646                           
300      22                   22                   719                            746                           
500      36                   34                   718                            689                           
800      60                   55                   755                            690                           
1,000    86                   72                   857                            721                           
3,000    264                  192                  880                            638                           
5,000    573                  334                  1,146                          667                           
8,000    1,534                522                  1,917                          653                           
10,000   2,562                731                  2,562                          731                           
30,000   23,386               2,204                7,795                          735                           
50,000   60,805               3,730                12,161                         746                           
80,000   184,407              6,541                23,051                         818   

この表は左から、連結する文字列要素数(ループ回数)、+=演算子を使った場合の所要時間(ミリ秒)、StringBuilderを使った場合の所要時間(ミリ秒)、+=演算子を使った場合の1要素あたりの所要時間(tick=100ナノ秒)、StringBuilderを使った場合の1要素あたりの所要時間(tick=100ナノ秒)、です。なお1要素当たりの平均文字数は9文字程度です。また、測定は3回おこない平均値を取っています。

この表によるとループ回数が5000回程度であれば所要時間にさほど差違は見られませんが、それ以降は急激に+=演算子の所要時間が増えることが分かります。また、+=演算子はループが5000回より増えるとループ回数が増えれば増えるほど1要素あたりにかかる時間も増えるのに対し、StringBuilderの場合はほぼ一定です。

というわけで1ループあたりに追加する文字数とループ回数が少ない場合は+=演算子でもそれほど問題にはなりませんが、そうでない場合はStringBuilderを使うのが良さそうです。これらの値が増加する可能性がある場合は、最初からStringBuilderを使っておけば、ある日突然処理がめちゃくちゃ重くなる、という事態も避けられるでしょう。PowerShellでStringBuilderを使っているサンプルがネットにはあまり見当たらなかったのですが、PowerShellでも積極的に使うと幸せになれると思います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/09/20/193089.aspx

2010/09/05

PowerShellの-eq演算子を使って文字列の比較をしていたとき、長音記号(ー)と踊り字(ヽ,ヾ,ゝ,ゞ,々)を含む場合に特異な挙動を示したので、参考までに書いておきます。

長音記号と踊り字単独、もしくはこれらの文字から始まる文字列(”ーあああ”など)に関しては、その長音記号と踊り字はすべて同じ文字であるとみなされます。

たとえば

PS> "々" -eq "ー"
True
PS> "ゞあああ" -eq "ヽあああ"
True

-ceq(大文字小文字を区別する-eq)でも同様です。

なお、これらの文字の前に長音記号と踊り字以外の文字がある場合は、別の文字列とみなされます。

PS> "態々" -eq "態ー"
False

これらの文字を含む文字列を比較する場合は十分気を付けてください。たとえば"々"と"ー"は常に別の文字と解釈させたい場合は、

PS> [string]::op_Equality("々","ー")
False

のようにop_Equalityメソッドを使うとよいでしょう。このようにすると.NETのSystem.Stringクラス標準の比較演算を行います。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/09/05/192771.aspx

古い記事のページへ | 新しい記事のページへ


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books