2011/03/25

PowerShellは一次元のobject配列を多用しますが、実は他言語と同様に、多次元配列やジャグ配列(配列の配列)もちゃんとあります。

ジャグ配列

ジャグ配列の作成

PS > $array = @(@("a","b"),@("c","d","e"))

配列の参照

PS > $array
a
b
c
d
e
PS >  $array.Length
2
PS >  $array[0]
a
b
PS >  $array[0][1]
b

ジャグ配列の作成は、配列をまず作って、その配列を要素に持つ配列を作成するとできます。とても直感的かと思います。ただしここで注意しなければならない点は、

PS > $array = @(@("a","b") + @("c","d","e"))

のように、配列を+演算子で連結するのは駄目であるという点です。こうしてしまうと単に一次元配列同士が連結された要素数5の一次元配列が生成されてしまいます。

さて、このようにジャグ配列に含まれる配列とその数があらかじめ分かっている場合はこのように,演算子を使えば問題ありませんが、そうではない場合はちょっと工夫が必要です。たとえば「テキストファイルの一行ごとにchar[]配列を作り、それらを要素に持つジャグ配列を作成する」ことを考えてみましょう。まず最初に駄目な例。

$lines = @(Get-Content file.txt)
$array = @()
foreach($line in $lines)
{
	$array += [char[]]$line
}

これは一見うまくいきそうですが、先ほどと同じパターンで$arrayは単なるchar[]の一次元配列になってしまいます。目的のジャグ配列を得るには次のようにします。

$lines = @(Get-Content file.txt)
$array = @()
foreach($line in $lines)
{
	$array += ,[char[]]$line
}

ここでは配列要素の追加処理の際、配列に「,」を前置することによって「配列要素を展開することなく、配列そのものとして扱う」ようにしています。こうすることで$arrayにはchar[]配列そのものが要素として追加され、結果としてジャグ配列が格納されます。

 

多次元配列

2x2の多次元配列を作成

PS > $array = New-Object "object[,]" 2,2

要素に値を代入

PS > $array[0,0] = "a"
PS > $array[0,1] = "b"
PS > $array[1,0] = "c"
PS > $array[1,1] = "d"

配列の参照

PS > $array
a
b
c
d

配列のスライス

PS > $array[@(0,0)]
a
PS > $array[@(0,0),@(0,1)]
a
b
PS > $array[@(0,0),@(1,0)]
a
c

配列の作成の仕方がちょっと気持ち悪いですが、これはサイズ固定の一次元配列を作るときと同じ要領です。

配列のスライスも可能で、切り出したい要素のインデックスを「要素のインデックスを表す配列」で指定します。たとえば$array[0,0]を取り出したい場合は$array[@(0,0)]になるわけですね。複数の要素を切り出したい場合は「要素のインデックスを表す配列」の配列(つまりはジャグ配列)を指定することになります。

 

おまけ:一次元配列のちょっとしたtips

変数、プロパティ、コマンドレットの戻り値などで、その値が配列かそうでないかが事前に分からない場合でも、必ず配列として処理したい場合には@を用います。

$lines = Get-Content file.txt

Get-Contentコマンドレットはテキストファイルが1行の場合は、$linesには文字列の配列ではなく文字列が格納されます(複数行なら行ごとの文字列が格納された配列になる)。よってこの場合$linesが配列かどうかは事前には分からないことになります。テキストファイルの1行目を取得するつもりで $lines[0] とやっても、もしテキストファイルが1行だった場合は、その1行の一文字目が返ってきてしまいます。このような事態を防ぐには、

$lines = @(Get-Content file.txt)

のようにすると、$linesには必ず配列が格納されます。たとえテキストファイルが1行でも、要素数1の配列になります。

これとは逆のケースで、「配列か非配列かわからないが、必ず非配列として扱いたい」場合は次のようにするのも手でしょう。

$value = @($unknown)[0]

この場合だともし$unknownが配列だったとしても、その1要素目をとってきて$valueに格納してくれます。本来なら$unknownが配列かどうか確かめて、その要素数がいくつであるかなどを確認すべきなんですが、「非配列か要素数1の配列どちらかが返されるパターン」というのはADSIやXMLなど扱う際に意外と多くて、そういう場合に有用かと思います。

JavaScriptの配列操作と同じようなことをする方法

$array = @(1..5)
# push(配列末尾に値を追加)
$array += 6

# unshift(配列先頭に値を追加)
$array = @(0) + $array

# shift(配列先頭の値を削除)
$array[0]; $array = $array[1..($array.length-1)]

# pop(配列末尾の値を削除)
$array[$array.length-1]; $array=$array[0..($array.length-2)]
元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2011/03/25/197857.aspx

2010/02/22

PowerShell 2.0では標準コマンドレットの数が1.0の129個から236個へと、107個増えています。また、既存のコマンドレットの一部にパラメータが増えています。そこで、2.0で新しく加わったコマンドレットと、新しく追加されたパラメータを列挙するスクリプトを作ってみました。

まず、1.0がインストールされている環境で、コマンドレットのリストをXMLに書き出します。次のコマンドを実行してください。

 get-command -type cmdlet|export-clixml cmdlets1.xml -depth 3

同様に、2.0の環境でも実行してください。

 get-command -type cmdlet|export-clixml cmdlets2.xml -depth 3

出来上がった二つのxmlファイルをカレントディレクトリに置いて、次のスクリプトを実行すると、新しく追加されたコマンドレットとパラメータが列挙されます。(必要なら適宜リダイレクトするなどしてファイルに落とし込んでください)

function Get-CmdletHash
{
    param([string]$path)
    $cmdlets = Import-Clixml $path
    $cmdletsHash = @{}
    $cmdlets|
        %{
            $parameters = @()
            $_.ParameterSets|
                %{
                    $_.Parameters|
                        %{
                            $parameters += $_.Name
                        }
                }
            $parameters = $parameters|Sort-Object|Get-Unique|?{"WarningAction","WarningVariable" -notcontains $_}
            $cmdletsHash.Add($_.Name,$parameters)
        }
    return $cmdletsHash
}

$ver1 = Get-CmdletHash cmdlets1.xml
$ver2 = Get-CmdletHash cmdlets2.xml

$ver2.Keys|
    %{
        if($ver1.ContainsKey($_))
        {
            $result = Compare-Object $ver1[$_] $ver2[$_]
            if($result)
            {
                "[Update] $_"  
                $result | Format-Table
            }
        }
        else
        {
            "[New] $_  `r`n" 
        }
    }

出力結果を置いておきます。こちら

このスクリプトではGet-CommandコマンドレットがSystem.Management.Automation.CmdletInfoというコマンドレットの情報を格納したオブジェクトを返すことを利用し、Export-Clixmlコマンドレットでシリアライズ化してXMLファイルに落とし込むことにより異なるバージョンのPowerShell同士を比較しています。ここで-depthパラメータを3にしているのは、パラメータ情報を格納するParametersプロパティがルートから3階層下にあるためです。(デフォルトは2階層下までを出力。PS2.0ではCmdletInfoにParametersプロパティというのがあって2階層でたどれるのですが1.0にこのプロパティはないのでParameterSetsプロパティからたどる必要があります)

また、WarningActionとWarningVariableという共通パラメータが増えているので、これらはすべてのコマンドレットに共通して追加されているパラメータなので除外しておきます。

あとはパラメータをコマンドレットごとに配列化して、Compare-Objectで比較しています。新しく追加されたコマンドレットは[New]のマークをつけ、既存のコマンドレットでパラメータに変化があるものは[Update]をつけて追加されたパラメータを列挙するようにしています。

かなりたくさんのコマンドレットでパラメータが増えたことが分かりますね。また、Get-CommandコマンドレットのPSSnapinパラメータが廃止され、Moduleパラメータに変更されたことなどが分かったりします。

1.0ユーザーだった方にお勧めのスクリプトです。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2010/02/22/186334.aspx

2007/11/27

True

どっちか要らない子なんじゃ・・・違いがわからないよー

これだけではなんなのでミクシィから適当にコピペ

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
[powershell]new-service何のために
2007年11月26日19:04

あるのかよくわからんー
新しくサービスを登録するっていうんだけど、そういうのってインストーラーの仕事じゃ・・・
おまけにRemove-Serviceコマンドレットがないから作っても削除できないw
sc.exe delete hoge
としないといけない。
sc delete hogeだとSet-Contentのエイリアスが動いちゃうw
なんかすげー危ないコマンドレットな気がするよ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

VistaにはWin32_LogicalMemoryConfigurationないんだ

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa394181.aspx
Windows XP and Windows Server 2003: This class is no longer supported. Use the Win32_OperatingSystem class instead.

ほう

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

http://www.anchorsystems.co.jp/anchor/ashp/netmon/faq.html
ファイヤウォールが WMI 呼び出しをブロックしてしまうためです。 Windows 2003 SP1 と Windows XP では、デフォルトでファイヤウォールが ON になっています。ファイヤウォールに WMI 呼び出しを通過させるようにするには、以下のスクリプトを実行してください。
Set objFirewall = CreateObject("HNetCfg.FwMgr")
Set objPolicy = objFirewall.LocalPolicy.CurrentProfile
Set objAdminSettings = objPolicy.RemoteAdminSettings
objAdminSettings.Enabled = TRUE
これで WMI 呼び出しが許可されます。

ファイアウォール嫌いー

リモートでGet-WMIObjectするときにひつよう

----------------------------------------------------------------------------------------------------

[PowerShell]Get-Serviceしょぼすぎ
2007年11月26日00:55

Get-Serviceの戻り値が.NETのSystem.ServiceProcess.ServiceControllerなんすけど、Descriptionプロパティとかないねんな。
でもSet-ServiceでDescriptionを設定できたりする。どうやってちゃんと設定できたかを確認するかはget-wmiobject win32_serviceで調べるらしいwなんだこの中途半端な実装は。
ServiceControllerオブジェクトに対しps1xmlファイルでDescriptionやStartModeをScriptPropertyにして実装しとけよーと思った。せっかく拡張できるんだからさ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
Select-String使えん・・・
2007年11月25日00:10

PS C:\script> select-string "aa" *.ps1
attrib.ps1:7: # Get-Item?R?}???h???b?g??p???AAttributes?v???p?e?B??B
文字化けしとるがな
Shift-JISのファイルも検索・表示できないとはかなり終わってますね
せめて文字コードを指定できるようにしてくれー

UTF8はいけます
 
.NET Frameworkには文字コード判別のクラスとかないのかな・・・
前探してなかった気もする
文字コードを判別する: .NET Tips: C#, VB.NET, Visual Studio
http://dobon.net/vb/dotnet/string/detectcode.html
こういうごり押しが必要なのねー

----------------------------------------------------------------------------------------------------

あと&{スクリプトブロック} は、C#の{}空ブロックと同じことができるらしいー

要するに変数がその中でのみ使われてスコープ抜けたら破棄されるという

これを応用すればtrap文でtry catchみたいなこともできるらしいー

詳しくはPowerShellインアクションを買おう!w

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/11/27/110583.aspx

2007/07/28

窓の杜 - 【NEWS】Windows Vista用ガジェットパック「nDigiGadgets」v0.11が公開、計16本を収録
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/09/21/ndigigadgets011.html

というガジェットシリーズの中に、nDigiTVProgramという、ライブドアのテレビ番組表RSSを取得して表示するガジェットがあり愛用しています。このガジェットの中でMicrosoft.XMLDOMを同期処理(xml.async = false;)で呼び出しているのですが、たまによくloadメソッド実行時に固まります。やっかいなのはガジェットは一つがフリーズすると全体を巻き込むところですね。非同期化するとこの問題は解消します。で、やり方は、

ローカルの XML ドキュメントをロードする (hPod)
http://hwat.sakura.ne.jp/hpod/200612/22-220000/

に載っています。

asyncプロパティをtrueにし、onreadystatechangeイベントに匿名関数を割り当てます。

...
	var xml = new ActiveXObject("Microsoft.XMLDOM");
	//xml.async = false;
	xml.async = true;
	xml.onreadystatechange = function (){
		if( xml.readyState == 4 ){
			// ロード完了時に、何かする
			var rdf;
....この中にもともとloadの後にあった処理を移動させる...
			statustext.title = "次のデータ取得は"+ mindate.getHours() + "時" + mindate.getMinutes() + "分\n今すぐ取得するにはクリック"
		}
	}
	xml.load(uri);


}

var lastLoadText = "";
...

てな感じで。

すべて他の方のネタでごめんなさいですー。私もガジェット作成続きしなきゃ・・・

ちなみにこのガジェットの作者さん、MSMVPを受賞されたそうです。おめでとうございますー。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/07/28/87488.aspx

2007/05/25

pstファイル(メールや連絡先などが含まれるファイル)が壊れた際、scanpst.exeというツールで修復できますが、その際RSSフィードフォルダがただのフォルダになってしまい壊れてしまいます。それを修復する方法について。

Outlook2007の「ファイル」-「インポートとエクスポート」で、「OPMLファイルからのRSSフィードのインポート」で適当なOPML(*.xml)ファイルをインポートします。じゃんぬさん作成のわんくまブログのOPMLでも使うとよいですね。

それだけで修復できます。Outlook2007を再起動すればアイコンもちゃんとRSSのものに戻ります。すばらしいですね。困った時はぜひどうぞ。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/25/78352.aspx

2007/05/24

基本は赤坂さんのCodezineの記事を追っていくことにしましょう。

まずガジェットのひな形を作るには

1.ガジェット保存フォルダ(C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\)に

2.作るガジェットのサブフォルダ(<ガジェット名.gadget>)を作り、

3.その中にgadget.xmlファイルを作る

4.また、ガジェットの実体であるhtmlファイルを作る

これで、ガジェットの追加ダイアログに表示されるようになります。

例は赤坂さんの記事にあるので、ここでは実際のコードを。

■C:\Users\daisuke\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\Large_Feed.gadget\gadget.xml



 フィード ヘッドライン(大)
 1.0.0.0
 
  
   
   Full
   
  
 


■C:\Users\daisuke\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\Large_Feed.gadget\large_feed.html


 
  フィード ヘッドライン(大)
    
    
 
 
  

ここにフィードが表示されます。

さて、これを実際に表示させるとこのようになります。

ガジェットのひな形

まだ何も機能しませんが、立派にガジェットができました。
gadget.xmlの文法などは赤坂さんの説明をご参照ください。

ちなみにドラッグしてデスクトップに置く(アンドックする)とサイズが変わります。これは、System.Gadget.onDockイベントにサイズ変更のための関数(Function)の関数ポインタを代入していることで実現しています。VBScriptではGetRef関数が関数ポインタを扱う関数です。関数ポインタってなに?ってことはあまり気にしないで、とにかくイベントと実際の動作を関連付けるとだけ理解してればいいでしょう。

今回はここまでです。次回はいよいよRSS取得に挑戦してみます?予定は未定w

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/05/24/78230.aspx

2006/12/07

PowerShellはXMLの扱いが簡単なので、RSSリーダーを作ってみました。参考にしたのは
Channel9 Wiki: ReadRSS
http://channel9.msdn.com/wiki/default.aspx/Channel9.ReadRSS
です。

function ReadRSS 
{
    param ([string]$url, [int]$maxResults)               # パラメータ URLと取得するタイトル数
    $client = new-object System.Net.WebClient;           # WebClientオブジェクト作成
    $client.Encoding = [System.Text.Encoding]::UTF8;     # EncodingクラスのUTF8プロパティ(スタティック)参照
    $xmldoc =  [xml]$client.downloadstring($url);        # ダウンロードした結果をテキストで得て[XML]にキャスト
    if ($xmldoc.rss -eq $null)                           # rssプロパティがなければ
    {
    # RSS1.0
        "[" + $xmldoc.RDF.channel.title + "]";           # ブログのタイトルを取得。
        $node = $xmldoc.RDF;                             # RDFプロパティを変数に代入
    }else{ 
    # RSS2.0
        "[" + $xmldoc.rss.channel.title + "]";           # ブログのタイトルを取得
        $node = $xmldoc.rss.channel;                     # RSSプロパティを変数に代入
    }
    for ($i = 0; $i -lt $maxResults; $i ++)              # 0からmaxResultの値までループ
    {
         $node.item[$i].Title;                           # channelのItem配列からTitleプロパティを取得。
    }
}
ReadRSS "http://rss.rssad.jp/rss/itm/rss2dc.xml" 10      #RSS1.0の例
ReadRSS "http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/Rss.aspx" 10 #RSS2.0の例

ブログのタイトルと記事タイトルが指定数だけ取得されます。RSS1.0/2.0対応です。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/07/48906.aspx

2006/11/15

WMIオブジェクトの正体、System.Management.ManagementObjectクラスにはtypes.ps1xmlファイルにスクリプトメソッドConvertToDateTimeが定義してあり、これを呼び出すことでWMIのCIMDateTime型を.NETのDateTime型に変換することができます。

$psexe = gwmi -class CIM_DATAFILE -filter "Name='c:\\windows\\system32\\windowspowershell\\v1.0\\powershell.exe' "
$psexe.ConvertToDateTime($psexe.LastModified)

このスクリプトメソッドの実体は、[System.Management.ManagementDateTimeConverter]::ToDateTime($args[0])なのですが、長いクラス名を省略できるのでよいですね。

ConvertFromDateTimeスクリプトメソッドというのもあります。何をするためのものかはあなたの想像通り。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/11/15/45497.aspx

2006/11/07

cmd.exeでdir /bとすると、カレントにあるファイル名・ディレクトリ名だけを出力します。以下、例。

C:\WINDOWS\system32\windowspowershell\v1.0>dir /b
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
examples
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
ja
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

同じことをPowerShellにやらせるにはどうすればいいか、考えてみました。

【案1】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|format-wide -c 1

    ディレクトリ: Microsoft.PowerShell.Core\FileSystem::C:\WINDOWS\system32\Win
    dowsPowerShell\v1.0

[examples]
[ja]
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Format-Wideコマンドレットを使った例。うーんちょっと違う。でもディレクトリに[]が付くのでわかりやすいかも。これはこれで。

【案2】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|select name
Name
----
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Select-Objectコマンドレットを使ってNameプロパティだけをもったPSCustomObjectのArrayを作っているのでこんな感じに出力されます。
Name
----
が邪魔ですね。

【案3】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|%{$_.name}
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

これでdir /bと同じ結果になりました。Foreach-ObjectでNameプロパティだけを取り出して出力しているわけです。

【案4】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|split-path -leaf
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Split-Pathコマンドレットを-leafオプション付きで使っても同様の出力が得られました。これ実は何故こうなるのかよくわからないんですけど、たぶんパイプを渡るときに、System.IO.DirectoryInfoオブジェクトやSystem.IO.FileInfoオブジェクトのNameプロパティが渡されてるか、ToString()メソッドが実行されているのでしょうね。ps1xmlファイルの何らかの記述でこうなっているのかもしれません。でもまあ仕組みが分からなくてもこの動作は非常に合理的であります。

【案5】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls -name
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

ていうかこんなことをしなくても、Get-ChildItemコマンドレットには-nameオプションがあり、dir /bと同じ効果が得られるのでした。ヘルプの見落としでこんな回りくどいことを考えていたのです。すみません、こんなオチで。でもまあ同じことをやるのに色んな手段があるということが分かったので良しとしましょう。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/11/07/43902.aspx

新しい記事のページへ


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books