2007/08/24

忘れやすいのでメモ。

,配列|Get-Member

,@(1)|Get-Member

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2007/08/24/91647.aspx

2006/12/23

http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/07/07/31826.aspx
の続きです。クリップボード中に複数URLが複数行に記述されている場合、それらをまとめてダウンロードするように改良しました。

Const adTypeBinary = 1
Const adSaveCreateNotExist = 1
Const adSaveCreateOverWrite = 2
 
sDLFolder = "C:\download"
 
Set Ie = WScript.CreateObject("InternetExplorer.Application")
'Ie.Visible = True
Ie.Navigate "about:blank"
Do While Ie.Busy Or Ie.ReadyState<>4
    Wscript.Sleep 10
Loop
'クリップボードの文字列を取得。
sClipBoard = Ie.Document.parentWindow.clipboardData.getData("text")  
Ie.Quit
 
If InStr(sClipBoard,vbCrLf) Then
    aURLs = Split(sClipBoard,vbCrLf)
Else
    aURLs = Array(sClipBoard)
End If
 
For Each sURL In aURLs
    If Left(sURL,5)="http:" Then
        sDest = sDLFolder & "\" & Mid(sURL,InStrRev(sURL,"/")+1)
        Set oHTTP = WScript.CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
        oHTTP.Open "GET", sURL, False
        oHTTP.Send
        Set Stream = WScript.CreateObject("Adodb.Stream")
        Stream.Type = adTypeBinary
        Stream.Open
        Stream.Write oHTTP.responseBody
        Stream.Savetofile sDest, adSaveCreateOverWrite
    End If
Next
 
msgbox "done"

ところがこれをIE7環境で実行すると毎回こんなダイアログがでるんですね。
このWebページがクリップボードへアクセスするのを許可しますか?
インターネットゾーンのレベルのカスタマイズで、「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「ダイアログを表示する」から「有効にする」に変えればダイアログは出なくなりますがお勧めしません。それよりは"about:blank"の代わりに何かローカルのファイルを指定してやったほうがいいです。ローカルのファイルはマイコンピュータゾーンで動作するのでダイアログが出ません。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/12/23/53018.aspx

2006/11/07

cmd.exeでdir /bとすると、カレントにあるファイル名・ディレクトリ名だけを出力します。以下、例。

C:\WINDOWS\system32\windowspowershell\v1.0>dir /b
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
examples
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
ja
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

同じことをPowerShellにやらせるにはどうすればいいか、考えてみました。

【案1】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|format-wide -c 1

    ディレクトリ: Microsoft.PowerShell.Core\FileSystem::C:\WINDOWS\system32\Win
    dowsPowerShell\v1.0

[examples]
[ja]
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Format-Wideコマンドレットを使った例。うーんちょっと違う。でもディレクトリに[]が付くのでわかりやすいかも。これはこれで。

【案2】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|select name
Name
----
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Select-Objectコマンドレットを使ってNameプロパティだけをもったPSCustomObjectのArrayを作っているのでこんな感じに出力されます。
Name
----
が邪魔ですね。

【案3】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|%{$_.name}
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

これでdir /bと同じ結果になりました。Foreach-ObjectでNameプロパティだけを取り出して出力しているわけです。

【案4】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls|split-path -leaf
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

Split-Pathコマンドレットを-leafオプション付きで使っても同様の出力が得られました。これ実は何故こうなるのかよくわからないんですけど、たぶんパイプを渡るときに、System.IO.DirectoryInfoオブジェクトやSystem.IO.FileInfoオブジェクトのNameプロパティが渡されてるか、ToString()メソッドが実行されているのでしょうね。ps1xmlファイルの何らかの記述でこうなっているのかもしれません。でもまあ仕組みが分からなくてもこの動作は非常に合理的であります。

【案5】

PS C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0> ls -name
examples
ja
certificate.format.ps1xml
dotnettypes.format.ps1xml
filesystem.format.ps1xml
help.format.ps1xml
powershell.exe
powershellcore.format.ps1xml
powershelltrace.format.ps1xml
pwrshmsg.dll
pwrshsip.dll
registry.format.ps1xml
types.ps1xml

ていうかこんなことをしなくても、Get-ChildItemコマンドレットには-nameオプションがあり、dir /bと同じ効果が得られるのでした。ヘルプの見落としでこんな回りくどいことを考えていたのです。すみません、こんなオチで。でもまあ同じことをやるのに色んな手段があるということが分かったので良しとしましょう。

元記事:http://blogs.wankuma.com/mutaguchi/archive/2006/11/07/43902.aspx

新しい記事のページへ


Copyright © 2005-2018 Daisuke Mutaguchi All rights reserved
mailto: mutaguchi at roy.hi-ho.ne.jp
プライバシーポリシー

Twitter

Books